フィリピン、カジノ関連雇用者は勤務時間以外のカジノ入場禁止に

フィリピンのゲーミング規制当局は、「ゲーミング雇用許可証」(Gaming Employment License = GEL)を保有する全てのゲーミング関連雇用者がフィリピンのどのゲーミング施設でもプレイすることを禁止する覚書を発表した。

オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

フィリピン監査委員会の報告:パグコアは異議を申す

フィリピン・アミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)は、社員に対する「過剰な臨時報酬」と、別件の未払い問題について非難した最近の監査委員会(Commission on Audit = COA)による報告の結果について意義を申し立てた。

内閣、第一段階のIR施行令を閣議決定

安倍内閣は、特定複合観光施設区域整備推進本部が2月1日に公開した条文で概説されたIR実施法施行令案を閣議決定した。

パチンコ台卸売会社、脱税により告発される

東京国税局が約4100万円を脱税したとして茨城県のパチンコ台卸売会社MYSSの藤本鎮代表取締役を告発した。

ドゥテルテ大統領、パグコア職員2名を解雇

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)の2人の上級職員が汚職に関与した疑いでドゥテルテ大統領によって解雇されたと報道した。

ゲーミング管理のトップ、ドゥテルテ大統領に新規カジノ免許全面禁止の調和を要請

ブルームバーグの報道によると、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社の会長アンドレア・ドミンゴ氏(Andrea Domingo)は、ドゥテルテ大統領の新規カジノ免許の全面禁止に対する緩和を期待した。特に海外からの莫大な投資の機会を失う恐れがあると話した。

MGMリゾーツ、大阪IR顧問関連の論争勃発 

毎日新聞社は先週、天神祭のMGMリゾーツ奉拝船にてIR政策の開発に関する大阪政府のPwC社の顧問が飲食をしていたことを明らかにし、IR免許取得が予想される夢州サイトでのオペレーターの一社との交歓の度合いについて疑問を投げかけた。

マサチューセッツ規制機関、ウィン役員が疑惑を隠蔽したと主張

マサチューセッツ州の規制機関は、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)が創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為疑惑に対応した際、自社の方針に従い損ね、場合によっては疑惑を隠蔽したこともあると主張した。

韓国野党、国内での不法雇用スキャンダルへの徹底調査を要求

韓国のメディアによると、野党は月曜、公営の江原ランド(Kangwon Land)のIRを含む、複数の公的機関で横行していた不法な雇用慣行について議会が合同で徹底した調査に乗り出すべきだとする提案を行ったという。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。