マカオ、世界一裕福な地域へと前進

ブルームバーグ(Bloomberg)は国際通貨基金(IMF)が示したデータを引用し、マカオが2020年までにカタールを追い抜き、世界で最も富んだ地域として躍り出ようとしていると報じている。

大阪湾、土地価格が上昇

ここ30年大阪湾の地価が下がる一方だったが、夢洲の開発が視野に入ってきて地価がようやく上昇し始めた。

2025年までに倍増する中国のプレミアム消費者

バーンスタイン・リサーチのアナリストは、中国のプレミアム消費者が今後7年間で2倍近く増加し、1億1700万人に達すると予測している。

アジア、莫大な投資によりカジノ供給過剰に直面する

ユニオン・ゲーミング(Union Gaming)の分析者は、アジアにおける約650億米ドル(約7兆1850億円)の新規カジノ開発を刺激するのに同地域の経済的成長が不十分であると警告している。
US-China trade war

米中貿易戦争、2019年に再開の可能性

米中貿易戦争の休戦は、中国経済に対する外的圧力を緩和する影響をもたらすが、交渉立場の各差が大きくなることに考慮すると、再び貿易緊張が高まるリスクは十分に残っているとフィッチ・レーティングズが語る。

G2Eアジアのパネリスト、日本IRの周辺ゲーミング市場への影響軽視

マカオで開催されているG2Eアジアのカンファレンスでは21日、日本IRをテーマとしたパネルが行われ、パネリストは日本IR開業によるマカオ、シンガポールや韓国のゲーミング市場への影響は懸念する必要がないと述べた。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。