日本、マネーロンダリング対策が調査される

政府間の金融活動作業部会 (Financial Action Task Force = FATF)は日本のマネーロンダリング対策の現地調査を開始した。金融庁、金融機関、仮想通貨業者が調査対象となる。

オーストラリア、オンライン・ギャンブルに顔認証を検討

オーストラリア内務省はギャンブル・ウェブサイト利用を抑制する対策として、顔認証技術で身分と年齢を確認することを提案していると現地メディアが報道した。

カジノ管理委員会、1月7日設立へ

政府は18日、カジノ管理委員会を2020年1月7日に設立することを閣議決定した。

米国連邦政府、ハラスメントをめぐりインペリアル・パシフィックを起訴

インペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)は、同社のハイローラー客が言葉によるハラスメントまた性的嫌がらせをしたとして、米国雇用機会均等委員会に訴えられている。

サイパン、ジャンケット増加を検討

北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission, CCC)は本日、4つの新規ジャンケット申請とインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)会長の契約延長を話し合うことになった。

日本IR、パチンコ・公営競技を認めず

日本のIR規制におけるIR基本方針案の10ページにある文章によると、日本のIRにパチンコや競馬・競輪などの公営競技の設置が認められないことが分かり、一つの懸案事項が解決した。

国土交通省、IR基本方針案を公表

9月4日の午後に、国土交通省は突如の展開にIR基本方針案を公表した。これにより地方自治体とIR事業者は日本のIR規制をより明白に把握できるでしょう。

インペリアル・パシフィック、滞納をめぐり4000万円の罰金

北マリアナ諸島の現地メディアによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は年間更新料の滞納をめぐり、37万5000米ドル(約4000万円)の罰金が課された。

シンガポール政府が賭ける長期的視野に立ったカジノ税制度

いわゆる「ギャンブル」の合法化は、政策立案者が直面するであろう、最も意見が両極端に別れる課題だ。

大阪が夢洲の環境影響評価を早める

2025年の世界博覧会前に大阪IRを開設するためには夢洲の環境影響評価の認定をスムーズに取得することが不可欠であり、大阪府と市は異例となる影響評価の進行を早める処置を取る。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。