ゲット・ナイス・ホールディングス

    Website: http://www.getnice.com.hk/

    ゲット・ナイス・ホールディングスは土地開発や賃金などの事業を行っている。2006年から2013年までマカオのグランド・ワルド(Grand Waldo)の施設の運営者として知られている。香港周辺の事業もさることながら、2017年にはロンドンでの土地開発に着手し始めている。

    2019年1月には日本のIR市場への関心を表明し、日本の企業と共に静岡県牧之原市にIRを建設するジョイントベンチャーを立ち上げた。その後、佐世保市の候補地に興味を示し始めた。

    Related Articles

    長崎県、迅速かつ公平なIRコンソーシアム選定を目指す

    IRコンソーシアムに加入する意向を示している企業おおよそ20社と話し合いを進めている長崎県は、他の自治体よりも早い2020年の秋までにコンソーシアム・パートナーを選定するとされている。

    九州・長崎ビジネス構築セミナー、新しいIR事業者呼び寄せる

    先週に開催された九州・長崎ビジネス構築セミナーでは今までIR競争への参加が公表されていないいくつかのIR事業者の存在が明らかになった。

    長崎知事、政府にIR規定の策定を促す

    長崎県議会で登壇した長崎知事の中村法道は、佐世保市のIR誘致支持を再主張し、政府にIR規定の策定や規定の構成を設けることに先伸ばししないように訴えた。

    牧之原市長、IR誘致を支持

    牧之原市の杉本基久雄市長は、1月31日の定例記者会見で地元の企業団が提案IR誘致を支持することを表明し、静岡県の小さな市がIR誘致競争への参加を確認した。

    静岡県牧之原市、IR誘致の可能性

    メディアの目の届かないところで、人口4万4000人の沿海地方の静岡県牧之原市が近い将来にIR誘致競争に参加する兆候がみられている。
    シェア