グループ・バリエール

    Website: https://www.hotelsbarriere.com/

    グループ・バリエール(Groupe Barrière)は、フランス、スイスといったヨーロッパ各地、およびアフリカの一帯でカジノ運営を行っている。 同グループは高級ホテル、ケータリング、レジャー業界でも活躍を見せている。 本グループは1912年にフランソワ・アンドレによって創設され、その後ルシアン・バリエールの指導のもと成長し、現在ではフランスとスイスのカジノ市場の筆頭である。 同グループはカジノ業界のほか、食品業界や飲料業界でも名を馳せている。 バリエールは現在、合計30のカジノ施設、約20の高級ホテル、120のレストラン・バーを擁しており、その中には有名なフーケ(パリ)も含まれている。

    ルシアン・バリエール・グループの開発部は、2014年から月に1回のペースで、足しげく日本を訪れ始めている。日本の小規模都市IRへの入札の可能性を示唆している。 同グループは、ギャンブル以外のレジャー施設にも力を入れるいわゆる「ヨーロッパ式IR」を日本へ輸出することを目論んでいる。 本宮グループが日本でIRライセンスを獲得した場合、スエズ運河の東にある唯一の不動産資産を所有することになる。

    People

    Desseigne, Dominique

    姓: Desseigne(ドゥセーニュ) 名: Dominique(ドミニク) 職種: 会長兼最高経営責任者 紹介: ドゥセーニュ氏は、1984年にグループ・ルシアン・バリエールの相続人であった妻と結婚した公証人で、妻が亡くなった年である2001年以来同社を経営している。

    Strock, Jonathan

    姓: Strock(ストロック) 名: Jonathan(ジョナサン) 職種: カジノ開発ディレクター 紹介: 2013年末にバリエールのカジノ開発ディレクターに就任したストロック氏は、ゲーミング業界での数十年以上の経験を持ち、カジノ・カリール・ルエのゼネラルマネジャー、バリエールが抱える40軒以上のカジノスロットマシンのマネージャーを歴任している。

    Desseigne-Barrière, Alexandre

    姓: Desseigne-Barrière(ドゥセーニュ・バリエール) 名: Alexandre(アレクサンドラ) 職種: ホテルおよびF&B担当執行副社長 紹介: ドミニク・ドゥセーニュとダイアン・バリエールの息子で。バリエール・グループ会長の後継者としてみられる。同社の幹部として2014年に加わり、2019年にはホテルおよびF&B担当執行副社長に就任した。

    Related Articles

    サンシティ、和歌山IR入札への関心を再主張

    サンシティ・グループ(Suncity Group)業務執行取締役の歐中安氏(John Au Chung On)は、26日に行われたシンポジウムにて同社が日本におけるIR誘致をする予定であり、焦点の的が和歌山であることをはっきりと伝えた。

    サンシティが日本IR競争に参加

    マカオのジャンケット事業者の大手として知られているサンシティ・グループ(Suncity Group)は、8月に和歌山で開催されるシンポジュウムに業務執行取締役を参加させることにより日本のIR市場に対する関心を大いに示した。

    バリエール、和歌山に主眼を置く

    5月14日にグループ・バリエール(Groupe Barrière)は和歌山にコミットしたことを3つの行動で再主張した:唯一の日本事務所を和歌山で開いたこと、オフィシャル・ブランド・アンバサダーのジャン・レノ氏(Jean Reno)を和歌山に招待したこと、そして仁坂吉伸知事と面会をしたこと。

    バリエール、 和歌山にジャン・レノを招待

    和歌山県とIRの共同入札を目指すグループ・バリエール(Groupe Barrière)は、オフィシャル・ブランド・アンバサダーとしてジャン・レノ氏(Jean Reno)をマリーナシティに招待することが分かった。

    和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

    2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。
    Wakayama Seminar

    和歌山IRビジネス構築セミナーが定員に達する

    来週19日に開催される和歌山IRビジネス構築セミナーの参加者登録が定員に達し、和歌山県や関西地域から200社以上の参加が見込まれる。

    カジノ・オーストリア・インターナショナル、日本IR競争に参戦

    カジノ・オーストリア・インターナショナル(CAI)は17社目の国際IRオペレーター、また2社のヨーロッパに本拠地を置く企業として日本における3つのIRライセンスのうちの1つの獲得を目指し、突如IR競争に参戦した。

    バリエール、日本支店開設の準備進める

    バリエール・グループは来月以内にIRライセンス入札のための具体的な手段として日本での支店を合法的に設立する予定。

    バリエール「お誂え」IRに重点


    グループ・バリエール(Groupe Barrière)の代表らはAGB Nipponとの独占インタビューにて日本内でヨーロッパ風のIR構築のコンセプトを具体化させる際、その特定の場所に合わせて「誂える」という考え方が重要な要素であると語った。

    カジノの入場料は今だ争点

    有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。
    シェア