ギャラクシー・エンターテインメント

    Website: http://www.galaxyentertainment.com/

    ギャラクシーは1988年にルイ・チェ・ウー(Lui Che-Woo)によって設立された。ギャラクシーはアジア圏における有力なデベロッパーかつ統合リゾート施設のオペレーターであるほか、ハンセン指数のメンバーである。 同社は2002年にマカオでカジノを運営するためのライセンスを譲渡され、4つあるクラブカジノのひとつであるカジノウォルドを開業し、2004年にカジノ市場に参入することとなった。 同社は現在、2006年にオープンした5つ星を獲得しているスターワールドホテル&カジノをマカオ半島に所有しており、2011年5月コタイ地方にてギャラクシーマカオ大型IRプロジェクトへの取り組みを開始した。その4年後、ギャラクシーはギャラクシー マカオリゾート及びブロードウェイマカオを開業し、リゾート拡大の一途をたどった。

    ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、大都市市場と地方市場の両市場でビジネスチャンスを模索している。 モンテカルロカジノの所有者兼オペレーターであるソシエテ・デ・バン・ド・メール、オークラホテルなどのパートナーを集めている。

    People

    Lui Che-Woo

    姓: Lui(ルイ) 名: Che-Woo(チェーウー) 職種: 会長 紹介: ルイ氏は、ギャラクシー・エンターテインメント・グループとK・ワー・インターナショナルホールディングス(K. Wah International Holdings)の両社の創設者であり、億万長者としてその名が知られている。 ルイ氏のビジネスは、建設や不動産といった分野に焦点を当てている。 ギャラクシー・エンターテイメント・グループは、マカオで最初にゲーミングライセンスを獲得した会社の1つである。

    Lui, Francis Yiu Tung

    姓: Lui(ルイ) 名: Francis Yiu Tung(フランシス・ユー・トゥン) 職種:副会長 紹介: フランシス・ルイ氏は、K・ワー・インターナショナルホールディングス およびギャラクシー・エンターテインメントグループの創設者ルイ・チェー・ウー氏の息子である。 フランシス氏は、取締役会、指名委員会および報酬委員会の副議長であるほか、コーポレート・ガバナンス委員会の委員長も務めている。

    Chan, Ted

    姓: Chan(チャン) 名: Ted(テッド) 職種: 日本地区最高執行責任者 紹介: チャン氏はメルコ・リゾーツ&エンターテインメントでゲーミング業界のキャリアを培い、ギャラクシー・エンターテインメントへと活躍の舞台を移した。 これには、ギャラクシーの副会長であるフランシス・ルイ氏が大きな影響を与えている。 チャン氏は現在、ギャラクシーの日本におけるIRライセンス獲得に向けて指揮を執っている。

    Walker, Jeremy

    姓: Walker(ウォーカー) 名: Jeremy(ジェレミー) 職種: 国際開発担当副社長 紹介: ウォーカー氏は、広告会社のGolinにおいて香港を中心とした事業開発に従事したのち、2017年2月に国際担当副社長としてギャラクシー・エンターテインメントに入社した。以来、日本でのIRライセンス獲得に積極的な役割を果たしている。

    Mecca, Michael

    姓: Mecca(メッカ) 名: Michael(マイケル) 職種: 非業務執行取締役 紹介: 2009年3月にギャラクシー・エンターテインメントに入社する前は、プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノおよびシーザーズ・エンターテインメントの前身会社の幹部を歴任した。 メッカ氏はギャラクシーの社長兼COOであったが、2018年5月以来、ヨーロッパのパートナーであるモンテカルロ・ソシエテ・バン・ドゥ・メールとの関係を密接にし、非業務執行取締役を務めている。

    伊佐幸夫

    姓: 伊佐(いさ) 名: 幸夫(ゆきお) 職種: 日本開発部門の顧問 紹介: 伊佐氏はホテル業界で長年多くの経験を積み、ハイアットグループの副社長に就任。 その後、ギャラクシー・エンターテインメントの日本事務局所長に任命された。2018年5月にテッド・チャン氏が日本地区最高執行責任者に就任したことを受け、伊佐氏は日本開発部門の顧問となっている。

    Related Articles

    ギャラクシー、IR産業教育のため日本人学生をマカオへ招待

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は3週間にわたる新規のIR産業教育プログラムを発表した。プログラムは東洋大学、京都産業大学、福岡大学、オークラ・ニッコー・ホテル・マネジメントの学生を対象にIR産業に関する教育のためにマカオへ招待するものである。

    ギャラクシー、収益横這いの4月~6月期が予想を上回る

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の報告によると、4月~6月期における調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)が横ばい状態だったにもかかわらず、高いホールド率に牽引されアナリストの予想を上回った。

    ギャラクシー、ユーロジャパン・カップに6万5000人が集まる

    ギャラクシー・エンターテインメントの「ユーロジャパン・カップ」が横浜の日産スタジアムで27日に開催され、超満員の6万5000人の前で2019年イングランド・プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが横浜F.マリノスに3‐1で勝利した。

    メルコと横浜F・マリノスがパートナーシップ契約へ

    メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)はJ1の横浜F・マリノスFCのスポンサーになったことにより、メルコ初の国内スポーツパートナーシップを果たした。

    ギャラクシー、ハローキティ展をブロードウェイ・マカオで開催

    ハローキティの45周年を記念して、ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)はブロードウェイ・マカオ(Broadway Macau)で「ハローキティ・ハローアゲイン」展を7月18日から9月1日まで開催。

    ギャラクシー・エンターテインメント、 サッカー・ジュニア杯を主催

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は、スポーツ支援を通して日本社会との絆を深める目的のもとでギャラクシー・エンターテインメント・ サッカー・ジュニア杯の主催を発表した。

    マカオのトップIR事業者、合計10万8000人を雇用

    マカオ・ビジネス誌の調査によると、マカオの6大IR事業者は2018年の時点で10万8000人以上の雇用の直接生み出していることが分かった。

    マカオ大学、東京でIRセミナー

    マカオ大学は6日、東京・池袋のホテルでマカオIR産業の経験を伝えるイベントを開催した。

    8社のIR事業者、主要都市市場を目指す

    どのIR事業者が日本の主要都市市場である関東と関西のどちらを目指しているのか、最近ようやく明白になってきた。

    ギャラクシー、日本における優秀なIRチームを結成

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の日本地区最高執行責任者テッド・チャン氏(Ted Chan)はAGB Nipponとの独占インタビューにて、派手で注目を集めるようなやり方ではなく段階を踏んだ、慎重なアプローチで行動すべきときにしっかりと行動することを好むと語った。

    ギャラクシー、 VIP部門が2019年1月~3月期の足を引っ張る

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の苦戦するVIP部門が前年比25%低下し、2019年1月~3月期の業績の足を引っ張った。

    ギャラクシー、マンチェスター・シティFCを日本へ招致

    マカオに本社を構えるIRオペレーターのギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は、今年の夏から2年間連続でユーロジャパンカップ(EuroJapan Cup)のスポンサーを務めることを発表した。

    マス向け市場がギャラクシーの2018年利益・収益を牽引

    日本のIRライセンス入札を目指しモナコのソシエテ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)と協業を結んだギャラクシーエンターテインメント(Galaxy Entertainment)はマス向け市場の成長に牽引され、好調な2018年利益を報告した。

    グレース・ケリー展示会でモナコとギャラクシーの関係が深まる

    日本のIRライセンス入札を目指しモナコのソシエテ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)と協業を結んだギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は、グレース・ケリーの人生を描いた美術・文化コラボレーションによりモナコ公国との文化的な繋がりを深めている。

    和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

    2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。
    Wakayama Seminar

    和歌山IRビジネス構築セミナーが定員に達する

    来週19日に開催される和歌山IRビジネス構築セミナーの参加者登録が定員に達し、和歌山県や関西地域から200社以上の参加が見込まれる。

    ギャラクシーとメルコ、国際ゲーミング賞を受賞

    ロンドンで開催された国際ゲーミング表彰式(International Gaming Awards = IGA)でギャラクシー・エンターテインメント・グループ(Galaxy Entertainment Group)とメルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)が表彰された。

    ゲーミング管理のトップ、ドゥテルテ大統領に新規カジノ免許全面禁止の調和を要請

    ブルームバーグの報道によると、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社の会長アンドレア・ドミンゴ氏(Andrea Domingo)は、ドゥテルテ大統領の新規カジノ免許の全面禁止に対する緩和を期待した。特に海外からの莫大な投資の機会を失う恐れがあると話した。

    日経IRフォーラム、大勢を引き付ける

    東京で開催された日本経済新聞のIRフォーラムには過度の申請により参加を却下されてしまった多くの参加希望者をよそに600人以上のゲストが集まった。先週の水曜日に終日行われたこの活動的なイベントには政府職員やIR運営者、また分析家等が集まった。

    フランシス・ルイ氏、日本メディアと対面

    ギャラクシー・エンターテインメント副会長フランシス・ルイ氏(Francis Lui)は日本の記者たちと円卓会議を開き、日本のIR市場への関心を語った。会議には、日本地区最高執行責任者テッド・チャン氏(Ted Chan)と日本地区総支配人岡部智氏も同席した。

    アジアのIRオペレーターら2018年第3四半期は入り混じった結果を発表

    ギャラクシー、メルコ、ゲンティン、ブルームベリー、日本市場でのライセンス獲得を目指すアジア系IRオペレーター4社は、アジアのゲーミング産業の減速が多く予想されていた中でも7月から9月の間は入り混じった結果を出すこととなった。

    ギャラクシー、ボラカイ島に「うってつけ」のプロジェクトを語る

    ギャラクシー・エンターテインメントはサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(South China Morning Post)の取材に応え、計画されている統合型リゾート(IR)のプロジェクトは新たに生まれ変わったボラカイ島にとり「うってつけである」と語っている。

    香港、珠海、マカオを繋ぐ橋が遂に開通、オペレーターも歓迎

    マカオのいくつかのオペレーターは水曜日、香港、マカオ、そして珠海(チューハイ)を結ぶ新しい橋をめぐる初めてのツアーを行った。この橋の誕生により、カジノ施設の主要拠点であるマカオへのアクセス性が飛躍的に高まると見込まれている。

    ギャラクシー会長、IR入札の非ゲーミング要素面を重要視

    ギャラクシー・エンターテインメントの会長であるルイ・チェーウー氏(Lui Che-Woo)は日本でのIRライセンス契約は施設の非ゲーミング面に焦点を当て、ハイエンドな市場を対象にすると述べた。

    ボラカイ島にカジノはいらない?政府との対立

    日本及びフィリピンへの市場拡大を計画しているギャラクシー・エンターテインメント・グループ(Galaxy Entertainment Group)は、フィリピン政府がボラカイ島でのカジノを許可しないとした場合、その計画を再検討する必要があるかもしれない。

    ギャラクシーがマカオの市場シェアを拡大

    ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(Galaxy Entertainment Group)は、日本国内でのライセンスの入札のためにモナコのソシエテ・デ・バン・ド・メール (Société des Bains de Mer)と提携し、マカオでの市場シェアを拡大している。

    マカオのギャラクシー、IR施設内にフランスの有名ビストロがオープン

    ギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、モナコのカジノ運営者であるソシエテ・デ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)との提携の一環として、フランスのビストロ・ブランドをギャラクシー・マカオ・リゾートに配置し、マカオの料理のレパートリーの開発を行っている。

    ギャラクシー、日本人学生向けIR産業教育プログラム開始

    ギャラクシー・エンターテインメントは2020年代半ばの新産業発展に向け東洋大学(東京都文京区)とパートナーシップを組み、IR管理について日本の学生を教育する「ギャラクシー日本-マカオ統合型リゾート・マネジメント・メンターシップ試験的制度」を月曜日に発表した。

    テッド・チャン氏、ギャラクシー日本開発強化チームを指導


    4月にギャラクシー日本開発の最高開発責任者に任命されたテッド・チャン氏(Ted Chan)はAGB Nipponとの独占インタビューにて、マカオに拠点を置く会社の立ち位置は三つあるIRライセンスのうちの一つの獲得に向けますます強化されてきていることを語った。

    MGMとギャラクシー、社会責任の分野で表彰

    日本でのIRライセンス取得を競うMGMリゾーツ(MGM Resorts)とギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、香港のミラーポスト(Mirror Post)開催のイベントの企業の社会責任(Corporate Social Responsibility = CSR)プログラムの賞を受賞した。

    ギャラクシー、ウィン・リゾーツの株式保有も目当ては配当金に限る

    ギャラクシー・エンターテインメントの創業者であり、会長のルイ・チェーウー氏(Lui Che-Woo)は、ウィン・リゾーツ株の持分を4.9%から増やす計画はないとし、完全買収を計画している可能性があるとの予想を否定した。

    ギャラクシーIR入札に高級ソフトウェア追加

    ソシエテ・デ・バン・ド・メール(SBM)のマネージング・ディレクターも務めるジャンルイ・マシュレル氏はギャラクシー・エンターテインメントがなぜ選ばれたか理由を説明すると、アジアのパートナーとしては彼らが「最適」であるから、と述べた。

    サンズ、メルコ、ギャラクシー、プレミアム市場の上昇から最大の恩恵

    バーンスタイン・リサーチ社(Bernstein Research)の調査によると、マカオのゲーミング事業者であるサンズ、メルコ、ギャラクシーは、中国のプレミアム市場の台頭の恩恵を最大限に受けるポジションに位置している。

    ギャラクシーが日本の新体制を発表

    ギャラクシー・エンターテイメント・グループは9日に日本におけるIRリゾートのビジョンを発表した。同社のパートナーであるモンテカルロSBM(Monte-Carlo Société des Bains de Mer)と共に想像している日本のIRは、経済、市区町村、地元コミュニティに大きなインパクトを持つものとなるとアピールした。

    マイケル・メッカ氏 ギャラクシー非常勤取締役に就任

    ゲーミング業界の大手オペレーターであるギャラクシー・エンターテインメント・グループは2018年5月4日付で、マイケル・メッカ氏(Michael Mecca)が非常勤取締役に就任したことを発表した。

    ギャラクシー:結果を残し、さらなる拡大計画を推し進める

    ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、第1四半期における調整済みEBITDA(金利・税金・償却前利益)の記録を更新した。また、同グループは、フィリピンと日本での拡大計画を積極的に推進していると述べている。
    シェア