ホーム アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

ムーレン:大阪IR誘致に注力

MGMリゾーツ・インターナショナルの会長兼最高経営責任者であるジェームズ・ムーレン氏(James Murren)は、今週に行われた決算説明カンファレンスコールで「大阪のIR誘致に力を注ぐ」と投資家に伝え、競争環境が激しいにも関わらずMGMが選抜されることに対する前向きな姿勢を見せた。

モヒガン族会長、突然の辞任へ

モヒガン族(Mohegan Tribe)会長のケビン・ブラウン氏(Kevin Brown)は、一身上の都合で辞人を発表した。

モヒガン、2018年10月~12月期収益減少を報告

米国カジノオペレーターのモヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(Mohegan Gaming & Entertainment)の最新業績発表によると、2月7日に前年比の純収益減少と調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)を報告した。

ウイン・ゲンティン、商標権侵害訴訟が和解へ

ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、ゲンティン・グループ(Genting Group)と和解が成立したことでリゾーツ・ワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)への訴訟を取り下げることに同意した。

ウイン・リゾーツ、ネバダのレギュレーターと解決へ

米国カジノオペレーターのウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、元経営者が創業者であるスティーブ・ウイン氏(Steve Wynn)に対する性的違法行為の疑惑に対応し損ねたと捜査で判明され、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード(Nevada Gaming Control Board)に解決費用を支払うことになった。

ラスベガス・サンズ、2018年Q4が予想を下回る

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、2018年のQ4にて期待に沿えない実績を報告し、株価を急落させた。純収益が2.5%増の34億8000万米ドル(約3812億円)となり、ウォールストリートの予想を下回る結果となった。

ウィン、MGM、世界で最も評価が高い企業としてランクイン

米国のカジノ・IR事業者であるウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)とMGMリゾーツ(MGM Resorts)はフォーチュン・マガジン(Fortune)の年次調査で、「世界で最も評価が高い企業」の特集でランクインを果たした。

ゲンティンとウィンの法廷闘争1月29日に設定

ゲンティン・ラスベガス(Genting Las Vegas)の建築設計が同社のアンコール(Encore)のデザインと模倣していると主張するウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)が起こした裁判が1月29日に開始される。

オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

米国、オンラインギャンブルが禁止へ

アメリカ合衆国司法省は、オンラインギャンブルをさらに規制する可能性を持つ新しい法的意見を出したと現地メディアが報道した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。