ホーム マカオ

マカオ

マカオのオペレーターを待ち受ける試練

モルガン・スタンレーのアナリストによると、資金の流動性の取り締まり強化および全面禁煙制度により、2019年にはマカオのVIPとプレミアム層の成長が鈍化する可能性があると警告している。

ゲンティング、マカオ参入も引き続き視野に

ゲンティング・グループのホールディング会社であるゲンティング・ブルハド(Genting Berhad)の会長兼CEOの林国泰氏(リム・コック・タイ)は、マカオ政府がカジノライセンス更新期に新たな参入者を受け入れる場合、同グループはライセンス入札に興味を持っていると現地メディアのアジアワン(AsiaOne)が報じた。

マカオのカジノ事業者、利権更新後に税率増額か

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)によると、マカオでカジノを運営する6事業者にとって利権更新に際して最も重大なリスクは税金やその他の「経済的賃料」になる可能性が高いと述べた。
Sands China Key Driver

サンズ・チャイナ、ラスベガス・サンズを牽引

バーンスタイン・リサーチの詳細分析によると、マス市場の規模が大きくなるにつれて利益を得るサンズ・チャイナは、これから数年間ラスベガス・サンズを牽引する可能性が高い模様。

第3四半期、非ゲーミング訪問者支出の成長率がゲーミングを上回る

政府統計處のデータによると、マカオの第3四半期では訪問者の非ゲーミング支出が15.2%上昇し、期間中のゲーミング総粗収益(GGR)の伸び率を上回ったとのこと。

MGMコタイでタク・チュンがVIPクラブをオープン

マカオのジャンケット・オペレーターのタク・チュン・グループ(Tak Chun Group)は、月曜日にMGMコタイ(MGM Cotai)のVIPクラブのグランドオープンを行った。同グループは来年に海外への発展の意思も表示した。

MGSエンターテイメント・ショー、日本に注目

先週、マカオ・ゲーミング・ショー(MGS Entertainment Show)がマカオのベネチアン・エキスポ(Venetian Expo)で開催された。日本のIR市場に焦点を当て、イベントの2日目には特別なプレゼンテーションとパネルディスカッションが行われた。

アジアのIRオペレーターら2018年第3四半期は入り混じった結果を発表

ギャラクシー、メルコ、ゲンティング、ブルームベリー、日本市場でのライセンス獲得を目指すアジア系IRオペレーター4社は、アジアのゲーミング産業の減速が多く予想されていた中でも7月から9月の間は入り混じった結果を出すこととなった。

マカオのジャンケット、負債回収への支援を政府に要求

マカオ・ビジネス(Macau Business)の報道よると、ジャンケット事業の代表者は火曜日、地元政府に不良債権の回収を支援すること、ならびにゲーミング税の軽減を強く求めたという。

MGMのムーレン氏、マカオの成長に前向き

MGMリゾーツ・インターナショナルのCEOジェームズ・ムーレン氏はCNBCとのインタビューで、マカオはさらなる成長の可能性を秘めており、世界最大のゲーミング市場の地位を維持する可能性が高いとに語った。

アクセスランキング

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。