ソシエテ・デ・バン・ド・メール

    Website: http://www.montecarlosbm.com/resort-en-2/

    モナコ公国を筆頭株主とするソシエテ・デ・バン・ド・メール(Société des Bains de Mer = SBM)は、世界でもユニークな伝統を受け継いでいる。150年前に設立された同社は、モナコ公国でカジノにおける独占的権利を持ち、カジノ・デ・モンテカルロ(Casino de Monte-Carlo)、カジノ・カフェ・ド・パリ(Casino Café de Paris)、サン・カジノ(Sun Casino)、ベイ・カジノ(Bay Casino)を所有しながら運営している。 また、ヨーロッパのオンラインゲーミング業界の大手であるBEG及び、フランスにおいてトップレベルのオンライン・スポーツベッティング・サイト会社であるベットクリック(Betclic)それぞれの株式を50%ずつ所有している。 また、ギャラクシー・エンターテインメントは、2015年から同社の株式を5%所有している。

    SBM自体は日本のIRのライセンスを目指してはいないが、ギャラクシー・エンターテインメントの活動をサポートする役に徹している。このパートナーシップを活用し、日本のIRにヨーロッパ風のタッチを加える狙いがある。

    People

    Biamonti, Jean-Luc

    姓: Biamonti(ビアモンティ) 名: Jean-Luc(ジャン=リュック) 職種: 会長兼最高経営責任者 紹介: ジャン=リュック・ビアモンティは銀行業務を経て1985年にソシエテ・デ・バン・ド・メールに取締役として入社し、10年後に会長に就任。 2013年には会長兼CEOに就任している。

    Related Articles

    グレース・ケリー展示会でモナコとギャラクシーの関係が深まる

    日本のIRライセンス入札を目指しモナコのソシエテ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)と協業を結んだギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は、グレース・ケリーの人生を描いた美術・文化コラボレーションによりモナコ公国との文化的な繋がりを深めている。

    マカオのギャラクシー、IR施設内にフランスの有名ビストロがオープン

    ギャラクシー・エンターテイメント(Galaxy Entertainment)は、モナコのカジノ運営者であるソシエテ・デ・バン・ド・メール(Societe des Bains de Mer)との提携の一環として、フランスのビストロ・ブランドをギャラクシー・マカオ・リゾートに配置し、マカオの料理のレパートリーの開発を行っている。

    ギャラクシーIR入札に高級ソフトウェア追加

    ソシエテ・デ・バン・ド・メール(SBM)のマネージング・ディレクターも務めるジャンルイ・マシュレル氏はギャラクシー・エンターテインメントがなぜ選ばれたか理由を説明すると、アジアのパートナーとしては彼らが「最適」であるから、と述べた。

    ギャラクシーが日本の新体制を発表

    ギャラクシー・エンターテイメント・グループは9日に日本におけるIRリゾートのビジョンを発表した。同社のパートナーであるモンテカルロSBM(Monte-Carlo Société des Bains de Mer)と共に想像している日本のIRは、経済、市区町村、地元コミュニティに大きなインパクトを持つものとなるとアピールした。
    シェア