ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

シーザーズ、新CEOにアンソニー・ロディオ任命へ

シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)はマーク・フリッソーラ氏(Mark Frissora)の後任にアンソニー・ロディオ氏(Anthony Rodio)を任命すると発表した。


ウィンCEOを称賛、セキュリティ責任者を解任

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)の性的違法行為疑惑に対する調査が長きにわたり行われた結果、現職の社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)が現職を維持するに適しているとネバダ州の規制機関が判明したと同社が発表した。

世界中ゲーミング・サプライヤー、2018年に6兆2000億円の経済影響

ゲーミング機器メーカー協会(Association of Gaming Equipment Manufacturers = AGEM)が公開したレポートによると、2018年に世界中のゲーミング・サプライヤーが創出した経済影響が合計560億米ドル(約6兆2000億円)となり、直接または間接的に20万2000人の雇用を生み出した。

ゲンティン・ラスベガス、2020年オープンに向けて順調

ゲンティン(Genting)は、リゾーツ・ワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)の進捗が順調で予算内かつ予定通りに建設が完了される見込みであり、第一段階のオープンを2020年に予定していると年次報告で明らかにした。

アルゼゲーミング、南米販売業者と協業へ

アルゼゲーミングは、アルゼンチンを拠点とするテクノ・ゲーミング(Techno Gaming)とパートナーシップを結んだことを発表した。テクノ・ゲーミングはアルゼンチンとウルグアイにおけるアルゼのスロット機を販売する唯一の業者、パラグアイでの正当な代表者となった。

コナミ・ゲーミング、カジノ・マネジメント・システム担当副VPを採用

コナミ・ゲーミングは、カジノ・マネジメント・システム「Synkros(シンクロス)」の更なる成長と革新を維持するべく、システム・ソフトウェア・デベロップメント担当副VPにサティッシュ・アナンサラマン氏(Sathish Anantharaman)を採用したと発表した。

マサチューセッツ規制機関、ウィン役員が疑惑を隠蔽したと主張

マサチューセッツ州の規制機関は、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)が創業者であるスティーブ・ウィン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為疑惑に対応した際、自社の方針に従い損ね、場合によっては疑惑を隠蔽したこともあると主張した。

コナミ・ゲーミングがカジノ・マネジメント・システムにAI技術を導入

コナミ・ゲーミングは、カリフォルニア州バークレー市を拠点とするゲーミング・アナリティクス.AI社(GamingAnalytics.AI)と提携し、コナミが提供するカジノ・マネジメント・システム「SYNKROS(シンクロス)」にゲーミング・アナリティクス.AI社のAI技術を導入することを決定した。

ウィンゼラー氏がセガサミークリエイションUSAの代表取締役会⻑CEOに就任

2019年4⽉1⽇、⽶国ネバダ州・ラスベガスに本社を構えるセガサミークリエイションUSA(Sega Sammy Creation USA)の会⻑にスコット・ウィンゼラー氏(Scott Winzeler)が就任した。

コナミ・ゲーミングが新スロット機「KX43」を売り出す

コナミ・ホールディングスの子会社でラスベガスを本拠とするコナミ・ゲーミングは、カジノ・スロット機の「KX43」をアメリカ市場に売り出すと発表した。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。