ホーム 中国

中国

US-China trade war

米中貿易戦争、2019年に再開の可能性

米中貿易戦争の休戦は、中国経済に対する外的圧力を緩和する影響をもたらすが、交渉立場の各差が大きくなることに考慮すると、再び貿易緊張が高まるリスクは十分に残っているとフィッチ・レーティングズが語る。

日本、中国の海外トップ旅行先となる


10月初めの中国のゴールデンウィーク連休の間、日本は中国観光客の一番の海外旅行先として初めてタイを追い抜くこととなった。

中国の社会信用システム、渡航を規制

中国は、新しく導入された社会信用システムの評価が低い大勢の市民の渡航を規制していると報道があった。

マカオのカジノオペレーター、米中関係の影響は

大手のリスクコンサルタント会社によると、中国と米国の長期的関係の移行が進行中であり、2つの経済大国が異なる方向性の道を描いており、この変化がマカオのカジノ運営者に大きな影響を及ぼす可能性がある。

中国SNSアプリ大手が年齢制限を導入、アプリ依存所対策

オンライン・アプリの依存症や未成年者への不適切なコンテンツの供給といった問題に対し、中国政府が推し進めている対策の一貫として、中国のソーシャルメディア用アプリ、Weiboの利用者に年齢制限が設けられた。

テンセント、未成年のゲーム時間制約に向けチェック体制を導入

中国のビデオゲーム大手テンセント(Tencent)は、未成年者が人気ゲームに没頭する時間に制約を設けようと、新しいチェック体制の導入を展開している。

ランディング・インターナショナルの会長がカンボジアで拘束か

中国メディアの報道によると、韓国の済州神話ワールド・リゾートを運営するランディング・インターナショナル(Landing International)のヤン・ジフイ(Yang Zhihui)会長はカンボジアの空港で拘束された。

中国のWeChat Payなど普及する中、高級品はまだ雑誌頼み

最近、中国からのツーリストによる、インターネットの巨匠テンセント・ホールディングスの微信ペイ(WeChat Pay)モバイル決済システムの使用率がさらに上昇してきている。ただし、中国のメディア支局フォーチュンの新しいアンケートによると、高級ブランドについては、中国の最も裕福な顧客にサービスを提供する場合、他の手段を提供するほうが良いということが判明した。

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

ハイナン島、Facebook・Youtube・Twitterを解禁へ

中国はハイナン島の特定の地域において、外国人観光客がFacebook・YouTube・Twitterにアクセスできるよう、 グレート・ファイアウォール(Great Firewall)と呼ばれる中国のネット検閲システムの一部を緩和する計画を発表したとロイターは報じている。

アクセスランキング

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。