ホーム 中国

中国

500ドットコム、ヨーロッパ事業低迷で損失拡大

中国のくじサービスプロバイダーの500ドットコムは、収益減により2019年第一四半期の純損失が9320万元(約14億8600億円)だったと発表した。

500ドットコム、2018年損失を報告

オンライン・スポーツ宝くじ会社500ドットコムは、木曜日に2018年の純損失が4億5390万人民元(約75億円)に拡大したことを報告した。2017年の損失は3億3240万人民元(約55億円)だった。
US-China trade war

米中貿易戦争、2019年に再開の可能性

米中貿易戦争の休戦は、中国経済に対する外的圧力を緩和する影響をもたらすが、交渉立場の各差が大きくなることに考慮すると、再び貿易緊張が高まるリスクは十分に残っているとフィッチ・レーティングズが語る。

日本、中国の海外トップ旅行先となる


10月初めの中国のゴールデンウィーク連休の間、日本は中国観光客の一番の海外旅行先として初めてタイを追い抜くこととなった。

中国の社会信用システム、渡航を規制

中国は、新しく導入された社会信用システムの評価が低い大勢の市民の渡航を規制していると報道があった。

マカオのカジノオペレーター、米中関係の影響は

大手のリスクコンサルタント会社によると、中国と米国の長期的関係の移行が進行中であり、2つの経済大国が異なる方向性の道を描いており、この変化がマカオのカジノ運営者に大きな影響を及ぼす可能性がある。

中国SNSアプリ大手が年齢制限を導入、アプリ依存所対策

オンライン・アプリの依存症や未成年者への不適切なコンテンツの供給といった問題に対し、中国政府が推し進めている対策の一貫として、中国のソーシャルメディア用アプリ、Weiboの利用者に年齢制限が設けられた。

テンセント、未成年のゲーム時間制約に向けチェック体制を導入

中国のビデオゲーム大手テンセント(Tencent)は、未成年者が人気ゲームに没頭する時間に制約を設けようと、新しいチェック体制の導入を展開している。

ランディング・インターナショナルの会長がカンボジアで拘束か

中国メディアの報道によると、韓国の済州神話ワールド・リゾートを運営するランディング・インターナショナル(Landing International)のヤン・ジフイ(Yang Zhihui)会長はカンボジアの空港で拘束された。

中国のWeChat Payなど普及する中、高級品はまだ雑誌頼み

最近、中国からのツーリストによる、インターネットの巨匠テンセント・ホールディングスの微信ペイ(WeChat Pay)モバイル決済システムの使用率がさらに上昇してきている。ただし、中国のメディア支局フォーチュンの新しいアンケートによると、高級ブランドについては、中国の最も裕福な顧客にサービスを提供する場合、他の手段を提供するほうが良いということが判明した。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。