ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

コナミ・ゲーミング、収益が成長を見せる

コナミ・ホールディングズは、ゲーミング&システム部門が好調な実績を残したにもかかわらず、2019年4月~9月期における収益が0.9%減少したと報告した。

キャッシュレス・ゲーミングとAI、カジノに変革を

ラスベガスの専門家パネルによると、キャッシュレス・ゲーミング、人工知能、顔認証技術はカジノに変革をもたらすが、規制が重要な難関であることは今後も変わらない。

MGM資産売却、日本IR入札の資金か

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)によると、MGMリゾーツ(MGM Resorts)は主要資産2つの売却に合意し、43億米ドル(約4680億円)の正味収益を取得する見通し。資金は日本でのIR開発に使われる可能性があると考えられる。

カリフォルニア州インディアン族、コナミのカジノ管理システムを選定

カリフォルニア州パームスプリングスに付近にあるモロンゴ・カジノ・リゾート&スパを運営するミッション・インディアン系のモロンゴ族は、拡張中のカジノ事業すべてにコナミ・ゲーミングのカジノ管理システム「Synkros(シンクロス)」を導入することを決定した。

日本金銭機械、顔認証技術でカジノセキュリティー強化

ゲーミング業界に金銭処理技術を提供する大阪の日本金銭機械(JCMグローバル)は、カジノセキュリティー強化に向けて顔認証技術を使用するためにラスベガスを拠点とするeコネクト社(eConnect)と提携を結んだと発表した。

日本金銭機械、技術パートナーと新規カジノ顧客を獲得

ゲーミング業界に金銭処理技術を提供する大阪の日本金銭機械(JCMグローバル)は、ドイツ企業との技術パートナーシップと、オープンを控えているカリフォルニア州のカジノに商品を提供するという2つの出来事を発表した。

ウィン・リゾーツ、再びセクシャル・ハラスメント訴訟へ

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為疑惑の対応をめぐり、女性従業員9人に再び訴訟を起こされた。

MGM、2017年ラスベガス射殺事件をめぐり損害賠償の支払いへ

MGMリゾーツは3日、ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・カジノ&リゾート(Mandalay Bay Casino & Resorts)で2017年に発生した射殺事件の被害者に8億米ドル(855億円)までの損害賠償金を支払うことに同意した。

コナミのカジノ管理システム、米国カジノ2ヵ所で導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のために新たな2ヵ所の米国カジノに選定されたことを発表した。この発表は8月だけで2回目のこととなる。

コナミのカジノ管理システム、北ミシガンの部族事業者に導入される

コナミ・ゲーミングは、同社のカジノ管理システム「シンクロス(Synkros)」が導入のためオトワとチッペワ・インディアン系のグランド・トラバース族(Grand Traverse Band of Ottawa and Chippewa Indians)が運営するグランド・トラバース・リゾート&カジノ(Grand Traverse Resort & Casinos)に選定されたことを発表した。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。