ホーム マカオ

マカオ

マカオのマス向けカジノ収益、VIP向けを超える

バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)のアナリストによると、マス向け市場が有力になるにつれて、2022年にはマカオにあるカジノのVIP向け収益の割合が34%まで落ちる見通しである。

メルコ、2019年7月~9月期に16%成長を報告

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、シティ・オブ・ドリームズ・マカオ(City of Dreams Macau)の好調な業績とマス向けやスロット部門の記録的な実績に牽引され、2019年7月~9月期における16%の成長を報告した。

MGMチャイナ、2019年7月~9月期に22%の成長

MGMチャイナ(MGM China)の収益成長がMGMコタイに市場初の新規ゲーミングテーブル25台を設置したことにより牽引されたが、今後は主に成長が期待されるのはマス向け市場である。

SJMホールディングス、6月~9月期予想を下回る

SJMホールディングス(SJM Holdings)の2019年6月~9月期におけるEBITDA(金利・税金・償却前利益)が予想を下回る結果となった。要因としてVIPゲーミング総粗収益(GGR)が43%急落したことが挙げられている。

セガサミークリエイション、マカオでスロット初稼働

セガサミークリエイションはマカオでスロットゲームを初めて設置したことを発表し、スロットゲームとアジア市場に対して前向きに考えていると述べた。

エバン・ウィンクラー、メルコ社長に任命される

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts and Entertainment)は9月4日に、新しく作られた社長の職にエバン・ウィンクラー氏(Even Winkler)を任命した。

ギャラクシー、収益横這いの4月~6月期が予想を上回る

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の報告によると、4月~6月期における調整後EBITDA(金利・税金・償却前利益)が横ばい状態だったにもかかわらず、高いホールド率に牽引されアナリストの予想を上回った。

SJMゲーミング売上が減少、リスボア・パレスのオープンが先送りへ

SJMホールディングスは凶報に接し、2019年1月~6月期におけるゲーミング売上がわずかに減少したことにより、コタイにあるグランド・リスボア・パレス(Grand Lisboa Palace)の完成予定が再び先送りとなった。

メルコが好調な売上を報告; ローレンス・ホーは日本に前向き

2019年4月~6月期の決算説明カンファレンスコールで語ったメルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)会長兼CEOローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、日本に対して前向きなスタンスを維持している。

ギャラクシー、ハローキティ展をブロードウェイ・マカオで開催

ハローキティの45周年を記念して、ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)はブロードウェイ・マカオ(Broadway Macau)で「ハローキティ・ハローアゲイン」展を7月18日から9月1日まで開催。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。