ラスベガス・サンズ

    Website: http://sandsjapan.com/

    1988年に創立したラスベガス・サンズは、ラスベガス、マカオ、シンガポールをはじめとした多くの観光地において統合型リゾートを運営している。 同社はコンベンションをベースとしたマーケティング戦略を行っているため、オン・シーズンにはレジャー目的の旅行者を、オフ・シーズンにはビジネスを目的とした旅行者をターゲットにしている。 アメリカ国内には、ベネチアンとザ・パラッツォという2つの統合型リゾートを運営している。 アジアでは、マカオではベネチアン・マカオ、サンズ・マカオ、ザ・プラザ・マカオ、サンズコタイセントラル、セントレジスマカオ、パリジアン・マカオなど、多くの統合型リゾートを運営している。 サンズはアジア市場内で、2004年といった早い段階でマカオにサンズ・マカオをオープンさせており、先導者ともいえるだろう。2010年にオープンしたマリーナベイサンズは、シンガポール最大のアジア最大の象徴的ホテルとしてあまりに有名である。

    ラスベガス・サンズは、日本国内におけるマリーナベイ・サンズ(シンガポール)のイメージから受ける影響より、日本大都市圏におけるIRライセンスを得る最有力候補として広く認識されている。

    People

    Adelson, Sheldon

    姓: Adelson(アデルソン) 名: Sheldon(シェルドン) 職種: 会長兼最高経営責任者 紹介: アデルソン氏はラスベガス・サンズの創設者であり、現在は会長兼最高責任者務めており、ゲーミング業界で最も強力な力を持つ人間といえよう。 同氏はMICEを基盤としたIR発展モデルの形成に対し大きな貢献を残している。また、同氏はは億万長者としても知られ、政治運動等に多額の資金を寄付している。

    Goldstein, Robert

    姓: Goldstein(ゴールドスティーン) 名: Robert(ロバート) 職種: 社長兼最高執行責任者 紹介: ゴールドスティーン氏は1995年にラスベガス・サンズに入社し、2015年に現在の役職に達するまでは経営幹部を務めていた。彼は同社内におけるゲームオペレーションの豊富な経験を持ち、ラスベガスのヴェネチアンは彼が最も関与したプロジェクトである。

    Tanasijevich, George

    姓: Tanasijevich(タナシェビッチ) 名: George(ジョージ) 職種: ラスベガス・サンズのグローバル開発責任者、 マリーナベイ・サンズ社長兼最高経営責任者 紹介: タナシェビッチ氏は2011年より、マリーナベイ・サンズの社長兼CEOおよびラスベガス・サンズのグローバル開発担当マネージングディレクターを務めている。以前には、キャピタランド(シンガポール)やゼネラル・グロース・プロパティ(アメリカ)での職務経験を持つ。 タナシェビッチ氏は現在シンガポールに拠点を置いているが、ラスベガス・サンズの日本市場でのライセンス取得の指揮を執っている。

    Dumont, Patrick

    姓: Dumont(デュモン) 名: Patrick(パトリック) 職種: 執行副社長兼最高財務責任者 紹介: デゥモン氏はミラーバックファイア(Miller Buckfire)やベアスターンズ(Bear Stearns)などの企業で投資銀行業務を始め、2010年にラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)に入社した。2016年に同社の最高財務責任者(CFO)に任命され、また取締役会に就任した。また、デゥモン氏がアデルソン会長兼最高経営責任者の義理の息子です。

    Related Articles

    サンズ、焦点を当てるのが関東か関西か

    日本で最大級のIRを開発したいと主張するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、大阪に焦点を当てるべきか、東京や横浜が有力な候補地として出てくるのを待つべきか迷っている模様。

    バーンスタイン:シーザーズを現金による買収が出来るのはサンズのみ

    月曜日にシーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)の株式保有率を再び引き上げた活動家・投資家のカール・アイカーン氏(Carl Icahn)は、シーザーズの買収を目指すことが見込まれているが、現金による買収が出来るような資金を所有しているのがラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)のみだとバーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)が断言した。

    シェルドン・アデルソン、癌と闘う

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

    サンズ・チャイナ、2018年に訪問者数・ゲーミング成長が見られる

    サンズ・チャイナ(Sands China)2018年の収益が19億米ドル(約2100億円)の17%増となったことを報告した。マカオのゲーミング市場で訪問者数と全体的な成長が好調だったことが要因とされ、サンズ・チャイナ会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)はマカオの各セグメントで成長が見られたと語っている。

    サンズのタナシェビッチ氏: 大阪企業と共同入札を計画

    ここ数ヶ月、日本での活動を控えめに行っているラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、20日にグローバル開発責任者のジョージ・タナシェビッチ氏(George Tanasijevich)が大阪で開催されたセミナーに登壇し産経新聞のインタビューに応じるなど再び注目を浴びている。

    サンズ・チャイナの刺傷事件

    マカオの警察は、サンズ・チャイナ(Sands China)のコンラッド・ホテル(Conrad Hotel)で中国本土からの41歳の男性が殺害された刺傷事件の捜査を開始した。

    ラスベガス・サンズ、2018年Q4が予想を下回る

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、2018年のQ4にて期待に沿えない実績を報告し、株価を急落させた。純収益が2.5%増の34億8000万米ドル(約3812億円)となり、ウォールストリートの予想を下回る結果となった。

    オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

    実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

    アトランティック・シティー、ノン・ゲーミング収益がより一層重要となる

    ニュージャージー州のアトランティックシティーは、ラスベガスの「ノン・ゲーミング収益モデル」を将来の成功の鍵とみているとプレス・オブ・アトランティックシティー紙(Press of Atlantic City)の記事で書かれていた。この発展は日本の統合型リゾートの未来にも大きな影響を与える。

    サンズのゴールドスティーン、大阪府知事松井と会談

    ラスベガス・サンズの社長兼最高執行責任者であるロバート・ゴールドスティーン氏(Robert Goldstein)率いる上級幹部チームは、大阪での2025年の万国博覧開催が決定したことにより松井一郎知事および吉村洋文市長と会談を行った。
    Sands China Key Driver

    サンズ・チャイナ、ラスベガス・サンズを牽引

    バーンスタイン・リサーチの詳細分析によると、マス市場の規模が大きくなるにつれて利益を得るサンズ・チャイナは、これから数年間ラスベガス・サンズを牽引する可能性が高い模様。

    米国カジノオペレーター、アジア成長に依存

    米国の4大カジノオペレーターのうちの3社が、これから5年間マカオに成長エンジンとして依存し続けるとバーンスタイン社(Bernstein)が語った。該当する3社は、ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)、そして2社より依存度の程度は低いとされながらMGMリゾーツ(MGM Resorts)である。

    大阪万博へ向けて進みだす夢洲開発

    2025年の万国博覧会(万博)の開催が決定し、今は平凡な大阪湾の夢洲を国際的な中心街へ発展させる野心的な展望が現実味を帯びてきた。

    ラスベガスが本拠地のオペレーターら、2018年第3四半期好業績を発表

    日本でのIRライセンス取得を狙うラスベガスに本拠地を置くオペレーターら4社は、7月から9月の間に好調な業績を記録した。

    マカオのカジノオペレーター、米中関係の影響は

    大手のリスクコンサルタント会社によると、中国と米国の長期的関係の移行が進行中であり、2つの経済大国が異なる方向性の道を描いており、この変化がマカオのカジノ運営者に大きな影響を及ぼす可能性がある。

    サンズ・チャイナ、2018年第3四半期に収益が13%上昇する

    マカオでザ・ベネチアン(The Venetian)、ザ・パリジャン(Parisian)、ならびにサンズ・コタイ・セントラル(Sands Cotai Central)という統合型リゾートを運営するサンズ・チャイナ(Sands China)は、第3四半期の業績を申告した。その内容は、ゲーミングハブに関して市場で抱かれている予想と、長期的な見通しへの信頼感に沿うものだった。

    香港、珠海、マカオを繋ぐ橋が遂に開通、オペレーターも歓迎

    マカオのいくつかのオペレーターは水曜日、香港、マカオ、そして珠海(チューハイ)を結ぶ新しい橋をめぐる初めてのツアーを行った。この橋の誕生により、カジノ施設の主要拠点であるマカオへのアクセス性が飛躍的に高まると見込まれている。

    IRオペレーター選抜と日米同盟

    日本IR免許獲得を狙うハードロックによるアド・マチダ氏(Ado Machida)の選抜はすでに明らかになっている一部の米国オペレーターがワシントンと東京の軍事および安全保障の関係を公然とした方法で活用しようとしているという傾向を強調することとなった。

    プロパブリカ記事、アデルソン氏・トランプ氏・安倍氏らの関係に注目集める

    すでに知られていることではあったが、今週発表された日本のカジノライセンスの一つにラスベガス・サンズを選ぶよう2017年2月にトランプ大統領が安倍晋三首相に助言したことについて触れているプロパブリカの記事が国内外両方のメディアに広まっており、今まで以上に厳しい詮索の対象となっている。 

    企業の社会的責任に磨きをかけるマカオのIR

    メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)とサンズ・チャイナ(Sands China)は水曜日に、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility = CSR)を果たす努力をアピールし、マカオの統合型リゾート(IR)各社はコミュニティに回帰するとの自社の強い誓いを熱心に訴えている。

    サンズ・チャイナの従業員、ギャンブル依存症研修を受講

    サンズ・チャイナ(Sands China)が毎年開催している「責任あるギャンブル」に関する高度な研修プログラムに約100人の従業員が参加した。

    マカオの台風被害、復旧にスタッフを投入するカジノ経営者たち

    台風22号(マンクット = Mangkhut)は週末にかけてマカオも襲い、これにより2002年にカジノ経営権が与えられて以来初めて、数々のカジノが閉店を余儀なくされた。台風一過、マカオの街を台風の爪痕から復旧することに貢献しようと、マカオのカジノ経営者たちはスタッフを総動員させている。

    IR、外国人労働者の必要性ありか


    2020年代半ば開催予定の日本IRの影響の一つとして、日本政府へのさらなる外国人労働者の駐在受け入れ強制が挙げられると産経新聞が指摘した。

    サンズ、東京と大阪のビジネスパートナーに敬意を表す

    今週サンズ・マカオは日本のビジネスパートナー、特に日本人観光客をザ・ベネチアンやザ・パリジャンなどサンズ経営の施設へと導いてくれる旅行会社や他企業に敬意を表すべく、東京と大阪にてイベントを開催している。

    日本カジノスクール、記者らにIR教育

    日本カジノスクールはマリーナベイ・サンズの協力のもと、IR産業発展が日本に何をもたらすか理解を深めることを目的に、東京にて水曜日に約15人の記者相手にセミナーを開催。

    カジノオペレーターは法案成立を歓迎

    米国の大手オペレーターの2社が、金曜日のIR実施法成立直後にプレスリリースを発表した。

    サンズ、ローカルサポートプログラムを強調

    サンズ・チャイナ(Sands China)は、中小企業2社の事業説明ロードショーを開催し、マカオの地元ビジネスコミュニティに対する支援を強調した。

    サンズ、大阪万博入札の公式パートナーに


    ラスベガス・サンズは水面下にて5番目の国際IRオペレーターとなり、大阪市夢州にて開催される2025年世界博覧会の主催者となるべく幅を利かせようとしている模様。

    トランプIR陰謀説

    毎日の利用者が約160万人といわれる駅構内のキヨスクにて売られる日刊ゲンダイが夕刊を通して最近ドナルド・トランプ大統領と日本IRの設立が国家の政治論争に一定の影響力を及ぼしたとされる陰謀説を唱えた。

    マカオのベネチアンがエコの最高賞を受賞

    ラスベガス・サンズのベネチアン(The Venetian Macau)は、グリーンホテル・プラチナ賞を受賞し、マカオで初めて最高峰の賞を受賞した。

    マーキーナイトクラブ、マリーナベイ・サンズでアジアデビュー

    ナイトクラブの有名ブランドであるマーキー(Marquee)は、ナイトライフの目的地としてリゾートを盛り上げるための新しいイニシアチブとして、シンガポールのマリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)でアジアでデビューします。

    塩川氏 アメリカのIR法案への影響に不満

    日本共産党7期目の衆議院議員塩川鉄也氏は日本政府が強力なアメリカ人実業家らに有利になるようIR実施法案の形を変えたと繰り返し主張し、不満をあらわにしている。

    サンズ、メルコ、ギャラクシー、プレミアム市場の上昇から最大の恩恵

    バーンスタイン・リサーチ社(Bernstein Research)の調査によると、マカオのゲーミング事業者であるサンズ、メルコ、ギャラクシーは、中国のプレミアム市場の台頭の恩恵を最大限に受けるポジションに位置している。
    シェア