ホーム ヨーロッパ

ヨーロッパ

ハードロック、スペインのIRライセンス取得

ハードロック・インターナショナル(Hard Rock International)はスペイン西部タラゴナで20億ユーロ(約2650億円)のIRを構築するライセンスを取得した。

アンドラ公国 初のカジノライセンス、ゲンティンら入札

スペインの情報機関によるど、ヨーロッパのアンドラ公国での最初のカジノライセンスのために13の入札があり、そのうちの1社は英国法人経由で入札したマレーシアのゲンティン・グループ(Genting Group)であると報道された。

ソシエテ・デ・バン・ド・メール

モナコ公国を筆頭株主とするソシエテ・デ・バン・ド・メール(Société des Bains de Mer = SBM)は、世界でもユニークな伝統を受け継いでいる。150年前に設立された同社は、モナコ公国でカジノにおける独占的権利を持ち、カジノ・デ・モンテカルロ(Casino de Monte-Carlo)、カジノ・カフェ・ド・パリ(Casino Café de Paris)、サン・カジノ(Sun Casino)、ベイ・カジノ(Bay Casino)を所有しながら運営している。

グループ・バリエール

グループ・バリエール(Groupe Barrière)の開発部は、2014年から月に1回のペースで、足しげく日本を訪れ始めている。日本の小規模都市IRへの入札の可能性を示唆している。 同グループは、ギャンブル以外のレジャー施設にも力を入れるいわゆる「ヨーロッパ式IR」を日本へ輸出することを目論んでいる。 本宮グループが日本でIRライセンスを獲得した場合、スエズ運河の東にある唯一の不動産資産を所有することになる。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。