ホーム フィリピン

フィリピン

フィリピンのゲーミング総粗利益、今年は4400億円以上

ロイター通信のレポートによると、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)は2019年の国内ゲーミング総粗利益が8.5%増の2170億ペソ(約4485億円)を記録すると予測している。

岡田和生、タイガーリゾートの上場阻止を要請

岡田和生氏は、フィリピン証券取引所(Philippine Stock Exchange)に対して、オカダマニラを所有し運営するタイガーリゾート・アジア(Tiger Resort Asia)の裏口上場計画を阻止するよう求めた。

タイガーリゾート、12月にゲーミング収益13%減

ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラを運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントのゲーミング収益が前月比の13%減となった結果をジャスダック証券取引所に報告した。

ユニバーサル・エンターテインメント、岡田氏の逮捕はオカダマニラ営業に影響はないと主張

ユニバーサル・エンターテインメントは、創業者の岡田和生氏に対する逮捕状がオカダマニラの営業事業に影響を及ぼさないと7日の月曜日に株主に訴えかけた。

岡田和生に逮捕状

フィリピン・パラニャーケ市の裁判所が自社から300万ドル(約3億2500万円)以上を横領した容疑でユニバーサル・エンターテインメントの創業者である岡田和生氏の逮捕状を出した。
Tiger Resort, Leisure & Entertainment

ユニバーサルのマニラ事業、公開買付届書の再提出を命じられる

タイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントは、香港で取締役が関わった民事および刑事訴訟の明確な事実を明らかにするよう、少数株主のアジアベスト・グループ(Asiabest Group)への公開買付届書の再提出を命じられた。

オカダマニラ、11月過去最高のカジノ総売上を記録

ユニバーサル・エンターテインメントが発表した実績によると、オカダマニラの11月におけるカジノ総売上は過去最高の29億フィリピン・ペソ(約62億円)を記録し、同期のEBITDA(金利・税金・償却前利益)が5億2800万フィリピン・ペソ(約11億3000万円)となった。

フィリピン裁判所、パグコアに事業許可証の発行命令

フィリピン控訴裁判所は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)にウォーターフロント・フィリピン(Waterfront Philippines)にエンターテインメント・シティ地域での統合型リゾート事業許可証を発行するよう命じた下級裁判所の判決を支持した。

フィリピンのゲーミング総粗収益、年内約4185億円見込み

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)のアンドレア・ドミンゴ議長(Andrea D. Domingo)は、2018年内にフィリピンのゲーミング総粗収益(GGR)が年内1920億ベソ(約4185億円)に達すると見込んでいる。これはアジアで第二の市場規模を誇るシンガポールと同レベルに早くも近づきつつある。

岡田和生氏、証拠ではなく疑惑により罷免されたと息子が認める

カジノ業界の大御所である岡田和生氏の息子、岡田知裕氏が、具体的な証拠ではなく、不適切感を持っていたため父親の和生氏を家族経営会社から罷免させたことを認めている。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。