シーザーズ・エンターテインメント

    Website: https://www.caesars.co.jp/

    シーザーズ・エンターテインメントの事業規模は非常に大きく、収益においては世界最大のIRオペレーターの1つに数えられる。シーザーズは50を超える施設を5ヵ国にわたり現在運営しており、韓国を含む3ヵ国で新たなIR施設を開発中である。シーザーズは最高峰のホスピタリティ、幅広い製品ポートフォリオ、最先端技術を活用したエンターテインメントを提供するとともに、世界中で5000万人以上の会員を擁するトータルリワードプログラムの強みを活用し、顧客ロイヤリティを構築することに注力している。IR業界最大のライブエンターテインメントプロモーターであり、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、バックストリート・ボーイズを筆頭に置く世界のスーパースターによる年間1万以上のライブショーを開催している。また、プロブレム・ギャンブリングの特定、防止、改善といった一貫性のある政策策定においても先導的な取り組みを行っている。

    シーザーズの起源は、1937年にオープンしたネバダ州リノのビンゴ・パーラーにまで遡るが、現在の会社は1990年に創設されている。2015年1月に米国にて破産保護を申請したが、今は強い財務基盤をもつ。

    シーザーズ・エンターテインメントは、大都市と地方都市の両市場への投資を検討し、積極的に日本のIR市場への参入を検討している。 シーザーズが展開するユニークなレジャーの形を日本へと紹介するため、世界のエンターテインメントリーダーの一つとしての地位を活用し、日本国内におけるプレゼンスの拡大を狙っている。

    People

    Hunt, James

    姓: Hunt(ハント) 名: James(ジェームス) 職種: 会長 紹介: ハント氏は、2017年にシーザーズ・エンターテインメントの会長に就任した。豊富な企業管理の経験を持つ会計士であり、2003年から2012年まではワルト・ディズニー・パークス&リゾーツ・ワールドワイドの最高財務責任者と執行副社長を務めていた。ゲーミング業界での役職はこれが初めて。

    Rodio, Anthony

    姓: Rodio(ロディオ) 名: Anthony(アンソニー) 職種: 最高経営責任者 紹介: ゲーミング業界で数十年の経験を持つロディオ氏は、2011年から2018年までトロピカーナ・エンターテインメント(Tropicana Entertainment)の社長兼最高経営責任者を務めた。アフィニティ・ゲーミングのCEOに就任した後、2019年4月、筆頭株主のカール・アイカーン氏(Carl Icahn)の後押しでシーザーズ・エンターテインメントの最高経営責任者に就任した。

    Hession, Eric

    姓: Hession(ヘッシン) 名: Eric(エリック) 職種: エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高財務責任者 紹介: ヘッシン氏は、マーク・アンド・カンパニー社(Merck and Company)で数年勤務した後、2002年にシーザーズ・エンターテインメントに入社した。 2015年に現職に就く以前はシーザーズの不動産事業と企業金融の両部門で勤務していた。

    Jones Blackhurst, Jan

    姓: Jones Blackhurst(ジョーンズ・ブラックハースト) 名: Jan(ジャン) 職種: 執行副社長(公共政策と企業責任) 紹介: ジョーンズ・ブラックハースト氏は1991年よりラスベガス市長を2期にわたって務め、1999年にシーザーズ・エンターテインメントに入社した。同氏は、シーザーズ・エンターテインメントを企業倫理と責任あるゲームゲーミングの先駆者にすることに尽力した。ジョーンズ・ブラックハースト氏はまた、雇用の多様性を強調し、企業内における少数民族や女性の地位を確立した。

    Tight, Steven

    姓: Tight(タイト) 名: Steven(スティーブン) 職種: 国際開発社長 紹介: 不動産開発やホテル開発の経験をもつタイト氏は、2011年6月にシーザーズ・エンターテインメントに入社。日本でのキャンペーンをはじめとした海外展開の指揮を執る。

    Shen, William

    姓: Shen(シェン) 名: William(ウィリアム) 職種: 日本社長兼代表執行役員 紹介: 2006年にシーザーズに入社して以来、シェン氏はアジアを中心とした同社の国際開発プロジェクトに携わってきた経験を持つ。 2011年以降は、ライセンス獲得とシーザーズ・コリアの開発を担当し、2017年には日本オフィスを統括する座に就いている。

    渡邉雄介

    姓: 渡邉(わたなべ) 名: 雄介(ゆうすけ) 職種: 日本開発責任者 紹介: 渡邉氏は東京三菱UFJ(現三菱UFJ銀行)、JPモルガン、モルガン・スタンレーといった金融業界でのキャリアを持つ。2017年8月には、日本へのIR導入の追い風となるべく、シーザーズ・エンターテインメントのアジア事業開発バイスプレジデント・日本事業開発責任者として就任した。

    西村健吾

    姓: 西村(にしむら) 名: 健吾(けんご) 職種: 日本政務・CSR責任者 紹介: 西村氏は官僚としてキャリアを始め、観光政策などに携わった。その後は民間企業に移り、アクセンチュアとデロイトを経て2018年8月にはシーザーズ・エンターテインメント・ジャパンの日本政務・CSR責任者に就任した。

    Icahn, Carl

    姓: Icahn(アイカーン) 名: Carl(カール) 職種: 大株主 紹介: ニューヨーク市で生まれ、株式仲買人から始まり、世界有数の企業乗っ取り屋と物言う株主として知られるようになった。多くの成功を手にし、億万長者になった。幅広く活動しているアイカーン氏だが、ゲーミング業界には特に大きな投資をしてきた。

    Frissora, Mark

    姓: Frissora(フリッソーラ) 名: Mark(マーク) 職種: 前社長兼最高経営責任者 紹介: フリッソーラは2015年にシーザーズの社長兼最高経営責任者に就任するまではゲーミング以外のビジネス幹部だった。過去にはテネコ(Tenneco)やハーツ・グローバル・インターナショナル(Hertz Global International)を牽引した。また、日本企業との事業提携経験をもっている数少ないIR業界の最高経営責任者。フリッソーラ氏は2019年4月に社長兼最高経営責任者から退任した。

    Related Articles

    シーザーズ、誠実さに賭ける

    多くの国際的IRオペレーターが3つあるライセンスを競い合う中で、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)は「最高位の誠実さ」にコミットしていることが競争で優位に立てる鍵であると信じている。

    シーザーズ、新CEO就任後は収益増

    アメリカを本拠に置くシーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)は、ラスベガスのゲーミング事業とセンタール社(Centaur)の買収に加えて、運営効率の向上などの要素により、2019年第一四半期の収益およびEBITDAR(金利・税金・償却・賃借費前利益)が成長した。

    シーザーズ、新CEOにアンソニー・ロディオ任命へ

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)はマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)の後任にアンソニー・ロディオ氏(Anthony Rodio)を任命すると発表した。


    ジーザスとエルドラード、合併の交渉へ

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)とエルドラード・リゾーツ(Eldorado Resorts)は合併をめぐって予備交渉を開始したとロイター通信が報道した。

    バーンスタイン:シーザーズを現金による買収が出来るのはサンズのみ

    月曜日にシーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)の株式保有率を再び引き上げた活動家・投資家のカール・アイカーン氏(Carl Icahn)は、シーザーズの買収を目指すことが見込まれているが、現金による買収が出来るような資金を所有しているのがラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)のみだとバーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)が断言した。

    日経、札幌市でIRセミナーを開催

    日本経済新聞は5日、北海道札幌市で第2回IRセミナーを開催した。367名が出席。

    IRにおけるMICEの役割がテーマのイベントに国会議員も参加

    日本IR協会(Japan IR Association)は5日、MICE施設が日本のIRで果たすべき役割を焦点を当てたイベントを国会議事堂内で開催した。

    アイカーン氏、シーザーズ取締役会の3席を確保

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)は先週、カール・アイカーン氏(Carl Icahn)が同社取締役3人を任命することで合意した。これにより4月末に予定されている現CEOのマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)の退任後、大きく方向性が変わることが予想される。

    堅調な決算結果もシーザーズのプレッシャーは増す

    先週21日、予想以上に良い結果を決算報告で発表したシーザーズ・エンターテインメントだが、同社の筆頭株主であるキャニオン・パートナーズ(Canyon Partners)がシーザーズの売却を求める投資家カール・アイカーン氏(Carl Icahn)との同意を公表し、シーザーズの将来についての憶測を静める効果はなかった。

    シーザーズ・エンターテインメントが岐路に立つ


    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)の株式を約10%所有するカール・アイカーン氏(Carl Icahn)が同社の指導部に対する信頼喪失を示し、会社の売却を促しているとウォール・ストリート・ジャーナル紙(Wall Street Journal)が報道したことにより、シーザーズの将来の方向性が更に見えなくなってきた。


    北海道IRショーケースで事業者と地域社会を繋ぐ

    北海道IRショーケースが札幌市内のアクセスサッポロで先週開催され、カジノ事業者7社および日本の企業や団体などが多数が参加した北海道での初のIR展示会となった。

    シーザーズ、最高経営責任者の辞任が延期へ

    米国カジノオペレーターのシーザーズ・エンターテインメントは、辞任を発表した最高経営責任者のマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)が2019年4月まで辞任を延期するよう、同氏と新たな契約を結んだことが明らかになった。

    シーザーズ、NFLとパートナーシップへ

    1月3日に、シーザーズ・エンターテインメントとナショナル・フットボール・リーグ(NFL)が多面的なパートナーシップの締結を発表した。これは、最近のMGMリゾーツとメジャーリーグベースボール(MLB)のパートナーシップと同様に、2018年5月にスポーツベットが米国最高裁判所の裁決によって合法化されたことに対するゲーミング業界の反応と言えるでしょう。

    米国カジノオペレーター、アジア成長に依存

    米国の4大カジノオペレーターのうちの3社が、これから5年間マカオに成長エンジンとして依存し続けるとバーンスタイン社(Bernstein)が語った。該当する3社は、ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)、そして2社より依存度の程度は低いとされながらMGMリゾーツ(MGM Resorts)である。

    日経IRフォーラム、大勢を引き付ける

    東京で開催された日本経済新聞のIRフォーラムには過度の申請により参加を却下されてしまった多くの参加希望者をよそに600人以上のゲストが集まった。先週の水曜日に終日行われたこの活動的なイベントには政府職員やIR運営者、また分析家等が集まった。

    ラスベガスが本拠地のオペレーターら、2018年第3四半期好業績を発表

    日本でのIRライセンス取得を狙うラスベガスに本拠地を置くオペレーターら4社は、7月から9月の間に好調な業績を記録した。

    シーザーズ、来年2月にフリッソーラ社長の辞任

    シーザーズ・エンターテインメントのマーク・ フリッソーラ(Mark Frissora)社長兼最高経営責任者は、2019年2月8日付けで同社からの辞任を発表した。同社は今後数カ月間、人材サーチ会社と協力し、 フリッソーラ氏の後継者を選定すると述べた。

    IRオペレーター選抜と日米同盟

    日本IR免許獲得を狙うハードロックによるアド・マチダ氏(Ado Machida)の選抜はすでに明らかになっている一部の米国オペレーターがワシントンと東京の軍事および安全保障の関係を公然とした方法で活用しようとしているという傾向を強調することとなった。

    シーザーズ・エンターテインメント、合併提案を拒否する方向へ

    シーザーズ・エンターテインメントは、ゴールデン・ナゲット・カジノ(Golden Nugget Casino)のオーナーであるティルマン・フェルティッタ氏(Tillman Fertitta)が持ちかけたこれら2社の合併の提案を拒否すると見られていると、ニューヨーク・ポスト(New York Post)紙は複数の情報筋からの話として伝えている。

    苫小牧IRレース、残るはオペレーター6社

    苫小牧市とのパートナーシップを組むための競争は現在シーザーズ、ハードロック、モヒガン、ラッシュ・ストリート、クレアベスト、フォックスウッズの6社に絞られている模様。

    玉城氏勝利で沖縄IR入札の可能性断たれる

    オール沖縄知事候補の玉城デニー氏の勝利により、沖縄のIR主催をめぐる競争参加への道が完全に断たれる可能性が出てきている。

    シーザーズ、日本との100年パートナーシップを提案


    シーザーズ・エンターテインメントは水曜日に東京で行われた記者会見にて「100年パートナーfor Japan」キャンペーンを発表し、最近での現地のIR活動の進展についていくつかの重大発表を行った。

    IRオペレーター、苫小牧ビジネスリーダーらに売り込み

    複数の国際IRオペレーターが苫小牧商工会議所のメンバーらと会い、入札についての話し合いの場を設けている模様。

    週間文春、シーザーズが政治家に「脱法献金」

    日本最大級の週刊誌である週間文春はシーザーズ・エンターテイメントが日本の政治家に賄賂を贈ったと主張しているが、シーザーズはこれを容認された法的な慣行であると反論。

    セリーヌ・ディオン 東京でシーザーズIRキャンペーン公演

    来月に行われるとされるIR実施法案の通過に際し、3つのIRライセンスの一つを獲得するべくシーザーズ・エンターテインメントはキャンペーンの一環として6月26日にカナダ出身のポップ歌手、セリーヌ・ディオンによる完売となった2時間に及ぶ公演を約12年ぶりに東京で行った。

    シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

    シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。

    シーザーズ、リゾートライセンス供与とブランド機会を提案

    シーザーズ・エンターテインメントは海外で、シーザーズ・パレス(Caesars Palace)、フラミンゴ(Flamingo)、ザ・クロムウェル(The Cromwell)、ザ・リンク(The LINQ)のブランドのライセンス供与を実施する計画を発表している。

    シーザーズ:ライセンス取得へMICEとエンターテイメントが最大の武器

    シーザーズ・エンターテインメントの日本と韓国のマネージング・ディレクター、ウィリアム・シェン氏(William Shen)は、MICE施設とエンターテインメントの経験を活かし、日本でのカジノライセンス取得へ期待している。

    中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

    ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

    シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

    シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。
    シェア