アジア、莫大な投資によりカジノ供給過剰に直面する

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)の分析者は、アジアにおける約650億米ドル(約7兆1850億円)の新規カジノ開発を刺激するのに同地域の経済的成長が不十分であると警告している。

大阪湾、土地価格が上昇

ここ30年大阪湾の地価が下がる一方だったが、夢洲の開発が視野に入ってきて地価がようやく上昇し始めた。
US-China trade war

米中貿易戦争、2019年に再開の可能性

米中貿易戦争の休戦は、中国経済に対する外的圧力を緩和する影響をもたらすが、交渉立場の各差が大きくなることに考慮すると、再び貿易緊張が高まるリスクは十分に残っているとフィッチ・レーティングズが語る。

マカオ、世界一裕福な地域へと前進

ブルームバーグ(Bloomberg)は国際通貨基金(IMF)が示したデータを引用し、マカオが2020年までにカタールを追い抜き、世界で最も富んだ地域として躍り出ようとしていると報じている。

マカオのビジネスイベント数は減少も利用者数は増加

マカオの第1四半期でのMICE関連統計によると、主催したイベントが多くないものの、大規模な展示会や会議では利用者数は31.5%上昇した。

2025年までに倍増する中国のプレミアム消費者

バーンスタイン・リサーチのアナリストは、中国のプレミアム消費者が今後7年間で2倍近く増加し、1億1700万人に達すると予測している。

アクセスランキング

フィリピンのカジノ管理公社、規制機能とカジノ運営の是非

フィリピンの政府支配下企業の管理委員会(GOCC管理委員会)は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR) の商業事業と規制機能を分離すべきであると勧告している。

メルコとSJM、出産および育児への待遇を改善

マカオでカジノを展開するメルコリゾーツ&エンターテインメントとSJMホールディングスは、従業員の出産および育児休暇への待遇を改善した。

モルガン・スタンレー:新たな債権発行でナガ・コープの運営にメリット

カンボジアのナガ・コープ(NagaCorp)は、中国のアウトバウンド海外ツーリズム上昇の恩恵を受ける企業となる見込みだ。また、モルガン・スタンレーのアナリストによると、同社は最近の発券により、今後の成長にも良い影響が見込めるという。

韓国のパラダイス、スロットマシン収益の急増と全体収益増

韓国のパラダイス社(Paradise Co.)はスロットマシン収益の急増に伴い、5月のゲーミング収益が25.2%上昇したと報告した。

豪州でのモバイル・ギャンブルが上昇、全体のベット数は減少

調査会社ロイ・モーガン社(Roy Morgan)の報告によると、オーストラリアはモバイル機器を利用したギャンブルが増えているが、6年前と比較して全体のベット数は少なくなっているという。