牧之原市

    Website: http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/

    都道府県: 静岡県

    人口(都道府県): 364万人

    GDP(都道府県): 17兆円

    候補地: 大寄地区

    IR誘致への主な利点: 関西と関東の間にある静岡県中部に位置する牧之原市は、太平洋の海岸沿いにある富士山の絶景スポットが人気な街である。

    提案者(プロポーザー): 牧之原市統合型リゾート事業者選定委員会(私設団体)

    People

    川勝平太

    姓: 川勝(かわかつ) 名: 平太(へいた) 政党:無所属 職種: 静岡県知事 IRへの意見: 未表明 紹介: 川勝氏は政治経済学の教授を経て、静岡文化芸術大学の学長に就任した。2009年には静岡県知事選に出馬し当選を果たした。無所属として活動する川勝氏だが、一般的には野党側の同調者としてしられている。

    杉本基久雄

    姓: 杉本(すぎもと) 名: 基久雄(きくお) 政党:無所属 職種: 牧之原市長 IRへの意見: 賛成派 紹介: 杉本氏は地元の役所でキャリアを過ごし、2013年には牧之原市副市長に就任した。4年後の2017年に市長選に出馬し当選を果たした。

    Related Articles

    牧之原市長、現地民のIR誘致支持を主張

    牧之原市長の杉本基久雄氏は、IR誘致の事情を説明したところで大寄地区付近の住民から反対の声がなかったと市議会に伝えた。

    静岡市、IR招致の可能性が消える

    静岡市の日本平にIRが誘致される可能性が提案されてからわずかの6週間で泡と消えた。IR誘致を推していた天野進吾氏は、7日の市長選で落選。

    牧之原市がIR計画を前進させる

    静岡県牧之原市はIR招致に向けて準備を積極的に進めている。最新のイニシアチブでは、IRに懐疑的な地元住民を対象とした説明会を開催している。

    牧之原市長、IR誘致の候補地を指定

    牧之原市の杉本基久雄市長は、大寄地区にある160ヘクタールの山林をIR誘致の候補地に指定した。

    牧之原市長、IR誘致を支持

    牧之原市の杉本基久雄市長は、1月31日の定例記者会見で地元の企業団が提案IR誘致を支持することを表明し、静岡県の小さな市がIR誘致競争への参加を確認した。

    静岡県牧之原市、IR誘致の可能性

    メディアの目の届かないところで、人口4万4000人の沿海地方の静岡県牧之原市が近い将来にIR誘致競争に参加する兆候がみられている。
    シェア