ホーム シンガポール

シンガポール

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。

モーガン・スタンレー、ゲンティン・シンガポール成長を慎重に見据える

ゲンティン・シンガポールの2019年1月~3月期の業績は運の要素により予想を上回ったが、分析者は短期的な見通しを慎重に見据えると述べている。

シンガポール政府、カジノ拡張の恩恵を受ける

アナリストによると、シンガポールは国内の統合型リゾート2ヵ所の67億米ドル(約7400億円)に値する拡張を許可した合意により、税金と入場料の収益が増加することでシンガポール政府が一番恩恵を受けるとされている。

シンガポール、7400億円の投資でIR拡張へ

シンガポール政府は3日、IR開業以来初めての大型拡張を認めると発表した。国内2つのIRを運営するラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)およびゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)はゲーミング以外の施設のために合計90億シンガポールドル(約7400億円)を投資する。

ゲンティン・シンガポール、2018年10~12月期12%成長

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、2018年10~12月期に純利益が12%成長したことを報告し、ゲーミングとノン・ゲーミング事業で見られた良好な業績がプレミアム・マス向けセグメントでのマーケティングを強化により更に伸ばされたという。

ゲンティン・シンガポール、フィリピン・カンボジアと激しい競争

野村ホールディングスによると、ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は、マス向け市場でフィリピン・カンボジアとの競争激化に直面しているが、経営陣はVIP向け市場では成長の余地はあると考えている模様。

シンガポールのギャンブル税収、2017年度は前年度と変わらず

シンガポールでは2017~2018会計年度に27億シンガポールドル(約2270億円)のギャンブル税収を記録し、前年度と殆ど変わらない数字となった。

シンガポール、観光客数が伸びるが浪費は低下

2018年第1四半期にシンガポールを訪れた観光客数は460万人に達し、前年の同時期と比較して7.3%の伸びをみせた。しかし、買い物、宿泊、および飲食での浪費が減り、観光客の浪費は0.5%下がり、67億シンガポールドル(約5440億円)であった。

マーキーナイトクラブ、マリーナベイ・サンズでアジアデビュー

ナイトクラブの有名ブランドであるマーキー(Marquee)は、ナイトライフの目的地としてリゾートを盛り上げるための新しいイニシアチブとして、シンガポールのマリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)でアジアでデビューします。

アクセスランキング

近畿日本鉄道、夢洲と奈良の直通を検討

夢洲駅に鉄道路線を結ぶことを検討している4番目の鉄道会社として現れた近畿日本鉄道は、IR開発が期待される夢洲と主要な観光名所の奈良を直通運転で結ぶ提案を週末に披露した。

マドックス、「日本でいい位置づけにある」

ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)の社長 社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)は、彼自身が率いる国内チームが日本でのIRライセンス取得に関して「積極的に活動している」そして「いい位置づけにある」と1月30日に行われた決算説明カンファレンス・コー ルで語った。

和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。

インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

ゲンティン、複数のIR入札を計画

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)の会長兼最高経営責任者のリム・コック・タイ氏(Lim Kok Thay)は、株主総会では日本におけるIR戦略を明らかにした。その内容には東京・大阪付近の大都市市場を見据えた複数の入札が含まれている。