IR法案通過を短期間延期

立憲民主党が率いる野党の指導者らは引き続きIR実施法案への批判を強く表明しており、衆議院を通して法案通過を遅延させる手段に出た。

カジノ入場規制に対する顔認識技術の導入は100%正確ではない

労働時間外のカジノ労働者を特定するための顔認証技術の導入は、100%正確とは言い切れない。

日本人プレーヤー、韓国のパラダイス・シティの利益に貢献

セガサミーホールディングスとパラダイス社(Paradise Co.)は、日本人客が増大していることから永宗島のパラダイスシティ(Paradise City)のIRにおける緩やかな利益増大を目にしている。これにより、昨年の旅行禁止令による中国人旅行客の下落を埋め合わせる形となった。

北海道知事、苫小牧市からの支援求める


北海道知事選の競争はすでに水面下で開始されている模様。現役の高橋はるみ氏は先週の金曜日に苫小牧市企業界の指導者らと自身の今後にも関連するIR入札について語った。

カジノ法案を可決したミャンマー連邦議会下院

ミャンマーは、旅行客の数を増やし、アジア地域における競争力をさらに高めようとカジノの合法化に踏み切った。こうして、カジノが合法化されたアジアの国がまた1つ新たに誕生した。

ハウステンボス、中国企業と連携

佐世保市にあるハウステンボス(HTB)の社長である澤田秀雄氏は、テーマパークが中国の復星集団(フォースン・グループ)の出資を受け入れると発表した。3つのうちのIRライセンス取得に選定されたら、長崎でのIRコンソーシアムが具体化する可能性が生まれる。

ユニバーサル・エンターテインメント、岡田氏の逮捕はオカダマニラ営業に影響はないと主張

ユニバーサル・エンターテインメントは、創業者の岡田和生氏に対する逮捕状がオカダマニラの営業事業に影響を及ぼさないと7日の月曜日に株主に訴えかけた。

ギャラクシーが日本の新体制を発表

ギャラクシー・エンターテイメント・グループは9日に日本におけるIRリゾートのビジョンを発表した。同社のパートナーであるモンテカルロSBM(Monte-Carlo Société des Bains de Mer)と共に想像している日本のIRは、経済、市区町村、地元コミュニティに大きなインパクトを持つものとなるとアピールした。

新たな大阪ビジネスリーダー IR開発を優先

関西経済同友会の代表幹事に最近就任した池田博之氏は大阪の夢州でのIR発展を全面的に支援しているとインタビューで主張し、「IRは兆円単位の投資と万人単位の雇用が生まれる産業だ 」と時事通信社に話している。

日本のユニバーサル、アメリカでの製造ライセンス取得へ

オカダマニラ(Okada Manila)を子会社と持つユニバーサル・エンターテインメントの声明によると、同社はカジノ運営に使用される機器や装置の製造を行う目的で米国でのライセンス取得を計画しているという。

アクセスランキング

大阪知事 立法の遅延に不満

水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

韓国のカンウォンランド、2018年Q1の利益が30%減少

韓国で唯一韓国籍者が入場できるカジノのカンウォンランドは、今年の第一四半期の利益が30%減少したことを発表した。

泉佐野 大阪の初期IR候補

今月の上旬に大阪地方公務員から成る少数代表団がジャパン・ゲーミング・コングレスに出席したが、すでによく知られている夢州でのIR構築計画関連の参加ではなく、むしろライバル候補である大阪府泉佐野市を代表するためものとされる。

和歌山での初RFIブリーフィング49社が参加


和歌山にて二度にわたって行われるIR入札のRFI工程に関する第1回目のブリーフィングには49もの企業が参加したことからビジネス界での関心が強いことが見てとれた。

メルコのホー氏、来年にはより多くのテーブルゲームが導入されることを確信

TDMニュースの報告によると、メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、より多くの新しいゲーミングテーブルが同氏の会社を対象に許可されることになると確信しているという。