ゲーミング管理のトップ、ドゥテルテ大統領に新規カジノ免許全面禁止の調和を要請

ブルームバーグの報道によると、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社の会長アンドレア・ドミンゴ氏(Andrea Domingo)は、ドゥテルテ大統領の新規カジノ免許の全面禁止に対する緩和を期待した。特に海外からの莫大な投資の機会を失う恐れがあると話した。

歌舞伎町2度目の違法カジノ摘発で28名逮捕

東京警察は歌舞伎町にて2回目の違法カジ店の摘発を行い、約40台のスロットマシンと複数のバカラテーブルを備えた2つの店舗を含むという前回よりも大規模なものとなった。ごく最近の摘発においては経営者や職員、また利用客など28人の逮捕に至っている。

東京警察 歌舞伎町の違法カジノ摘発

東京警察は2カ月にわたり歌舞伎町のビルの地下で運営されていた違法インターネットカジノの関係者2名を逮捕した。

政府が全国都道府県及び政令市のIR入札意向調査を実施

政府は7月のIR実施法の立法以来、初の主要な取り組みとなる47都道府県と20政令市のIR入札の意向調査を開始した。

ドゥテルテ大統領、カジノ展開への扉を閉める

フィリピン大統領のロドリゴ・ドュテルテは本国でのゲーム産業の再展開はないと述べ、現在進行中の投資計画に対する不安が残る形になった。

福岡県の違法ルーレット店を摘発

福岡県警察は先週の1日、博多区中州の違法ルーレット店「ホープ」を含む違法賭博が行われてたとする2店舗を摘発し、関係者10名が逮捕された。

マカオ経済財務官、カジノ利権更新の詳細は未だ調査中

マカオ政府は現在、ゲーミング利権更新へ対するアプローチを決定するためにテクニカルレポートの分析を行っている。

横浜違法カジノを摘発

神奈川県警は7月2日に横浜中区の違法カジノ店の捜査を行い、店長の岡本高浩(34)を含む4人を逮捕。

大阪の違法ネットカジノで発砲事件、従業員1人重体、客1人重傷

11日の早朝、大阪ミナミの違法ネットカジノに男性が押し入り、従業員と客に発砲した。従業員1人は重体で客1人は重傷。

パチンコ台卸売会社、脱税により告発される

東京国税局が約4100万円を脱税したとして茨城県のパチンコ台卸売会社MYSSの藤本鎮代表取締役を告発した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。