ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

コナミのカジノ管理システム、米国カジノ2ヵ所で導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のために新たな2ヵ所の米国カジノに選定されたことを発表した。この発表は8月だけで2回目のこととなる。

コナミのカジノ管理システム、北ミシガンの部族事業者に導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のためオトワとチッペワ・インディアン系のグランド・トラバース族(Grand Traverse Band of Ottawa and Chippewa Indians)が運営するグランド・トラバース・リゾート&カジノ(Grand Traverse Resort & Casinos)に選定されたことを発表した。

モヒガン、4月~6月期収益が横這い

モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment)の報告によると、同社の2019年4月~6月期における収益が少ししか伸びることが出来ず、前年比0.8%増の3億4700万米ドル(約364億円)となった。

ウィン・リゾーツ、全面的な収益増加

すべてのウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)施設は、2019年4月~6月期における収益が前年比増加した。マカオとラスベガスの施設が特に著しかったという。

シーザーズ、2019年4月~6月期収益が4.9%成長

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)のラスベガス施設の好調な業績により、同社の2019年4月~6月期における収益が前年比4.9%成長し、22億2000万米ドル(約2340億円)となった。

MGMリゾーツ4月~6月期に純収益が13%成長

MGMリゾーツ(MGM Resorts)は2019年4月~6月期における純収益が32億米ドル(約3480億円)となり、前年同期比13%の成長を成し遂げた。アナリストによるとこれは予想に沿った結果であるという。

コナミ、オーク氏が規制コンプライアンス担当部長に昇格

コナミ・ゲーミングはロリー・オーク氏(Lori Olk)が規則コンプライアンス担当副社長に昇格した発表した。

セガサミークリエイション、ジェネシス・スター筐体を市場に投入

セガサミークリエイション株式会社は、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード(Nevada Gaming Control Board)が6月に認可したスロット筐体「Genesis Star(ジェネシス・スター)」の投入を発表した。

フォックスウッズが新リーダーを任命

社長兼最高経営責任者であるフェリックス・ラパポート氏(Felix Rappaport)が突然亡くなってから一年後、フォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)は新社長兼最高経営責任者にジョン・J・ジェームズ氏(John J. James)を任命した。

アルゼ、マーサ・シュスラー氏をグローバル財務部門長に昇進

アルゼ・ゲーミング・アメリカはマーサ・シュスラー氏(Martha Schuessler)をグローバル財務部門長に昇進させたことを発表した。 同氏は前職では西半球に焦点を当てていた。

アクセスランキング

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。