SJMホールディングス

    Website: http://www.sjmholdings.com/en

    SJMホールディングスは1962年から2002年までの間マカオのカジノギャンブルを独占していた企業帝国と同類であり、旗艦店であるグランド・リスボア・ホテル(Grand Lisboa Hotel)をはじめとしたその他の多くの事業を通して大企業としての地位を維持し続けています。中心人物はスタンリー・ホー氏(Stanley Ho)ですが現在はかなり老齢であり、健康状態がいいとは言えません。SJMはマカオではどの競合他社よりも深く根をのばしていますが、かつて独占権を握っていた企業にしては他の市場への進出には積極的ではなかったようです。

    SJMは日本市場にも関心を見せておりプレゼンテーションも行ってきましたが、積極的にIRライセンス入札を行う意向があるかどうかは不明です。

    People

    Ho, Pansy

    姓: Ho(ホー) 名: Pansy(パンジー) 職種: 筆頭株主 紹介: SJMホールディングスの創設者で、数十年もの間マカオのカジノ事業を独占していたスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)の娘。デイジー・ホー氏(Daisy Ho)とローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は同父母の兄妹にあたる。スタンレー・ホー氏の子孫の中では特に影響力を持つ権力者あり、父親の後継者になる可能性もある。シュンタク・ホールディングス(Shun Tak Holdings)、STDMおよびMGMマカオでは重役を務め、SJMホールディングスの支配権も狙っている。過去には組織犯罪との関与を疑われた経歴がある。

    Leong, Angela

    姓: Leong(リョン) 名: Angela(アンジェラ) 職種: 共同会長兼エグゼクティブ・ダイレクター 紹介: アンジェラ・リョン氏はSJMホールディングスの創設者スタンレー・ホー氏の4人目で最後の妻。同社では影響力の高い人物として知られ、パンジー・ホー氏の権力争いのライバルとなっている。SJMの共同会長兼エグゼクティブダイレクターを務め、同社の大株主であり、さらにマカオの立法審議会にも選出されている。

    Ho, Daisy

    姓: Ho(ホー) 名: Daisy(デイジー) 職種: 会長兼執行取締役 紹介: SJMホールディングス創業者であり、マカオでのギャンブル・カジノの独占権を数十年間保有していたスタンレー・ホー氏の娘である。デイジー氏は父の引退に伴い、2018年6月より同社の指揮を執っている。 彼女はまた、メルコリゾーツ&エンターテインメントの会長兼CEOであるローレンス・ホー氏の姉である。

    So, Ambrose

    姓: So(ソー) 名: Ambrose(アンブローズ) 職種: 副会長兼最高経営責任者 紹介: ソー氏は1976年にマカオのカジノ王スタンレー・ホーの下でゲーミング業界に入った。ホー氏の容態が悪化し始めた2009年、ソー氏はSJMの主要人物になり、戦略や管理などを総括するようになった。

    Ho, Arnaldo

    姓: Ho(ホー) 名: Arnaldo(アーナルド) 職種: 最高執行役員補佐 紹介: カジノ王スタンレー・ホー(Stanley Ho)とアンジェラ・リョン(Angela Leong)の息子であるアーナルドは、若さに関わらず大きな役割を与えられ、SJMホールディングスの国際的な顔として多くのプロジェクトに関わりを持っている。日本においてのIR競争でもSJMの代表としても活動している。

    Ho, Stanley

    姓: Ho(ホー) 名: Stanley(スタンリー) 職種: 名誉会長 紹介: 香港の何東族に生まれたスタンレー・ホー氏は、1962年にマカオのギャンブル事業の独占権を獲得し、その後40年間はホー一家が独占し続けた。2002年にギャンブル事業を競合他社に開けたが、ホー氏率いるSJM社は大手として君臨し続けた。近年はコタイ島に施設を建てるのがライバルより遅れたことにより市場シェアが減少傾向にある。2018年には96歳にして事業から引退した。娘のパンジー、デイジーや息子のローレンスなど子供たちがマカオの主要人物に育っている。

    Related Articles

    SJMゲーミング売上が減少、リスボア・パレスのオープンが先送りへ

    SJMホールディングスは凶報に接し、2019年1月~6月期におけるゲーミング売上がわずかに減少したことにより、コタイにあるグランド・リスボア・パレス(Grand Lisboa Palace)の完成予定が再び先送りとなった。

    マカオのトップIR事業者、合計10万8000人を雇用

    マカオ・ビジネス誌の調査によると、マカオの6大IR事業者は2018年の時点で10万8000人以上の雇用の直接生み出していることが分かった。

    SJM、日本のIRライセンス、すべての可能性を視野に

    SJMホールディングス(SJM Holdings)最高執行役員補佐のアーナルド・ホー氏(Arnaldo Ho)が日本におけるIRライセンスの取得に関して「すべての可能性を視野に入れている」とメディアに語ったことを報道した。

    デイジー・ホー:粤港澳大湾区計画がマカオにとってチャンスとなる

    火曜日に開催されたG2Eアジアの開会の辞を述べたSJMホールディングス(SJM Holdings)の会長兼執行取締役のデイジー・ホー氏(Daisy Ho)は、中国の粤港澳大湾区計画に大きな役目を果たすマカオの前途が明るいと語った。

    G2Eアジア2019の年カンファレンス・プログラムが発表

    グローバル・ゲーミング・エキスポ・アジア(G2E Asia)は、5月21日から23日の間にベネチアン・マカオ(Venetian Macao)開催される2019年カンファレンス・プログラムを発表した。

    SJM、2019年1月~3月期に16.5%の増益

    SJMホールディングス(SJM Holdings)は、2019年の1月~3月期における収益がマス向け市場に牽引され16.5%増の8億5000万香港ドル(約120億円)となったことを報告した。

    モルガン・スタンレー、マカオIR市場に前向き

    モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)のアナリストは、マカオのインフラ改善とそのほかの要因に牽引され2022年末までに時価総額が倍になることも予想されているため、マカオのゲーミング業界に対して前向きな評価を述べた。

    SJMとMGMマカオ利権が2022年まで延長

    マカオ政府は15日、SJMとMGMのカジノ利権を2022年6月26日までの延長を発表した。両社の要望に応える形となった。

    SJMのリスボア・パレスが6月完成予定

    SJMホールディングスは、マカオのコタイ地区IRグランド・リスボア・パレス(Grand Lisboa Palace)が今年の前半中に建設を完了すると発表した。

    SJMの新IR、ライバルと異なるサービスで勝負

    SJMホールディングスのエグゼクティブ・ダイレクターであるアンジェラ・リョン氏(Angela Leong)は先週、同社がマカオのコタイ地区に参入する最後のマカオゲーミング事業者であることに関して地元メディアにコメントした。

    SJM取締役会の権力争いでパンジー・ホーが動く

    先週水曜日、フォク・ファウンデーション(Fok Foundation)、スタンレー・ホー氏(Stanley Ho)が所有するシュン・タク・ホールディングス(Shun Tak Holdings)、そしてパンジー・ホー氏(Pansy Ho)が所有する3つの企業との間で提携を結んだ。

    北海道IRショーケースで事業者と地域社会を繋ぐ

    北海道IRショーケースが札幌市内のアクセスサッポロで先週開催され、カジノ事業者7社および日本の企業や団体などが多数が参加した北海道での初のIR展示会となった。

    スタンレー・ホー氏の辞任、SJMの一つの時代が幕を閉じる

    ギャンブル王として有名なスタンレー・ホー氏(Stanley Ho)は、SJMホールディングスの会長を正式に辞任し、マカオのギャンブル業界における約60年のキャリアに終止符を打った。

    メルコとSJM、出産および育児への待遇を改善

    マカオでカジノを展開するメルコリゾーツ&エンターテインメントとSJMホールディングスは、従業員の出産および育児休暇への待遇を改善した。

    マカオのSJM、業績は上向きながら市場シェアは低下

    マカオのSJMホールディングスは予想を上回る第1四半期決算を記録したが、コタイ・ストリップへ顧客が流れていく傾向が続き、マカオ市場のシェアは引き続き低下した。

    SJMのグランド・リスボア・パレス、 開館日を2019年第1四半期に変更

    SJMは、マカオのコタイにあるグランド・リスボア・パレスの開業日を2019年第1四半期に延期したことを表明した。当初、このリゾートは2018年後半に建設を終了する予定でいたが、去年発生した火災と現場事故などにより延期は大方の予想どおりである。
    シェア