ホーム フィリピン

フィリピン

オカダマニラ、7月収益増によりホテル客室を拡張

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)は、オカダマニラの7月における収益が47%増加したことにより同ホテルが客室を拡張すると述べた。

ユニバーサル、多通貨などのスロット革新を導入

ユニバーサル・エンターテインメントは、多通貨オプションを含む二つの革新を導入し、オカダマニラのカジノに両方の配備を明らかにした。

オカダマニラ、6月ゲーミング粗利益26%増

フィリピンのオカダマニラは6月のゲーミング粗利益が30億ペソ(約63億円)となり、前年同月比で26%増を記録した。

オカダマニラ、5月VIP収益が37.7%減少

オカダマニラの5月におけるゲーミング総粗収益(GGR)が前年比6.7%減少し、VIPテーブルゲーム収益が急落したことが主な要因とされている。

メルコ・フィリピン、証券取引所から上場廃止

メルコリゾーツ&エンターテインメント・フィリピン(Melco Resorts and Entertainment Philippines)は、公開株式の一般保有率が最低限を6ヶ月連続で下回り、本日より自動的に証券取引所から上場廃止される。

岡田和生、タイガーリゾート幹部に反撃

奮闘中のカジノ王の岡田和生氏は、タイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント(Tiger Resort Leisure and Entertainment)が彼を自身の企業から追い出そうと共謀していると訴え、タイガーリゾート幹部に反撃した。

岡田和生、一貫して無実を訴え続ける

岡田和生氏は、横領の容疑をめぐり自身とオカダマニラ(Okada Manila)元最高執行取締役の臼井孝裕氏の逮捕状に抵抗するためあらゆる法的選択肢を尽くして戦うと誓ったことがフィリピンの現地メディアに報道された。

オカダマニラ、4月のゲーミング粗利益が26%増

オカダマニラを経営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントは、4月のゲーミング粗利益が26%上がったと発表した。

ブルームベリー、2019年第1四半期の純利益が40%減

マニラのソレア・リゾート&カジノ(Solaire Resort & Casino)を経営するブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、第一四半期の連結純収益が22憶ペソ(約47億円)を記録し、40%下落したと発表した。主に外国為替差益の減少、支払利子の上昇およびゲーミング収益が原因となっている。また、ゲーミング事業による粗利益は1%減の136憶ペソ(約288億円)となった。

オカダマニラ、2018年に62億円営業損失を報告

ユニバーサル・エンターテインメントの旗艦IRであるオカダマニラは、たった62億円の2018年営業損失を報告した。上昇した売上高とホテル客室稼働率が非常に高かったことが要因として挙げられた。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。