東京都

    Website: http://www.metro.tokyo.jp/

    都道府県: 東京都

    人口(都道府県): 1390万人

    GDP(都道府県): 104兆円

    場所: 築地、お台場

    IR誘致への主な利点: お台場は世界有数の都市である東京都の中心に位置し、人口4300万人以上を有する関東地方に属している。合理的かつ魅力的なIR施設の建設が行われるならば、該当地域への訪問客の大部分を魅了することを否定する要素がない。

    提案者(プロポーザー): ビジネス界の各種企業や数名の地元政治家

    People

    小池百合子

    姓: 小池(こいけ) 名: 百合子(ゆりこ) 政党:都民ファーストの会 職種: 東京都知事 IRへの意見: 未表明 紹介: 小池氏は、日本で最も有名な政治家の一人として、環境大臣、防衛大臣を歴任している。1992年に政界入りする前には、ニュースキャスターとして人気を博していた。 小池氏はまた、カイロ大学に通い、アラビア語の通訳者として数年間の職務経験があることも知られている。
    Former Tokyo Governor Shintaro Ishihara

    石原慎太郎

    姓: 石原(いしはら) 名: 慎太郎(しんたろう) 政党:無所属 職種: 元東京都知事 IRへの意見: 賛成派 紹介: 1999年から2012年まで東京都知事だった石原氏は保守派として知られる政治家。都知事時代、東京湾付近でのカジノ構想で国内の合法カジノの引き金を引いた。しかし、当時は国政レベルの協力を得る働きかけは合法化に直接結びつかなかった。

    Related Articles

    東京都、青海地区でIR開発を検討

    東京都は、まちづくり計画の策定で「東京ベイエリアビジョン(仮称)」という民間企業との対話型調査を発表した。計画には、青海地区でのIR誘致の可能性が明記されている。

    東京知事、IR開発について曖昧なまま

    東京の小池百合子知事は都内のIR誘致について曖昧なスタンスを取り続け、賛成派と反対派の両方とも知事の真意が掴めないままである。

    名古屋・東京で違法カジノ摘発

    警察の全国主要都市における違法カジノ摘発の発表が相次ぐ中、今週だけで名古屋と東京の池袋を合わせて新たに2店が摘発され、4人が逮捕された。

    東京と大阪で違法カジノ摘発相次ぐ

    全国で違法ネットカジノの摘発が相次いでいる。今週は東京・上野、大阪・淀川でそれぞれ逮捕者が出ている。

    中国人観光客を狙った東京・池袋の違法カジノ摘発

    警視庁は東京・池袋で、中国人観光客や準暴力団の「チャイニーズドラゴン」のメンバーなどを多く集めていた違法カジノを摘発。

    タナシェビッチ:サンズは横浜・東京に見込みなし

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)グローバル開発責任者のジョージ・タナシェビッチ氏(George Tanasijevich)は、サンズがMGMリゾーツ(MGM Resorts)と同様に大阪を優先する戦略をとっていると同氏が明白に示した。

    「収益のエンジン」東京IR誘致の噂、再び

    1月に小池百合子知事が旧築地市場のIR誘致を検討していないスタンスをとったにもかかわらず、築地かお台場のどっちかがひそかに誘致の対象となっていると考える者が少なくともいる。

    東京と名古屋で違法ネットカジノ店が摘発

    ゴールデンウイーク明けの先週末、東京と名古屋でそれぞれ違法ネットカジノ店が摘発された。国内では違法賭博に対する摘発が相次いでおり、今回の2件も僅か3時間の差での出来事。

    「禁煙推進企業コンソーシアム」が東京で設立

    4月18日、日本の喫煙に対する公共政策を国際基準に合わせる取り組みとして、小池百合子都知事や東京医師会の支援のもとに「禁煙推進企業コンソーシアム」が設立された。

    東京都、築地再開発の方針を決定

    東京都は3月29日に、国際会議場を含まれたエンターテインメント施設として再開発するという、以前に発表された旧築地市場再開発の方針を正式決定した。初段階の方針が修正され「食文化」が再開発の重要なテーマの一つであると強調された。

    サンズ、焦点を当てるのが関東か関西か

    日本で最大級のIRを開発したいと主張するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、大阪に焦点を当てるべきか、東京や横浜が有力な候補地として出てくるのを待つべきか迷っている模様。

    違法ギャンブルで東京の居酒屋店長が逮捕

    東京都葛飾区にある居酒屋「京」の店内で違法賭博が行われていたとして、45歳の男性店長が逮捕された。

    「MGM・MLB開幕戦」東京で3月に開催

    メジャーリーグベースボール(MLB)とパートナーシップを結んだMGMリゾーツ(MGM Resorts)はその協業関係を活かし、オークランド・アスレチックス対シアトル・マリナーズのレギュラーシーズン開幕戦で自社のロゴ目立つように掲出されることが決まった。開幕戦は3月20・21日に東京ドームで開催される。

    東京、第一段階IRライセンス入札の見込みなし

    1月23日に築地開発計画について新たな詳細を披露した東京都は、第一段階で3つあるIRライセンスの入札をする見込みが低いようである。

    ネットカフェを装った違法カジノ摘発

    南小岩にある「ホース」という違法カジノが警視庁に摘発され、経営者の柏木大典容疑者(39)を含む8人が逮捕された。

    築地開発計画、統合型リゾートに類似

    かつて築地市場だった土地のオリンピック後の開発計画はますますIR施設に類似してきているが、計画にはカジノ施設が含まれるかどうかは現時点では不明だ。

    ジャパン・オープン・ポーカー・ツアー全国大会が東京で開催

    ジャパン・オープン・ポーカー・ツアーが開催する全国大会の「グランド・ファイナル」が東京・銀座のバグースプレイスで行われた。

    東京都、2019年度に大型eスポーツ大会を開催

    東京都の小池百合子知事は、2日間にわたる大型eスポーツ大会を開催するために、19年度予算案に5000万円を盛り込んだことことが明らかになった。大会の開催地と時期はまだ検討中である。
    Former Tokyo Governor Shintaro Ishihara

    石原慎太郎氏、東京にカジノは必要ない

    ほぼ20年前に「お台場カジノ」の構想をもってカジノ合法化運動を起こした元東京都知事の石原慎太郎氏は、日本の首都にはカジノ発展はもう必要ないと考えている。

    警視庁、「デジタルカジノ」開発者を逮捕


    警視庁は10月下旬に歌舞伎町の違法カジノにて発見された「デジタルカジノ」の開発者である男を逮捕した。

    舞伎町にて初のデジタルカジノを含む違法カジノ2店を摘発

    警察は先週、東京の歌舞伎町地区にてさらに国内初のデジタルカジノを含む違法カジノ店を2ヶ所摘発した。

    トーマツ、東京IR顧問契約獲得

    有限責任監査法人トーマツは東京都港湾局との首都圏にてIR構築を行う際の経済的また社会的影響を調査するための契約を獲得。

    東京の違法オンラインカジノ店に侵入で5人逮捕

    東京警察は東京の錦糸町にある違法オンラインカジノ店での暴力行為と不法侵入の疑いで容疑者5人を逮捕したことを発表。

    東京都港湾局、新たなIR調査を委託

    東京都港湾局は、東京でのIR構築による経済また社会的影響の調査を行う顧問会社の公募入札を発表した。

    小池都知事、東京のIR入札を検討する必要がある

    小池百合子東京都知事は、IR入札を検討する意向があることを示している。これは日本のIR競争を大きく左右する可能性がある進展である。

    歌舞伎町2度目の違法カジノ摘発で28名逮捕

    東京警察は歌舞伎町にて2回目の違法カジ店の摘発を行い、約40台のスロットマシンと複数のバカラテーブルを備えた2つの店舗を含むという前回よりも大規模なものとなった。ごく最近の摘発においては経営者や職員、また利用客など28人の逮捕に至っている。

    東京警察 歌舞伎町の違法カジノ摘発

    東京警察は2カ月にわたり歌舞伎町のビルの地下で運営されていた違法インターネットカジノの関係者2名を逮捕した。
    シェア