ホーム 著者 からの投稿 Michael

Michael

1768 ARTICLES

大阪の政治家、IR方針の先送りを批判

大阪の主要政治家は、政府がIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする決断を公に攻め、残念な政治だと批判した。

マカオの利権再入札プロセス、「安定性」を重視

2022年に利権の再入札が行われるマカオのIR6社は、「安定性」が政府の政策におけるキーワードになる。そう語るのはマカオ大学の国政IRマネジメント部門のグレン・マッカートニー准教授(Glenn McCartney)。

ゲーミング業界のレジェンド2名が殿堂入りへ

5月22日に開催されたアジア・ゲーミング・ツリーの記念パーティーにて、ゲーミング業界における二人のレジェンドがアジアン・ホール・オブ・フェームに殿堂入りした。

政府、IR規定を2020年に先送り

政府は、カジノギャンブルの合法化に対して世間の抵抗が強いため、7月1日に予定されているカジノ管理委員会の発足とIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする方針を固めた。

MGM、ウィンのボストンIR買収から手を引く

MGMリゾーツは、ウィン・リゾーツとの26億米ドル(約2860億円)規模のアンコール・ボストン・ハーバーIR買収に関する協議を白紙に戻すことを発表した。該当IRは6月または7月にオープンを予定しており、つい先週両社間の計画を報じたばかりだ。

ニラクが依存セミナー開催

福島を中心にホール53店舗を展開するニラク(福島県郡山市)は5月15日、郡山市内で無料の依存対策啓発セミナーを開催した。ギャンブル等依存症問題啓発週間(5月14日から20日まで)に合わせた取り組み。依存問題に関心が高い49人が受講した。

デイジー・ホー:粤港澳大湾区計画がマカオにとってチャンスとなる

火曜日に開催されたG2Eアジアの開会の辞を述べたSJMホールディングス(SJM Holdings)の会長兼執行取締役のデイジー・ホー氏(Daisy Ho)は、中国の粤港澳大湾区計画に大きな役目を果たすマカオの前途が明るいと語った。

G2Eアジアのパネリスト、日本IRの周辺ゲーミング市場への影響軽視

マカオで開催されているG2Eアジアのカンファレンスでは21日、日本IRをテーマとしたパネルが行われ、パネリストは日本IR開業によるマカオ、シンガポールや韓国のゲーミング市場への影響は懸念する必要がないと述べた。

アジア、莫大な投資によりカジノ供給過剰に直面する

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)の分析者は、アジアにおける約650億米ドル(約7兆1850億円)の新規カジノ開発を刺激するのに同地域の経済的成長が不十分であると警告している。

宮城県庁がIR導入調査の委託公募を発表

宮城県庁は、IR招致の可能性調査を目的とした委託公募を発表した。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。