和歌山市

    Website: http://www.city.wakayama.wakayama.jp/

    都道府県: 和歌山県

    人口(都道府県): 93万人

    GDP(都道府県): 4兆円

    場所: 和歌山マリーナシティ

    IR誘致への主な利点: 関西国際空港ほか、周辺の大都市へのアクセスも良好である。海沿いに位置するこの地域は、観光地としての更なる発展の機を熟している。

    提案者(プロポーザー): 仁坂吉伸知事

    People

    仁坂吉伸

    姓: 仁坂 (にさか) 名: 吉伸(よしのぶ) 政党:無所属 職種: 和歌山県知事 IRへの意見: 賛成派 紹介: 通商産業省(現:経済産業省)、駐ブルネイ大使の経験を経て、仁坂氏は2006年に和歌山県知事に初当選を果たした。以後、2010年・2014年に再選を果たしている。

    尾花正啓

    姓: 尾花(おばな) 名: 正啓(まさひろ) 政党:無所属 職種: 和歌山市長 IRへの意見: 賛成派 紹介: 尾花氏は、和歌山県庁でキャリアを積んだのち、 2014年に主要政党の推薦を受け市長に初当選した。

    伊藤元重

    姓: 伊藤(いとう) 名: 元重(もとしげ) 組織: 和歌山IR有識者会議 職種: 座長 IRへの意見: 賛成派 紹介: 経済学者として名高い伊藤氏は、アカデミック分野や官庁で多くの役職を歴任してきた。2019年7月には、「和歌山県IR誘致に関する有識者会議」の座長に任命された。

    Related Articles

    和歌山のカジノ反対グループ、集会を実施

    「和歌山カジノに反対する海南の会」というカジノ反対グループは、IR誘致候補地のマリーナシティから近くにある和歌山県海南市船尾のスポーツセンターで集会を開いた。

    和歌山県、IR有識者会議初会合を開く

    和歌山県のIR有識者会は、8月6日に東京大学名誉教授の伊藤元重教授を座長とする初会合を開き、マリーナシティIR誘致を新しい段階に押し上げた。

    サンシティが日本IR競争に参加

    マカオのジャンケット事業者の大手として知られているサンシティ・グループ(Suncity Group)は、8月に和歌山で開催されるシンポジュウムに業務執行取締役を参加させることにより日本のIR市場に対する関心を大いに示した。

    和歌山県のIR有識者会議委員が明らかになる

    和歌山県はIR有識者会義の初となる会議を8月6日に設定し、8人により構成される会議名簿を明らかにした。

    和歌山市長、外国人専用カジノを再主張

    16日に行われた記者会見では、マリーナシティにIRを建設する計画に関して仁坂吉伸知事とは意見が異なることを明白にした尾花正啓市長は、カジノが外国人専用となるべきというスタンスを揺らぐことなく主張した。

    バリエール、和歌山に主眼を置く

    5月14日にグループ・バリエール(Groupe Barrière)は和歌山にコミットしたことを3つの行動で再主張した:唯一の日本事務所を和歌山で開いたこと、オフィシャル・ブランド・アンバサダーのジャン・レノ氏(Jean Reno)を和歌山に招待したこと、そして仁坂吉伸知事と面会をしたこと。

    バリエール、 和歌山にジャン・レノを招待

    和歌山県とIRの共同入札を目指すグループ・バリエール(Groupe Barrière)は、オフィシャル・ブランド・アンバサダーとしてジャン・レノ氏(Jean Reno)をマリーナシティに招待することが分かった。

    和歌山マリーナシティのビデオツアー

    平成最後のニュースレターの特別コンテンツとして、2月に撮影したIR候補地の和歌山県・マリーナシティのビデオツアーを公開します。

    佐世保、和歌山、苫小牧の地方選が迫る

    統一地方選の後半戦で、佐世保市の市長選と市議選および和歌山市と苫小牧市の市議選などが14日、告示された。これら地域ではIR招致が争点となっている。

    EY新日本、再び和歌山のIRアドバイザリー業務に選定

    2018年にRFIプロセスを行ったEY新日本有限責任監査法人は和歌山県が実施した応募型プロポーザルに提案し、長期契約を獲得した。今回も、EY新日本が唯一の応募者だった。

    和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

    2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。
    Wakayama Seminar

    和歌山IRビジネス構築セミナーが定員に達する

    来週19日に開催される和歌山IRビジネス構築セミナーの参加者登録が定員に達し、和歌山県や関西地域から200社以上の参加が見込まれる。

    和歌山県、IRアドバイザリー業務の公募を開始

    先週の7日、和歌山県はIR招致実現の業務支援を行うアドバイザリー事業者の公募を開始した。

    IR入札の意思ある都道府県3ヵ所のみ

    共同通信社のアンケートによると、IR入札を公然と認めているのは大阪府、和歌山県、長崎県だけであることが明らかになった。アンケートは、2018年後半に全国47都道府県と20指定都市で実施された。

    和歌山、2024年にIR開業を目指す

    和歌山県は、大阪の夢洲で開発が期待されるIRに合わせて、2024年にマリーナシティのIR開業を目指している。

    和歌山、IRライセンスに地理的な近接性は関係なし

    IRライセンスを与えられる3つの自治体が選定される際、大阪府との近接性が和歌山県の不利になることはないと政府が主張し続けていることが明らかになった。
    Wakayama Seminar

    和歌山県の後援決定、和歌山IRビジネス構築セミナー

    2019年2月19日ダイワロイネットホテル和歌山にて開催される和歌山IRビジネス構築セミナーに対して和歌山県の後援が正式決定。このことにより当セミナーが和歌山県、和歌山商工会議所と共に公式イベントして開催されることとなる。

    ブルームベリーが和歌山サンタランを協賛

    ブルームベリー・リゾーツ・ジャパンは、 和歌山城で先週末に行われた「第1回和歌山サンタラン」を特別協賛し、統合型リゾートの対象地であろうコミュニティとの関係を深めた。
    Wakayama Seminar

    HOGOとAGB、和歌山商工会議所後援でIRセミナー開催

    HOGOとAsia Gaming Briefが和歌山商工会議所の後援のもと、合同で統合型リゾート(IR)ビジネス構築セミナー の開催することを発表した。

    カジノ・オーストリアIR入札、音楽と医療に焦点

    カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン(CAIJ)は国営のカジノオペレーターを選ぶという安全性によるIR入札を計画しており、クラシック音楽と医療テーマに基づいたものだとCAIJの林明男社長がAGB Nipponとの独占インタビューにて語った。

    和歌山県知事選、IR賛成派候補が勝利

    現職の仁坂吉伸氏がカジノ反対派候補の畑中正好氏を破り、和歌山県知事としての4選を確実にしたこにより、IR入札への政治的道筋は開いた。

    和歌山県知事選挙運動期間始まる

    木曜日に和歌山県知事選の選挙運動期間始まり、反カジノ派の挑戦者である畑中正好氏とIR支持派で在任中である仁坂吉伸氏が対立することとなり、4年前とまったく同じ状況となった。選挙日は11月25日である。

    日本IR、災害情報センターとして活用可能か


    自然災害に見舞われることが多い日本の基準から考えても洪水や熱波、台風に地震と今年の夏は特に被害が多いものとなった。仮に大阪や和歌山、また北海道などにすでにIRが設立されている状態であれば深刻な影響を受けていたことは明らかである。現に今年の夏は国全体が外国人観光客減少を記録しており、次々と起こる自然災害のニュース等が主な原因だったと思われる。

    仁坂知事、和歌山シンポジウムにて改訂版IRプランを促進

    和歌山知事の仁坂吉伸氏は、和歌山市のホテルにて先週県庁が発表した改訂計画の内容を交えつつ、マリーナシティでのIR構築を行うという構想を再び推進した。

    和歌山県、IR計画の改訂版を発表

    和歌山県庁は火曜日にIR実施法の性質と8月に締結したRFIプロセスに参加した7社の国際IRオペレーターらを含む33社の提案を考慮した上で改訂されたIR計画を発表。

    海面上昇が関西国際空港への脅威に

    関西国際空港の浸水は嵐による異常現象ではなく、気候変動による海面上昇と台風がさらに強大化される未来を警告するものだと国内に限らず国際的な範囲でも論じられている。

    関西国際空港、台風被害から徐々に回復 

    強力な台風がタンカー船を本州と空港を結ぶ橋に激突させてから2週間後の火曜日の朝、西日本旅客鉄道と南海電鉄は関西国際空港への列車運行を再開。

    反カジノ候補者、和歌山県知事選挙に参戦

    反マリーナシティIRの先導者でもある政治活動家の畑中正好氏が11月25日の知事選挙への出馬を表明した。

    和歌山県、IR専用政策チーム設置

    和歌山県庁は、マリーナシティへのIR持ち込みプロジェクトをフルタイムで担当する8名から成るチームを設立。仁坂吉伸知事は来年4月1日よりさらに多くのスタッフがチームに加わる可能性があると報道陣に語った。

    和歌山RFI、33社から反応あり

    6月に開始された和歌山RFIプロセスは8月末に終了し、合計33社が締め切り前に計画を提出。

    和歌山政治家、IR入札に賛成

    一般市民に対してIR入札からくる利益についての説明に力を注ぐ日本の政治指導者らが比較的少ない中、和歌山県出身の下院議員である門博文氏は例外である模様。

    和歌山県、2017年インバウンド観光減少

    日本全国で好景気が続く中、和歌山県は2017年に観光業が若干低下するという例外を見せた。

    和歌山市長選挙、IR支持派現職者勝利


    和歌山市長尾花正啓氏は日曜日の選挙にて反カジノ派の島久美子氏に圧勝し、自治体のマリーナシティーでのIR入札の可能性を一気に高めた。

    和歌山市の市長選の討論で、IRプランが避難

    7月5日に行われた和歌山市の2人の市長候補の直接討論では、どちらの候補者も現在のところマリーナシティでIRを構築する県政の計画の合致を示していないことが明確になった。

    和歌山当局者 IR入札に自信

    3つあるライセンスのうちの一つを和歌山が獲得する可能性が高いとする分析家の数は少ないものの、都道府県関係者は入札について自信を持っている様子。

    和歌山での初RFIブリーフィング49社が参加


    和歌山にて二度にわたって行われるIR入札のRFI工程に関する第1回目のブリーフィングには49もの企業が参加したことからビジネス界での関心が強いことが見てとれた。

    和歌山 RFIプロセス開始

    和歌山県は火曜日に新たなコンサルティング会社EYが実施する予定のIR入札用のRFIプロセスを開始。

    ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

    ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

    EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

    和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

    和歌山知事 IR入札に全力投球

    困難な問題に直面しながらも和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリーナシティでのIR設立を強く推している。先週のジャパン・ゲーミング・コングレスに出席した仁坂氏は、そこで県にIRを呼び寄せる強い決意を再び示し、AGB日本との独占インタビューを行った。

    和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

    和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


    和歌山市反カジノの市長候補が出現

    反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

    和歌山県知事 日本のカジノ立ち入り政策への意見を撤回


    和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリナシティのカジノを地元の日本人らも利用出来る可能性があるいう意見を表明し、4月上旬のコメントを撤回する形となった。仁坂氏の考えの変化はこの一連の件に関する和歌山市長の尾花正啓氏との意見の食い違いから生じた模様。
    シェア