ホーム 中国

中国

マカオのカジノオペレーター、米中関係の影響は

大手のリスクコンサルタント会社によると、中国と米国の長期的関係の移行が進行中であり、2つの経済大国が異なる方向性の道を描いており、この変化がマカオのカジノ運営者に大きな影響を及ぼす可能性がある。

中国SNSアプリ大手が年齢制限を導入、アプリ依存所対策

オンライン・アプリの依存症や未成年者への不適切なコンテンツの供給といった問題に対し、中国政府が推し進めている対策の一貫として、中国のソーシャルメディア用アプリ、Weiboの利用者に年齢制限が設けられた。

テンセント、未成年のゲーム時間制約に向けチェック体制を導入

中国のビデオゲーム大手テンセント(Tencent)は、未成年者が人気ゲームに没頭する時間に制約を設けようと、新しいチェック体制の導入を展開している。

ランディング・インターナショナルの会長がカンボジアで拘束か

中国メディアの報道によると、韓国の済州神話ワールド・リゾートを運営するランディング・インターナショナル(Landing International)のヤン・ジフイ(Yang Zhihui)会長はカンボジアの空港で拘束された。

中国のWeChat Payなど普及する中、高級品はまだ雑誌頼み

最近、中国からのツーリストによる、インターネットの巨匠テンセント・ホールディングスの微信ペイ(WeChat Pay)モバイル決済システムの使用率がさらに上昇してきている。ただし、中国のメディア支局フォーチュンの新しいアンケートによると、高級ブランドについては、中国の最も裕福な顧客にサービスを提供する場合、他の手段を提供するほうが良いということが判明した。

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

ハイナン島、Facebook・Youtube・Twitterを解禁へ

中国はハイナン島の特定の地域において、外国人観光客がFacebook・YouTube・Twitterにアクセスできるよう、 グレート・ファイアウォール(Great Firewall)と呼ばれる中国のネット検閲システムの一部を緩和する計画を発表したとロイターは報じている。

ハイナン島リゾート、疑似ゲーミングフロアの建設を計画

中国のハイナン島にある少なくとも5つの中国所有のリゾートが、リゾート内の大宴会場をを疑似ゲームフロアに改装する計画を打ち出しているとブルームバーグ・リサーチ(Bloomberg Research)が報じている。

海南競馬、様々な課題に直面

中国政府の4月期の発表はと、海南が経済ハブとして「始動」し、競馬および新たな形態のスポーツくじが当該地区に将来的に導入され、王道としてのスポーツを普及させることで、楽観主義と警戒の均一化が成就されることになるだろうという内容であった。

500ドットコムのCOOジェン氏が辞任

中国のオンラインスポーツくじサービスのプロバイダである500.comは、同社の最高執行責任者(COO)であるレイ・ジェン氏(Lei Zheng)が個人的な事由により辞任したことを発表した

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。