マイナンバーカードの普及率11.5%

総務省によると、7月1日現在、日本住民の11.5%のみがマイナンバーカードを取得しており、日本のIRの悩みの種になりかねない。

カンボジアがマネー・ロンダリング対策を強化

カンボジア警察の代表者によると、政府は国内におけるマネー・ロンダリング取締りの対策グループと行動計画を発表した。

カジノ管理委員会の概要明らかに

政府は主な任務が合法化された日本のカジノ業界の規制当局となることである初のカジノ管理委員会の規模と範囲の概要を明らかにした。

SJMとMGMマカオ利権が2022年まで延長

マカオ政府は15日、SJMとMGMのカジノ利権を2022年6月26日までの延長を発表した。両社の要望に応える形となった。

国土交通省、IR基本方針案を公表

9月4日の午後に、国土交通省は突如の展開にIR基本方針案を公表した。これにより地方自治体とIR事業者は日本のIR規制をより明白に把握できるでしょう。

ブルームベリー、バングラデシュ中銀の訴訟事件に巻き添えを食う

マニラ市のソレア・リゾート&カジノ(Solaire Resort & Casino)を運営するブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、バングラデシュ中央銀行からハッキングにより盗まれた資金を回収する目的の米国民事訴訟で社名が挙がったことを発表した。

サイパン島、純収益10%のゲーミング税法案提出

サイパン島のティナ・サブラン議員(Tina Sablan)がゲーミング純収益に10%課税する新たなゲーミング税の法案を提出した。

インペリアル・パシフィック、滞納をめぐり4000万円の罰金

北マリアナ諸島の現地メディアによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は年間更新料の滞納をめぐり、37万5000米ドル(約4000万円)の罰金が課された。

大阪・堺市でインターネット・カジノ摘発

警察は20日に、大阪・堺市の違法インターネット・カジノ「Peach」を摘発し、山口組の暴力団体幹部を含み8人を逮捕した。

ドゥテルテ大統領、パグコア職員2名を解雇

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)の2人の上級職員が汚職に関与した疑いでドゥテルテ大統領によって解雇されたと報道した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。