ホーム マカオ

マカオ

マカオのカジノが顔認証システム試験を開始

マカオのゲーミング規制機関によると、いくつかのカジノが顔認証システムを試験しているそうだ。

ウィン・リゾーツ、2160億円の「クリスタル・パビリオン」を建設へ

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)は、2021年後半にマカオのコタイ地域に位置するウィン・パレス(Wynn Palace)の隣に20億ドル(約2160億円)の「クリスタル・パビリオン(Crystal Pavilion)」を建設すると発表した。

マカオのトップIR事業者、合計10万8000人を雇用

マカオ・ビジネス誌の調査によると、マカオの6大IR事業者は2018年の時点で10万8000人以上の雇用の直接生み出していることが分かった。

メルコが持続可能な水産物のポリシーを強調

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、持続可能な漁業や農場から水産物を購入することを約束し、「健全で生産性が保護されている海は、海洋生態系とその恩恵で生計を立てるコミュニティ両方にとって重要です」と説明。

岡田和生、ウィン・マカオに対する1080億円の控訴棄却

日本のゲーミング業界の大御所、岡田和生氏によるウィン・マカオ(Wynn Macau)への10億米ドル(約1080億円)補償請求の無罪判決に対して、マカオ控訴裁判所は同判決を支持した。

マカオIR事業者、政府と台風対策を練る

マカオのゲーミングライセンスを持つ6社のIR事業者は、マカオ・ゲーミング検査調整局(Gaming Inspection and Coordination Bureau)と会議し、7月から始まる台風シーズンに備えて連携を図り、対策を練った。

マカオの利権再入札プロセス、「安定性」を重視

2022年に利権の再入札が行われるマカオのIR6社は、「安定性」が政府の政策におけるキーワードになる。そう語るのはマカオ大学の国政IRマネジメント部門のグレン・マッカートニー准教授(Glenn McCartney)。

ゲーミング業界のレジェンド2名が殿堂入りへ

5月22日に開催されたアジア・ゲーミング・ツリーの記念パーティーにて、ゲーミング業界における二人のレジェンドがアジアン・ホール・オブ・フェームに殿堂入りした。

デイジー・ホー:粤港澳大湾区計画がマカオにとってチャンスとなる

火曜日に開催されたG2Eアジアの開会の辞を述べたSJMホールディングス(SJM Holdings)の会長兼執行取締役のデイジー・ホー氏(Daisy Ho)は、中国の粤港澳大湾区計画に大きな役目を果たすマカオの前途が明るいと語った。

ギャラクシー、 VIP部門が2019年1月~3月期の足を引っ張る

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)の苦戦するVIP部門が前年比25%低下し、2019年1月~3月期の業績の足を引っ張った。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。