ホーム フィリピン

フィリピン

オカダマニラ、ゲーミング総粗収益29.5%急成長

オカダマニラの9月におけるゲーミング総粗収益が好調なVIPとマス向け市場に牽引され、29.5%も急成長した。

クルーズ観光産業の拡大を狙うフィリピン

7600以上の島々があるフィリピンは、クルーズ観光産業の拡大を目指しているとビジネス・タイムズが報道した。

オカダマニラ、VIP成長により8月収益増

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)は、VIP事業の成長に牽引されオカダマニラの2019年8月におけるゲーミング総粗収益が大幅に上昇したことを発表した。

オカダマニラ、7月収益増によりホテル客室を拡張

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)は、オカダマニラの7月における収益が47%増加したことにより同ホテルが客室を拡張すると述べた。

ユニバーサル、多通貨などのスロット革新を導入

ユニバーサル・エンターテインメントは、多通貨オプションを含む二つの革新を導入し、オカダマニラのカジノに両方の配備を明らかにした。

オカダマニラ、6月ゲーミング粗利益26%増

フィリピンのオカダマニラは6月のゲーミング粗利益が30億ペソ(約63億円)となり、前年同月比で26%増を記録した。

オカダマニラ、5月VIP収益が37.7%減少

オカダマニラの5月におけるゲーミング総粗収益(GGR)が前年比6.7%減少し、VIPテーブルゲーム収益が急落したことが主な要因とされている。

メルコ・フィリピン、証券取引所から上場廃止

メルコリゾーツ&エンターテインメント・フィリピン(Melco Resorts and Entertainment Philippines)は、公開株式の一般保有率が最低限を6ヶ月連続で下回り、本日より自動的に証券取引所から上場廃止される。

岡田和生、タイガーリゾート幹部に反撃

奮闘中のカジノ王の岡田和生氏は、タイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント(Tiger Resort Leisure and Entertainment)が彼を自身の企業から追い出そうと共謀していると訴え、タイガーリゾート幹部に反撃した。

岡田和生、一貫して無実を訴え続ける

岡田和生氏は、横領の容疑をめぐり自身とオカダマニラ(Okada Manila)元最高執行取締役の臼井孝裕氏の逮捕状に抵抗するためあらゆる法的選択肢を尽くして戦うと誓ったことがフィリピンの現地メディアに報道された。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。