ユニバーサル・エンターテインメント

    Website: http://www.universal-777.com/en/

    ユニバーサル・エンターテインメントは、1979年から、主にパチンコ・パチスロ遊技機の企画から販売までを手掛けている。 ユニバーサル・エンターテインメントの創業者である岡田和生氏は、2000年代初頭にウィン・リゾートの創設にあたりスティーブ・ウィン氏とパートナーシップを締結した。しかし、2012年にはパートナーシップが決裂し、ウィン・リゾーツの岡田氏が所有していた株式を強制的に売却したほか、長きにわたる訴訟を行った。 これら一連の騒動は、岡田氏とウィン氏の両者が私的スキャンダルに巻き込まれた後、2018年初頭に最終的な決着を迎えた。富士本氏は、2017年より岡田氏に代わって会社の指揮をしている。

    ユニバーサルは、オカダマニラと共同で大規模なカジノリゾートの開発を経験している。 しかし、会長である岡田和生が抱える深刻な財政的または個人的スキャンダルが数多くあり、日本のIR市場においてこれらのスキャンダルががどのように影響するかは不明である。

    People

    富士本淳

    姓: 富士本(ふじもと) 名: 淳(じゅん) 職種: 社長兼最高経営責任者 紹介: 2004年から上級管理職を務めた富士本氏は、2011年に社長に就任し、2017年には会社創設者である岡田和生氏を追い出す形で、最高経営責任者(CEO)に就任した。

    杉山健児

    姓: 杉山(すぎやま) 名: 健児(けんじ) 職種: オカダマニラの社長 紹介: ホスピタリティー業界のセキュリティ対策のキャリアを背景に、2012年にタイガー・リゾートに入社し、オカダマニラの社長に就任した。岡田和生氏との企業権力争いでは、反岡田勢力の中で重要な人物である。

    岡田和生

    姓: 岡田(おかだ) 名: 和生(かずお) 職種: 創業者(前会長) 紹介: 岡田氏はスロットマシンとパチスロのメーカーを立ち上げ、注目を浴びた。 2000年代初頭にはスティーブ・ウィンとパートナーシップを結び、ウィン・リゾーツを設立した。しかしその後、岡田氏は自身のカジノプロジェクトであるフィリピンのオカダマニラに注力することとなった。 オカダマニラの開業後、岡田氏は会社の資金を不正に流用したとの告発を受け、自身が設立したユニバーサル・エンターテインメントの会長職から退くこととなった。

    Related Articles

    岡田和生、香港で釈放される

    日本のカジノ王の岡田和生氏は、香港の汚職に対抗する独立委員会(Independent Commission Against Corruption = ICAC)により釈放されたことを金曜日に発表した。これにより、岡田氏の法的問題の一つが解決となった。

    ユニバーサル・カプコンのパチスロ協業「強力なコラボレーション」

    ユニバーサル・エンターテインメントと株式会社カプコンの遊技機事業の協業が「強力なコラボレーション」であると業界アナリストがAGB Nipponに述べている。

    オカダマニラ、1月に記録的収益を報告

    オカダマニラを運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント(Tiger Resort Leisure & Entertainment)は、1月に記録的なゲーミング総粗収益と調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)を報告した。

    岡田和生、権力闘争で苦戦を強いられる

    カジノ王の岡田和生氏は、法・事業的な出来事で逆風にもまれる中、自身が創業したゲーミング事業を取り戻す辛辣な戦いで苦戦を強いられている。

    オカダマニラ、中国旅行会社と基本合意書締結

    ユニバーサル・エンタテインメントは運営するフィリピンのオカダマニラへのパッケージツアーを、中国の国営旅行代理店と共同で開発することを発表した。

    岡田和生、タイガーリゾートの上場阻止を要請

    岡田和生氏は、フィリピン証券取引所(Philippine Stock Exchange)に対して、オカダマニラを所有し運営するタイガーリゾート・アジア(Tiger Resort Asia)の裏口上場計画を阻止するよう求めた。

    タイガーリゾート、12月にゲーミング収益13%減

    ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラを運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントのゲーミング収益が前月比の13%減となった結果をジャスダック証券取引所に報告した。

    ユニバーサル・エンターテインメント、岡田氏の逮捕はオカダマニラ営業に影響はないと主張

    ユニバーサル・エンターテインメントは、創業者の岡田和生氏に対する逮捕状がオカダマニラの営業事業に影響を及ぼさないと7日の月曜日に株主に訴えかけた。

    岡田和生に逮捕状

    フィリピン・パラニャーケ市の裁判所が自社から300万ドル(約3億2500万円)以上を横領した容疑でユニバーサル・エンターテインメントの創業者である岡田和生氏の逮捕状を出した。
    Tiger Resort, Leisure & Entertainment

    ユニバーサルのマニラ事業、公開買付届書の再提出を命じられる

    タイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントは、香港で取締役が関わった民事および刑事訴訟の明確な事実を明らかにするよう、少数株主のアジアベスト・グループ(Asiabest Group)への公開買付届書の再提出を命じられた。
    Universal Entertainment

    ユニバーサル・エンターテインメント、2018年の業績予想を下方修正

    ユニバーサル・エンターテインメントは、2018年5月に公表した2018年の通期業績予想を大幅に下方修正し再び公表した。

    オカダマニラ、11月過去最高のカジノ総売上を記録

    ユニバーサル・エンターテインメントが発表した実績によると、オカダマニラの11月におけるカジノ総売上は過去最高の29億フィリピン・ペソ(約62億円)を記録し、同期のEBITDA(金利・税金・償却前利益)が5億2800万フィリピン・ペソ(約11億3000万円)となった。

    フィッチ、ユニバーサル・エンターテインメントの将来を間向きに評価

    フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings)は、株式会社ユニバーサル・エンターテインメントに外貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)B+を付与し、格付アウトルックは安定的であることを発表した。

    岡田和生氏、証拠ではなく疑惑により罷免されたと息子が認める

    カジノ業界の大御所である岡田和生氏の息子、岡田知裕氏が、具体的な証拠ではなく、不適切感を持っていたため父親の和生氏を家族経営会社から罷免させたことを認めている。

    ユニバーサル・エンターテインメント、カジノリゾート事業月間実績を発表

    先月ジャスダック株式証券取引所への声明にて約束された情報開示方針の一環としてユニバーサル・エンターテイメントはカジノ事業、つまりはフィリピンのオカダマニラに関する月間報告書を発表した。

    ユニバーサル・エンターテインメントの1~9月期、純利益1680億円

    ゲーミング複合企業ユニバーサル・エンターテインメントは、2018年の1~9月期の純利益が1680億円、売上高670億円であることを発表した。

    ドゥテルテ大統領、オンラインギャンブルの取り締まりを主張か

    ザ・ラプラー紙(The Rappler)は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、誘拐事件や恐喝事件の温床になっているオンラインギャンブルの規制に乗り出したいと語っていると報じている。

    ユニバーサル・エンターテインメント、情報開示更新を明言

    ユニバーサル・エンターテインメントはジャスダック証券取引所への声明にて投資家の投資判断を援助すべく財務状況と事業成果に関する必要な情報をより適切な方法で提供することを断言。

    ユニバーサル・エンターテイメント、20億円分の自己株式を取得

    ユニバーサル・エンターテインメントは、同社の普通株式を取得し、自己株式に転換するために最大20億円を費やすとしている。

    セガサミー、主要国際IRオペレーターとしての今後を模索

    セガサミーホールディングスは今週、150ページに及ぶ「統 合 レ ポ ート 2018」を発表し、他の目標と共にいずれは国内外において世界的に有名なIRオペレーターらと同等の立場に立つ意思を宣言した。

    オカダマニラ重役ら、ツーリズムEXPOジャパンでIR推進

    オカダマニラの杉山健児社長とアントニオ・コファンコ副会長(Antonio Cojuangco)はフィリピンIRを訪問目的とする日本人を増やすとともに、将来の日本IR市場向けに自らの経験に基づいた教訓について話し合うべくツーリズムEXPOジャパン2018で講演を行った。

    ユニバーサル・エンターテインメント、日本IR市場に向け行動開始

    オカダマニラのオペレーター及びユニバーサル・エンターテインメントのユニットであるフィリピンに拠点を置くタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント(Tiger Resort Leisure & Entertainment)は、国内IR競争に参入する目的で東京に事務所を開設する予定。 

    ユニバーサル・エンターテイメント、フィリピンで裏口上場を計画

    オカダマニラ(Okada Manila)を運営しているユニバーサル・エンターテイメントのフィリピンの事業部門は、マニラで行われたアジアベスト・グループ(Asiabest Group = ABG)の買収を通じて裏口上場することを計画している。

    岡田和生氏、逮捕の経緯を説明

    ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏は、ユニバーサル・エンターテイメントの主張を、「偽りかつ悪意のあるもの」と主張し、岡田氏を貶めるものであると内容を否定した。

    ユニバーサル・エンターテインメント、2018年前半の利益1725億円を発表

    ユニバーサル・エンターテインメントは2018年1~6月期に1725億円の利益を報告。同社は去年の同時期には財務損失を報告していた。

    岡田和生、香港で詐欺罪にて逮捕される

    ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment Corporation)の報告によると、日本のゲーミング業界の大御所、岡田和生氏およびその仲間が、香港の汚職監視機関によって逮捕された。

    ユニバーサル・エンターテインメント、組織再編を計画

    オカダマニラの親会社ユニバーサル・エンターテインメントは、「不適任と思われる個人」による悪影響からビジネスを守ることを目的としたグループ内の「組織再編」を計画している。この再編は、先週の金曜日にJASDAQに提出された書類において明らかとなった。

    岡田氏をめぐる詐欺事件はいまだ渦中

    日本ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏に対する、1000万ドル(約11億円)の詐欺行為をめぐる告発に関しては現在もその真偽は明らかにされていない。この告発内容は、依然として司法省において再審理の対象となっている。

    日本のユニバーサル、アメリカでの製造ライセンス取得へ

    オカダマニラ(Okada Manila)を子会社と持つユニバーサル・エンターテインメントの声明によると、同社はカジノ運営に使用される機器や装置の製造を行う目的で米国でのライセンス取得を計画しているという。

    フィリピン検察、岡田和生への告訴を取り下げ

    フィリピンのパラニャーケ市とマカティ市の検察庁は、岡田和夫氏に対してすべての告訴を取り下げた。

    ユニバーサル:オカダマニラ管理会社のIPOを求める、カジノ売上は上昇

    ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラ(Okada Manila)の所有権を管理するタイガー・リゾーツ&エンターテイメント(Tiger Resorts & Entertainment)の株式市場への上場を2年以内に達成させる方針を明らかにした。
    シェア