ホーム ヨーロッパ

ヨーロッパ

ガナパティ、9月にマニー・パッキャオのスロットゲームを売り出す

日本とフィリピンの相互支援的な関係をハイライトする製品だと主張するガナパティ(Ganapati)は、今年の9月にマニー・パッキャオ氏(Manny Pacquiao)をテーマにしたスロットゲームを発表した。ゲームの売上は、フィリピンで子供の教育を応援するマニー・パッキャオ・ファウンデーションに寄付される。

コナミ、「Opus」スロットのヨーロッパデビューを発表

コナミ・ゲーミングは、スロベニアのカジノ・フォルトゥーナ(Casinò Fortuna)のスロット200台を誇る豪華スロットフロアに大画面の「Opus」を1シマ設置したことでヨーロッパデビューを果たしたと発表した。

メルコ、「シティ・オブ・ドリームズ・メディテレーニアン」のオープンが延期

メルコリゾーツ&エンターテインメントがキプロスで開発している統合型リゾート「シティ・オブ・ドリームズ・メディテレーニアン」のオープン日が、建設作業が増えたことにより6ヶ月間遅れると報じられた。

キプロス観光副大臣、メルコを絶賛

メルコリゾーツ&エンターテインメントの発表によると、キプロス観光副大臣のサーヴァス・ペルディオス氏(Savvas Perdios)が、同社のシティ・オブ・ドリームス・メディテレーニアン(City of Dreams Mediterranean)をキプロスの観光推進努力において「重要な貢献者」であると絶賛した。

メルコ、キプロスでサテライト・カジノ営業を開始

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は、4ヵ所新規サテライト・カジノ計画の1番目のカジノをキプロス島でオープンしたと現地メディアが報道した。

カジノ・オーストリア

カジノ・オーストリア・インターナショナルは1934年設立の親会社カジノ・オーストリアAGの国際拠点として1976年に設立された。設立されて以来、カジノ・オーストリア・インターナショナルは35カ国で事業を展開し、215のカジノやエンターテインメント施設を開設してきているとのこと。

メルコリゾーツ、キプロスのカジノへの来訪者数が17万5000人を超える

日本でのライセンス取得を目指しているメルコリゾーツ&エンターテイメント(Melco Resorts & Entertainment)によると、同社が6月にキプロス共和国に開設したカジノへの来訪者はすでに17万5000人を超えているという。

メルコ、キプロスでの新規カジノが期待を下回る

マカオを拠点とし、日本でのカジノライセンスの取得に最も積極的な企業のひとつであるカジノ運営会社のメルコリゾーツ&エンターテインメントは地中海のキプロス島の新しいリゾートの第1週目の運営が冴えないと述べた。

メルコ、キプロスでの臨時カジノ営業を6月28日より開始

金曜日、メルコ・インターナショナル・デベロップメント(Melco International Development)は、キプロス島に2021年までに開業予定の「シティ・オブ・ドリームス・メディテレーニアン(City of Dreams Mediterranean)」の着工式を行った。

ガナパティ、オンラインカジノ市場に日本的文化要素を追加

ガナパティは1年以上に及んだ準備の後、4月に国際的なオンラインカジノ市場に参入し、ギャンブラーやゲーマー達に魅力的でユニークな日本の雰囲気を提供することを目指している。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。