メルコのホー氏、来年にはより多くのテーブルゲームが導入されることを確信

TDMニュースの報告によると、メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、より多くの新しいゲーミングテーブルが同氏の会社を対象に許可されることになると確信しているという。

ナイトクラブ、アジアIRの収益促進を後押し出来るか

日本のIRとして考慮されるべき非ゲーミング・アトラクションには主要ナイトクラブが挙げられる。IRの目的の1つは、日本国内で24時間営業型の娯楽を提供し、個人の消費の引き上げを実現することである。こうした動きはアジアの他の地域では既に進行している。

MGMとギャラクシー、社会責任の分野で表彰

日本でのIRライセンス取得を競うMGMリゾーツ(MGM Resorts)とギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、香港のミラーポスト(Mirror Post)開催のイベントの企業の社会責任(Corporate Social Responsibility = CSR)プログラムの賞を受賞した。

横浜の林市長、IR入札に関する意思決定はまだ下さず

投資意向調査(RFI)のプロセスは進みつつあるものの、林文子横浜市長は水曜日に開かれた記者会見の席上、統合型リゾート(IR)の入札に関する意思決定はまだ下されておらず、その件については今も「白紙」の状態であるとした。

和歌山県、IR計画の改訂版を発表

和歌山県庁は火曜日にIR実施法の性質と8月に締結したRFIプロセスに参加した7社の国際IRオペレーターらを含む33社の提案を考慮した上で改訂されたIR計画を発表。
Yumeshima-Kyoto Train Line

京阪、夢洲と京都を結ぶ現実が近づく

日本経済新聞の記事によると、京阪ホールディングスの加藤好文社長にとって「最大の使命」の旧首都の京都と期待の夢洲IRを結ぶ鉄道計画は現実味を帯びている。

築地開発計画、統合型リゾートに類似

かつて築地市場だった土地のオリンピック後の開発計画はますますIR施設に類似してきているが、計画にはカジノ施設が含まれるかどうかは現時点では不明だ。

ハウステンボス、復星集団の出資受け入れが中止へ

主要旅行代理店H.I.S.が2月12日にホームページに掲載したニュースリリースによると、ハウステンボスが復星集団の出資を受け入れるという12月に発表された連携が中止になった。

大阪府民、夢洲IR開発の支持が増える

日本経済新聞が実施した世論調査によると、夢洲のIR誘致を支持する大阪府民が増えつつあることが分かった。新聞社により主要都市を対象にした世論調査では前代未聞の結果である。

北海道IR開発に良き兆し

統一地方選挙の前後半が終わり、保守派が重要な立法機関や官職の主導権を持ち、IR開発における最良のシチュエーションという結果となった。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。