ホーム フィリピン

フィリピン

岡田和生、タイガーリゾートの上場阻止を要請

岡田和生氏は、フィリピン証券取引所(Philippine Stock Exchange)に対して、オカダマニラを所有し運営するタイガーリゾート・アジア(Tiger Resort Asia)の裏口上場計画を阻止するよう求めた。

タイガーリゾート、12月にゲーミング収益13%減

ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラを運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントのゲーミング収益が前月比の13%減となった結果をジャスダック証券取引所に報告した。

ユニバーサル・エンターテインメント、岡田氏の逮捕はオカダマニラ営業に影響はないと主張

ユニバーサル・エンターテインメントは、創業者の岡田和生氏に対する逮捕状がオカダマニラの営業事業に影響を及ぼさないと7日の月曜日に株主に訴えかけた。

岡田和生に逮捕状

フィリピン・パラニャーケ市の裁判所が自社から300万ドル(約3億2500万円)以上を横領した容疑でユニバーサル・エンターテインメントの創業者である岡田和生氏の逮捕状を出した。
Tiger Resort, Leisure & Entertainment

ユニバーサルのマニラ事業、公開買付届書の再提出を命じられる

タイガーリゾート・レジャー&エンターテインメントは、香港で取締役が関わった民事および刑事訴訟の明確な事実を明らかにするよう、少数株主のアジアベスト・グループ(Asiabest Group)への公開買付届書の再提出を命じられた。

オカダマニラ、11月過去最高のカジノ総売上を記録

ユニバーサル・エンターテインメントが発表した実績によると、オカダマニラの11月におけるカジノ総売上は過去最高の29億フィリピン・ペソ(約62億円)を記録し、同期のEBITDA(金利・税金・償却前利益)が5億2800万フィリピン・ペソ(約11億3000万円)となった。

フィリピン裁判所、パグコアに事業許可証の発行命令

フィリピン控訴裁判所は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)にウォーターフロント・フィリピン(Waterfront Philippines)にエンターテインメント・シティ地域での統合型リゾート事業許可証を発行するよう命じた下級裁判所の判決を支持した。

フィリピンのゲーミング総粗収益、年内約4185億円見込み

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)のアンドレア・ドミンゴ議長(Andrea D. Domingo)は、2018年内にフィリピンのゲーミング総粗収益(GGR)が年内1920億ベソ(約4185億円)に達すると見込んでいる。これはアジアで第二の市場規模を誇るシンガポールと同レベルに早くも近づきつつある。

岡田和生氏、証拠ではなく疑惑により罷免されたと息子が認める

カジノ業界の大御所である岡田和生氏の息子、岡田知裕氏が、具体的な証拠ではなく、不適切感を持っていたため父親の和生氏を家族経営会社から罷免させたことを認めている。

ユニバーサル・エンターテインメント、カジノリゾート事業月間実績を発表

先月ジャスダック株式証券取引所への声明にて約束された情報開示方針の一環としてユニバーサル・エンターテイメントはカジノ事業、つまりはフィリピンのオカダマニラに関する月間報告書を発表した。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。