フォックスウッズ・リゾート・カジノ

    Website: https://www.foxwoods.com/

    フォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)は米国コネチカット州のマシャンタケット・ピクォート族・ネーション(Mashantucket Pequot Tribal Nation)に基づいており、連邦認定のアメリカ先住民保護法の下で開発された。フォックスウッズが1992年にカジノ・リゾートに発展してから何年もの間、それは大きく繁栄し、最大のリゾートの1つになった。しかし、近年では、アメリカの北東部で他の大型カジノが開店し、フォックスウッズから市場の一部を引き離している。

    フォックスウッズは拡大機会を模索しており、日本は可能なアウトレットの一つとして視野に入れている。特に、北海道の苫小牧市は、アイヌの歴史が深い森林地域であり、コネチカット州の既存施設とのベストマッチとして魅力的だと考えている。

    People

    Butler, Rodney

    姓: Butler(バトラー) 名: Rodney(ロドニー) 職種: 会長兼暫定最高経営責任者 紹介: バトラー氏は2004年にマシャンタケット・ピクォート部族評議会(Mashantucket Pequot Tribal Council)に加わり、2010年に会長に就任した。フォックスウッズ・リゾート・カジノの社長兼最高経営責任者であるフェリックス・ラパポート氏(Felix Rappaport)が突然2018年6月に亡くなり、フォックスウッズの暫定最高経営責任者に任命された。

    Related Articles

    ゲンティン:林を見て木を見る

    マレーシアでのカジノ独占権、ニューヨーク州の5つの自治区でのカジノ独占権、シンガポールにおける複占的カジノ経営権(duopoly)、そしてマニラにおける寡占的なカジノ経営権。ゲンティン・グループ(以後「ゲンティン」)がこれまでに手に入れた輝かしい実績だ。

    フォックスウッズが新リーダーを任命

    社長兼最高経営責任者であるフェリックス・ラパポート氏(Felix Rappaport)が突然亡くなってから一年後、フォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)は新社長兼最高経営責任者にジョン・J・ジェームズ氏(John J. James)を任命した。

    フォックスウッズとモヒガン、MGMに苦戦お強いられる

    マサチューセッツ州でMGMスプリングフィールド(MGM Springfield)が約半年前にオープンして以来、隣のコネチカット州にあるフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)とモヒガン・サン(Mohegan Sun)が著しく減少したスロットマシン収益を引き続き報告している。

    フォックスウッズ、スロットマシン収入6ヶ月連続低下

    コネチカット州のフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino )は11月に前年同期比8%減の3530万ドル(約40億円)を記録し、低下は6ヶ月連続となった。

    MGM、フォックスウッズとモヒガンに対し攻撃に出る

    米国北東部の市場シェアが激戦化する中、MGM リゾーツは地元コネチカット州にて顧客を直接ターゲットにすることにより、部族オペレーターであるフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)とモヒガンゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment)に対し攻撃体制に出た模様。

    フォックスウッズとモヒガンのスロットマシン売上高、MGMスプリングフィールドにより打撃 


    コネチカット州のフォックスウッズ・リゾート・カジノとモヒガン・ゲーミング&エンターテインメントは近隣のマサチューセッツ州のMGMスプリングフィールドの開設に伴い収入の減少が見込まれていたが、さっそくネイティブ・アメリカンの部族が所有する両カジノは10月に10%の収入減に見舞われた。

    フォックスウッズとモヒガン、4210億円以上の経済効果を生み出す

    マイスター・エコノミック・コンサルティング(Meister Economic Consulting)の2018年インディアン・ゲーミング業界レポートによると、コネチカット州のフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)とモヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(Mohegan Gaming & Entertainment)の2つの先住民部族所有のカジノ・リゾートが税金や雇用創出などの経済効果は合計37億ドル(約4210億円)を記録したと発表した。

    スティーブ・ウィン、ウィン・リゾーツとマサチューセッツ州ゲーミングコミッションを告訴

    ウィン・リゾーツがスティーブ・ウィン氏の時代から完全離脱を果たしたという期待は先週の水曜日、共同創設に一役買ったスキャンダルまみれの元会長兼最高経営責任者が自身の会社を訴える行動に出たために完全に裏切られる形となった。ウィン氏はまたマサチューセッツ州ゲーミングコミッション(Massachusetts Gaming Commission)も告訴している。

    ロドニー・バトラー氏、フォックスウッズの担い手として再任

    部族とコネチカット州のフォックスウッズ・リゾート・カジノ両方を管理するマシャンタケット・ピクォート部族評議会(Mashantucket Pequot Tribal Council)は11月5日にロドニー・バトラー氏(Rodney Butler)を3年任期の会長として4度目の任命を行った。

    ムーディーズ、信用格付けの引き下げについてモヒガンを再検討

    ムーディーズ・インベスターズ・サービスは現在苫小牧市や別の地域等でのIR入札を検討中のモヒガン・ゲーミング&エンターテインメントの信用格付け引き下げの見直しを検討している。

    フォックスウッズ、苫小牧IR入札を検討

    米国のコネチカット州にあるマシャンタケット・ピークォット・リザベーションに拠点を置くフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)は北海道苫小牧市と提携してIR構築を試みている6つの国際IRオペレータのうちの一社である。

    国際IRオペレーター4社、苫小牧に事務所開設


    クレアベストとハードロックに加え、ラッシュ・ストリート・ゲーミングとモヒガンの両社も北海道苫小牧市に事務所を開設中であると現地新聞の苫小牧民報が明らかにした。

    苫小牧IRレース、残るはオペレーター6社

    苫小牧市とのパートナーシップを組むための競争は現在シーザーズ、ハードロック、モヒガン、ラッシュ・ストリート、クレアベスト、フォックスウッズの6社に絞られている模様。
    シェア