ホーム 太平洋諸島

太平洋諸島

日本のGCM、インペリアル・パシフィックに550億円の投資に合意

株式会社GCMは、サイパン島に建設されるインペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)IRに5億米ドル(約550億円)を投資することに合意したと同社が発表した。

インペリアル・パシフィック、9月に部分的にオープン

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は火曜日、カジノリゾートを9月30日までに「部分的に」オープンすることを発表した。

インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

インペリアル・パシフィック、2018年は減益と負債により損失を記録

サイパン島でカジノを運営するインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、収益の減少および売上負債の増加により、2018年は損失が見込まれている。

インペリアル・パシフィック、2日間の閉鎖からカジノ営業を再開

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の企業告知によると、2日間閉鎖していたサイパン島のカジノを18日に営業再開させた。

インペリアル・パシフィック、一時的にカジノを閉鎖

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、スーパータイフーン・イートゥ(Super Typhoon Yutu = 台風26号)による観光低迷および損害を理由に、サイパンのカジノ運営を「今後通知があるまで」一時的に閉鎖する予定でいる。

インペリアル・パシフィックCEO、1年満たず退任

日本で自社ブランドの宣伝を推し進めてきたインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)では、ハリー・チャン氏(Harry Cheang)が同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を就任後、一年にも満たず退任することになり、さらなる試練に直面することになった。

インペリアル・パシフィック、ゲーミング施設の竣工期限が3年間延長

インペリアル・パシフィック・インターナショナルは(Imperial Pacific International)の提出書類によると、サイパン島での同社ゲーミング施設の竣工期限が2021年2月28日まで延長された。

インペリアル・パシフィック竣工期限を2020年

北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の開発計画諮問委員会(DPAC)は、サイパン島でホテル・カジノの建設計画を進めているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の竣工期限を2020年12月に延期するように勧告したと、地元メディアが伝えている。

インペリアル・パシフィック、給与の支払い遅延の問題に見舞われる

日本からの旅行者をサイパンの統合型リゾート(IR)へ取り込もうと試みているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、従業員への8月分給与の支払いを目的とした送金が滞っていることを明らかにした。

アクセスランキング

国税庁、ギャンブル所得の申告を呼び掛ける

国税庁は、所得税の確定申告の始まりに合わせて、ギャンブルによる利益の適正な申告を呼び掛けている。

シェルドン・アデルソン、癌と闘う

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

ダイナム、ビデオ・スロットの共同開発へ

全国でもっとも多くパチンコ・ホールの店舗を展開している株式会社ダイナムとシンガポールを拠点とするゲーミング機器メーカーのウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(Weike Gaming Technology)は、新規のビデオ・スロット機の共同開発を明らかにした。

佐世保商工会議所、6月にビジネス構築セミナー開催へ

和歌山市で成功したイベントに続き、佐世保市でも「ビジネス構築セミナー」が6月27日に開催される。このイベントは長崎県公認であり、佐世保商工会議所が主催する。

シンガポール、日本IRとの競争に備える

日本の初となるIRのオープンが数年先のことであるにもかかわらず、シンガポール政府が2ヵ所のIRに66億米ドル(約7260億円)の施設拡張を許可したことが、日本のIRが生み出す競争環境が訪問者などを奪いすぎないための対策であると考えられる。