ホーム 著者 からの投稿 Michael

Michael

1496 ARTICLES

セガサミークリエイション、スロット・ラインアップを拡張する

セガサミークリエイション株式会社は、今年の1月にリリースを果たしたスロットゲーム筐体「Genesis Slant(ジェネシス・スラント)」に続き、2筐体目となる「Genesis Star(ジェネシス・スター)」のリリースを発表した。

ジーザスとエルドラード、合併の交渉へ

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)とエルドラード・リゾーツ(Eldorado Resorts)は合併をめぐって予備交渉を開始したとロイター通信が報道した。

大阪IR産業展に7社が出展

大阪にて5月15日・16日に開催される第1回[関西]統合型リゾート産業展に7社の重要オペレーターの出展が決定となった。

サンズ、焦点を当てるのが関東か関西か

日本で最大級のIRを開発したいと主張するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、大阪に焦点を当てるべきか、東京や横浜が有力な候補地として出てくるのを待つべきか迷っている模様。

北海道知事選、世論調査で鈴木氏が「先行」

メディアの世論調査によると、保守側与党の支援を受けている道知事候補の鈴木直道氏が、4月7日の北海道知事選挙日まで3週間を残した時点でリードしている。

HOGOが佐世保ビジネス・コミュニティとのIRマーケティング協業へ

マカオを拠点とするマーケティング会社のHOGOは、IRライセンスを目指す佐世保商工会議所のオフィシャル・マーケティング・パートナーとなった。

自民党の勝利が夢洲IRにブレーキ

大阪クロス選挙で自由民主党が勝利すれば、夢洲でのIR開発計画にブレーキがかかるという兆しが週末にかけて現れてきた。

GPIの株主がエンゼル・ホールディングスによる買収を認める

米国で上場しているゲーミング・パートナーズ・インターナショナル(Gaming Partners International = GPI)の株主が、日本のエンゼル・ホールディングス(Angel Holdings)との合併を承認した。

ベラージオに大阪城が登場

ベラージオ・コンサバトリー&ボタニカル・ガーデン(Bellagio Conservatory & Botanical Garden)の「ジャパンの春」をテーマにした展示で高さ10メートルの大阪城が意味ありげにセンターピースとして登場した。

SJMとMGMマカオ利権が2022年まで延長

マカオ政府は15日、SJMとMGMのカジノ利権を2022年6月26日までの延長を発表した。両社の要望に応える形となった。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。