ホーム フィリピン

フィリピン

岡田氏をめぐる詐欺事件はいまだ渦中

日本ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏に対する、1000万ドル(約11億円)の詐欺行為をめぐる告発に関しては現在もその真偽は明らかにされていない。この告発内容は、依然として司法省において再審理の対象となっている。

フィリピンへのカジノ目的の中国人渡航、政治に左右される

ブルームバーグのアナリストであるマーガレット・ハン氏(Margaret Huang)はフィリピンのフィルスター(Philstar)のインタビューにて、中国人の訪問者数増加が見られたフィリピンの大盛況のカジノ産業に政治的なリスクが重くのしかかる可能性があると指摘した。

ブルームベリー、上顧客に株式の報酬

カジノのマーケティング戦略は新規顧客の獲得と顧客満足度に大きな影響を与えるため、近隣する同業者同士の競争の場になっている。

ブルームベリー、マニラのソレアIRが位置する土地の買収を発表

フィリピンのブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、ソレア・リゾーツ&カジノ(Solaire Resort & Casino)が位置する土地を373億ペソ(約783億円)で買収したことを発表した。

ウデンナ・グループ、クラーク市の開発

ウデナ・グループ(Udenna Group)は、今後10年間で、カジノとエンターテインメントの複合施設などを含むクラーク・グローバル・シティ(Clark Global City)に50億ドル(約5450億円)の投資を予定している。

フィリピン検察、岡田和生への告訴を取り下げ

フィリピンのパラニャーケ市とマカティ市の検察庁は、岡田和夫氏に対してすべての告訴を取り下げた。

ドゥテルテ大統領、パグコア職員2名を解雇

フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)の2人の上級職員が汚職に関与した疑いでドゥテルテ大統領によって解雇されたと報道した。

CEZA、暗号通貨の拠点としての地位を確立

カガヤン経済区庁(Cagayan Economic Zone Authority = CEZA)はルソン島北部で、15社オフショア会社を新しいフィンテック・ソリューションおよびブロックチェーンの拠点として運営を行う契約を結んだという。

ランディング社、2018年下半期中のパラニャーケ市IR承認を目指す

ランディング・インターナショナルは、今年下半期にマニラ・パラニャーケ市のIR建設許可を取得する予定である。「申請書はすでに提出し、数ヶ月間の期間を経て受理されることを祈っています。」とCOOである李・ジェイ氏(Jay Lee)は水曜日の独占インタビューで語った。

ユニバーサル:オカダマニラ管理会社のIPOを求める、カジノ売上は上昇

ユニバーサル・エンターテインメントは、オカダマニラ(Okada Manila)の所有権を管理するタイガー・リゾーツ&エンターテイメント(Tiger Resorts & Entertainment)の株式市場への上場を2年以内に達成させる方針を明らかにした。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。