ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

ジーザスとエルドラード、合併の交渉へ

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)とエルドラード・リゾーツ(Eldorado Resorts)は合併をめぐって予備交渉を開始したとロイター通信が報道した。

GPIの株主がエンゼル・ホールディングスによる買収を認める

米国で上場しているゲーミング・パートナーズ・インターナショナル(Gaming Partners International = GPI)の株主が、日本のエンゼル・ホールディングス(Angel Holdings)との合併を承認した。

ベラージオに大阪城が登場

ベラージオ・コンサバトリー&ボタニカル・ガーデン(Bellagio Conservatory & Botanical Garden)の「ジャパンの春」をテーマにした展示で高さ10メートルの大阪城が意味ありげにセンターピースとして登場した。

バーンスタイン:シーザーズを現金による買収が出来るのはサンズのみ

月曜日にシーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)の株式保有率を再び引き上げた活動家・投資家のカール・アイカーン氏(Carl Icahn)は、シーザーズの買収を目指すことが見込まれているが、現金による買収が出来るような資金を所有しているのがラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)のみだとバーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)が断言した。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

アイカーン氏、シーザーズ取締役会の3席を確保

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)は先週、カール・アイカーン氏(Carl Icahn)が同社取締役3人を任命することで合意した。これにより4月末に予定されている現CEOのマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)の退任後、大きく方向性が変わることが予想される。

ウィン・リゾーツがネバダで22億円の罰金を科される

ネバダ・ゲーミング委員会(Nevada Gaming Commission)は、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の創業者で元会長のスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為の申し立ての不適切な対応を理由に、2000万ドル(約22億円)の罰金を科した。今までネバダ・ゲーミング委員会が科した最高罰金額であった550万ドルの記録を大幅に塗り替えた。

堅調な決算結果もシーザーズのプレッシャーは増す

先週21日、予想以上に良い結果を決算報告で発表したシーザーズ・エンターテインメントだが、同社の筆頭株主であるキャニオン・パートナーズ(Canyon Partners)がシーザーズの売却を求める投資家カール・アイカーン氏(Carl Icahn)との同意を公表し、シーザーズの将来についての憶測を静める効果はなかった。

MGMリゾーツ、指導者交代を表明

MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International)は、自社の戦略的方針の牽引と革新を目指しMGM 2020イニシアティブとして指導者交代を表明した。交代は3月1日に実施される見通しである。

フォックスウッズとモヒガン、MGMに苦戦お強いられる

マサチューセッツ州でMGMスプリングフィールド(MGM Springfield)が約半年前にオープンして以来、隣のコネチカット州にあるフォックスウッズ・リゾート・カジノ(Foxwoods Resort Casino)とモヒガン・サン(Mohegan Sun)が著しく減少したスロットマシン収益を引き続き報告している。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。