ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

コナミ・ゲーミング、収益が成長を見せる

コナミ・ホールディングズは、ゲーミング&システム部門が好調な実績を残したにもかかわらず、2019年4月~9月期における収益が0.9%減少したと報告した。

キャッシュレス・ゲーミングとAI、カジノに変革を

ラスベガスの専門家パネルによると、キャッシュレス・ゲーミング、人工知能、顔認証技術はカジノに変革をもたらすが、規制が重要な難関であることは今後も変わらない。

MGM資産売却、日本IR入札の資金か

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)によると、MGMリゾーツ(MGM Resorts)は主要資産2つの売却に合意し、43億米ドル(約4680億円)の正味収益を取得する見通し。資金は日本でのIR開発に使われる可能性があると考えられる。

カリフォルニア州インディアン族、コナミのカジノ管理システムを選定

カリフォルニア州パームスプリングスに付近にあるモロンゴ・カジノ・リゾート&スパを運営するミッション・インディアン系のモロンゴ族は、拡張中のカジノ事業すべてにコナミ・ゲーミングのカジノ管理システム「Synkros(シンクロス)」を導入することを決定した。

日本金銭機械、顔認証技術でカジノセキュリティー強化

ゲーミング業界に金銭処理技術を提供する大阪の日本金銭機械(JCMグローバル)は、カジノセキュリティー強化に向けて顔認証技術を使用するためにラスベガスを拠点とするeコネクト社(eConnect)と提携を結んだと発表した。

日本金銭機械、技術パートナーと新規カジノ顧客を獲得

ゲーミング業界に金銭処理技術を提供する大阪の日本金銭機械(JCMグローバル)は、ドイツ企業との技術パートナーシップと、オープンを控えているカリフォルニア州のカジノに商品を提供するという2つの出来事を発表した。

ウィン・リゾーツ、再びセクシャル・ハラスメント訴訟へ

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為疑惑の対応をめぐり、女性従業員9人に再び訴訟を起こされた。

MGM、2017年ラスベガス射殺事件をめぐり損害賠償の支払いへ

MGMリゾーツは3日、ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・カジノ&リゾート(Mandalay Bay Casino & Resorts)で2017年に発生した射殺事件の被害者に8億米ドル(855億円)までの損害賠償金を支払うことに同意した。

コナミのカジノ管理システム、米国カジノ2ヵ所で導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のために新たな2ヵ所の米国カジノに選定されたことを発表した。この発表は8月だけで2回目のこととなる。

コナミのカジノ管理システム、北ミシガンの部族事業者に導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のためオトワとチッペワ・インディアン系のグランド・トラバース族(Grand Traverse Band of Ottawa and Chippewa Indians)が運営するグランド・トラバース・リゾート&カジノ(Grand Traverse Resort & Casinos)に選定されたことを発表した。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。