アルゼ、マーサ・シュスラー氏をグローバル財務部門長に昇進

アルゼ・ゲーミング・アメリカはマーサ・シュスラー氏(Martha Schuessler)をグローバル財務部門長に昇進させたことを発表した。 同氏は前職では西半球に焦点を当てていた。

コナミ、シナ・ミリ氏をイノベーション・戦略部門長に任命

コナミ・ゲーミングは、ゲーミング技術リーダーのシナ・ミリ氏(Sina Miri)をイノベーション・戦略研究開発部門長に任命したことを発表した。

セガサミーホールディングスの社外取締役にメラニー・ブロック氏

オーストラリア国籍のメラニー・ブロック氏がセガサミーホールディングスの社外取締役に就任した。同社の国際化に向けての一手とみられるが、他の取締役15名は依然として日本人男性。

モヒカン、カナダ・韓国地域会長を任命

米国の部族カジノ事業者モヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(Mohegan Gaming & Entertainment = MGE)はカナダと韓国における事業の地域会長にクリスチャン・ブロック氏(Christian Block)の任命を発表した。

アルゼゲーミングの会長兼最高経営責任者が辞任へ

アルゼゲーミング・アメリカは、会長兼最高経営責任者の臼井孝裕氏が一身上の都合により今月いっぱいで辞任すると発表した。

ウィン・リゾーツ、社長兼最高財務責任者にクレグ・ビリングズ氏を昇進

米国カジノ事業者ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、5月29日より最高財務責任者であるクレグ・ビリングズ氏(Craig Billings)を社長兼最高財務責任者に昇進させた。

ゲンティン、笠崎七生氏が最高経営責任者へ昇進

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、5月31日より笠崎七生氏を最高経営責任者に昇進させたことを発表した。これは同社にとって日本でのIRライセンス取得の優先順位が高くなったことを意味するかもしれない。

コナミ・ゲーミングが業界ベテランのジョン・ガーナ氏を採用

コナミ・ゲーミングはゲーミング業界のベテランであるジョン・ガーナ氏(John Garner)を財務及び会計担当副社長に採用したことを発表した。

ハウステンボス社、澤田社長が退任

ハウステンボス社は26日、エイチ・アイ・エス(HIS)の会長兼社長の澤田秀雄社長が退任すると発表した。この人事は佐世保市のIR招致に関連しているとみられる。

シーザーズ、新CEOにアンソニー・ロディオ任命へ

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)はマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)の後任にアンソニー・ロディオ氏(Anthony Rodio)を任命すると発表した。


アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。