ホーム 中国

中国

中国のeスポーツ市場、2020年までに世界のユーザーの6割を占める

中国のゲーミング複合企業であるテンセント(Tencent)の今週火曜日の報告では、中国のeスポーツ市場は2020年までに3億5000万人のユーザーと約15億ドル(約1650億円)の規模に拡大し、そのユーザー数は全世界の59%を占めると予想されている。

ハイナン島、Facebook・Youtube・Twitterを解禁へ

中国はハイナン島の特定の地域において、外国人観光客がFacebook・YouTube・Twitterにアクセスできるよう、 グレート・ファイアウォール(Great Firewall)と呼ばれる中国のネット検閲システムの一部を緩和する計画を発表したとロイターは報じている。

ハイナン島リゾート、疑似ゲーミングフロアの建設を計画

中国のハイナン島にある少なくとも5つの中国所有のリゾートが、リゾート内の大宴会場をを疑似ゲームフロアに改装する計画を打ち出しているとブルームバーグ・リサーチ(Bloomberg Research)が報じている。

海南競馬、様々な課題に直面

中国政府の4月期の発表はと、海南が経済ハブとして「始動」し、競馬および新たな形態のスポーツくじが当該地区に将来的に導入され、王道としてのスポーツを普及させることで、楽観主義と警戒の均一化が成就されることになるだろうという内容であった。

500ドットコムのCOOジェン氏が辞任

中国のオンラインスポーツくじサービスのプロバイダである500.comは、同社の最高執行責任者(COO)であるレイ・ジェン氏(Lei Zheng)が個人的な事由により辞任したことを発表した

第二級の都市の観光促進を目的としたインターネットの活用

ブルームバーグのアナリスト、リン・ウェイ・ソン氏(Vey-Sern Ling)は、中国の第二級の都市でのインターネット利用が増加しており、そのことから海外旅行の増加が期待されると述べた。

500ドットコム

500ドットコムは深圳が本拠のオンラインスポーツくじ企業であり、中国ではきじ関連事業の先駆者として多数のくじをうんえいしている。2017年に欧州のくじ市場に参入した他、最近ではIR業界など新しい事業に強い興味を示してきた。現在、中国のくじ規制の変更により多大な影響を受けている状況。

2025年までに倍増する中国のプレミアム消費者

バーンスタイン・リサーチのアナリストは、中国のプレミアム消費者が今後7年間で2倍近く増加し、1億1700万人に達すると予測している。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。