東京警察 歌舞伎町の違法カジノ摘発

東京警察は2カ月にわたり歌舞伎町のビルの地下で運営されていた違法インターネットカジノの関係者2名を逮捕した。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

マカオでユニオンペイ端末が撤去、強まる中国の資本流出規制

日本でも目にするようになり、世界での普及率が急速に上がっているユニオンペイ(UnionPay)の銀行取引サービスだが、マカオでは逆の流れが起きているようだ。

ドゥテルテ大統領、パグコア職員2名を解雇

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)の2人の上級職員が汚職に関与した疑いでドゥテルテ大統領によって解雇されたと報道した。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。