ギャンブル等依存症対策推進関係者会議が初会合

第1回ギャンブル等依存症対策推進関係者会議が20日、東京で初めて開催され、15名の委員が選定された。

ギャンブル依存症対策法の改正案 国会に提出

与党は昨年12月に提出したギャンブル等依存症対策基本法案を取り下げ、自由民主党、公明党、維新の党が共同で改正案を提出。

北海道依存症対策推進会議、全国に先駆け初会合開催

北海道は3月28日、道の「ギャンブル等依存症対策推進会議」の初会合を同庁で開催、構成機関の代表者らと道内のギャンブル依存症の実態把握の方法などを話し合った。

カジノ入場料がギャンブル問題を防ぐという証拠はない

カジノ入場料がギャンブル依存症の対策として十分な効果を発揮していると立証する独立した研究は無く、一部の専門家は入場料制度自体が問題を悪化させるかもしれないと言う。

ギャンブル依存症、文部科学省が高校教員に指導参考資料を提供

文部科学省は先週、高等学校教員のギャンブル依存症に対する理解度と知識を促進するため、指導参考資料を公表した。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

パチンコ依存問題 2月の電話相談503件

パチンコ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワークに2月に寄せられた電話相談は503件で、前の月より41件増加した。

マカオのギャンブル依存症者数、2017年度11.3%上昇

マカオの社会福祉省のギャンブル依存症中央登録システム(Social Welfare Bureau’s Central Registry System of Problem Gamblers)によると、マカオにおけるギャンブル依存症とされる人々の数が11.3%上昇したとのことである。

「禁煙推進企業コンソーシアム」が東京で設立

4月18日、日本の喫煙に対する公共政策を国際基準に合わせる取り組みとして、小池百合子都知事や東京医師会の支援のもとに「禁煙推進企業コンソーシアム」が設立された。

メルコリゾーツ、マカオの責任あるゲーミングの公共ビデオに出費

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、マカオのテレビにおける責任あるゲーミング文化を強化すべく公共サービスビデオに出資した。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。