ホーム ヨーロッパ

ヨーロッパ

ガナパティ、9月にマニー・パッキャオのスロットゲームを売り出す

日本とフィリピンの相互支援的な関係をハイライトする製品だと主張するガナパティ(Ganapati)は、今年の9月にマニー・パッキャオ氏(Manny Pacquiao)をテーマにしたスロットゲームを発表した。ゲームの売上は、フィリピンで子供の教育を応援するマニー・パッキャオ・ファウンデーションに寄付される。

コナミ、「Opus」スロットのヨーロッパデビューを発表

コナミ・ゲーミングは、スロベニアのカジノ・フォルトゥーナ(Casinò Fortuna)のスロット200台を誇る豪華スロットフロアに大画面の「Opus」を1シマ設置したことでヨーロッパデビューを果たしたと発表した。

メルコ、「シティ・オブ・ドリームズ・メディテレーニアン」のオープンが延期

メルコリゾーツ&エンターテインメントがキプロスで開発している統合型リゾート「シティ・オブ・ドリームズ・メディテレーニアン」のオープン日が、建設作業が増えたことにより6ヶ月間遅れると報じられた。

キプロス観光副大臣、メルコを絶賛

メルコリゾーツ&エンターテインメントの発表によると、キプロス観光副大臣のサーヴァス・ペルディオス氏(Savvas Perdios)が、同社のシティ・オブ・ドリームス・メディテレーニアン(City of Dreams Mediterranean)をキプロスの観光推進努力において「重要な貢献者」であると絶賛した。

メルコ、キプロスでサテライト・カジノ営業を開始

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、4ヵ所新規サテライト・カジノ計画の1番目のカジノをキプロス島でオープンしたと現地メディアが報道した。

カジノ・オーストリア

カジノ・オーストリア・インターナショナルは1934年設立の親会社カジノ・オーストリアAGの国際拠点として1976年に設立された。設立されて以来、カジノ・オーストリア・インターナショナルは35カ国で事業を展開し、215のカジノやエンターテインメント施設を開設してきているとのこと。

メルコリゾーツ、キプロスのカジノへの来訪者数が17万5000人を超える

日本でのライセンス取得を目指しているメルコリゾーツ&エンターテイメント(Melco Resorts & Entertainment)によると、同社が6月にキプロス共和国に開設したカジノへの来訪者はすでに17万5000人を超えているという。

メルコ、キプロスでの新規カジノが期待を下回る

マカオを拠点とし、日本でのカジノライセンスの取得に最も積極的な企業のひとつであるカジノ運営会社のメルコリゾーツ&エンターテインメントは地中海のキプロス島の新しいリゾートの第1週目の運営が冴えないと述べた。

メルコ、キプロスでの臨時カジノ営業を6月28日より開始

金曜日、メルコ・インターナショナル・デベロップメント(Melco International Development)は、キプロス島に2021年までに開業予定の「シティ・オブ・ドリームス・メディテレーニアン(City of Dreams Mediterranean)」の着工式を行った。

ガナパティ、オンラインカジノ市場に日本的文化要素を追加

ガナパティは1年以上に及んだ準備の後、4月に国際的なオンラインカジノ市場に参入し、ギャンブラーやゲーマー達に魅力的でユニークな日本の雰囲気を提供することを目指している。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。