ホーム 太平洋諸島

太平洋諸島

米国連邦政府、ハラスメントをめぐりインペリアル・パシフィックを起訴

インペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)は、同社のハイローラー客が言葉によるハラスメントまた性的嫌がらせをしたとして、米国雇用機会均等委員会に訴えられている。

サイパン、ジャンケット増加を検討

北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission, CCC)は本日、4つの新規ジャンケット申請とインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)会長の契約延長を話し合うことになった。

インペリアル・パシフィック、滞納をめぐり4000万円の罰金

北マリアナ諸島の現地メディアによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は年間更新料の滞納をめぐり、37万5000米ドル(約4000万円)の罰金が課された。

インペリアル・パシフィック、更新料を払うものの困難が続く

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、米連邦カジノ委員会(Commonwealth Casino Commission)に支払わなければならない年間更新料の残り1050万米ドル(約11億円)が確認されているが、インペリアル・パシフィックは2019年前半における損失を報告した。

インペリアル・パシフィック、カジノライセンス更新料トラブル

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2019年8月12日を期日とする1500万米ドル(約16億円)の年間更新料3分の1しか支払っていないことをめぐり、サイパン政府との間にトラブルが発生した。

インペリアル・パシフィック、サイパン島のリゾーツ開発業者株式を50%買収

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)はサイパン島で2ヵ所の土地を開発しているアメリカン・シノパン(American Sinopan)の株式を50%買収する売買契約に合意したことを発表した。

サイパン島、純収益10%のゲーミング税法案提出

サイパン島のティナ・サブラン議員(Tina Sablan)がゲーミング純収益に10%課税する新たなゲーミング税の法案を提出した。

インペリアル・パシフィック、オンライン・ゲーミングへ興味

サイパン島で統合型リゾートを建設しているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、北マリアナ諸島がオンライン・ゲーミングを合法化させる法案を通せば、オンライン・ゲーミング運営に興味を持っている。

日本のGCM、インペリアル・パシフィックに550億円の投資に合意

株式会社GCMは、サイパン島に建設されるインペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)IRに5億米ドル(約550億円)を投資することに合意したと同社が発表した。

インペリアル・パシフィック、9月に部分的にオープン

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は火曜日、カジノリゾートを9月30日までに「部分的に」オープンすることを発表した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。