ホーム 著者 からの投稿 Michael

Michael

2108 ARTICLES

ギャンブル依存症は家庭問題

日本内のギャンブル依存者調査によると、依存症患者を抱える家族の80%以上が借金を肩代わりしたことがあると回答した。多くの場合、家族が負担する金額は数百万円にも上る。

日本のカジノ ポーカー許可の可能性あり


毎日新聞の報道によるとIR内での日本のカジノではポーカーが許可される見込み。

メルコとSJM、出産および育児への待遇を改善

マカオでカジノを展開するメルコリゾーツ&エンターテインメントとSJMホールディングスは、従業員の出産および育児休暇への待遇を改善した。

セガサミー:パラダイス・シティのフェーズ2は2019年3月までに建設完了

セガサミーは、統合型リゾートのパラダイス・シティのフェーズ2建設が来年の3月末まで完了するとの見解を示している。

韓国のカンウォンランド、2018年Q1の利益が30%減少

韓国で唯一韓国籍者が入場できるカジノのカンウォンランドは、今年の第一四半期の利益が30%減少したことを発表した。

和歌山知事 IR入札に全力投球

困難な問題に直面しながらも和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリーナシティでのIR設立を強く推している。先週のジャパン・ゲーミング・コングレスに出席した仁坂氏は、そこで県にIRを呼び寄せる強い決意を再び示し、AGB日本との独占インタビューを行った。

コナミの2017年度の収益は増加、ゲーミング部門は不調

コナミは2017年度に4.2%の利益を上げた。これは、デジタルエンターテインメント部門の利益がゲーミング部門やシステム部門をはじめとした他部門の減益を補填することができず、前回予想を下回る結果となった。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

日本のライセンス更新方法の問題点:資金調達への影響

日本におけるライセンス更新に関する提案は複雑で、IRプロジェクトに対する資金調達にかかるコストを高め、投資額を潜在的に削減する可能性がある。

釧路市長 苫小牧を北海道への入り口として奨励 


釧路市長蝦名大也氏は、東京でのジャパン・ゲーミング・コングレスに出席した際、実に率直に競争相手である苫小牧市の入札を完全に支持していることを明らかにし、苫小牧市が観光客を北海道に呼び込むための手段となり得ると述べた。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。