ホーム 太平洋諸島

太平洋諸島

インペリアル・パシフィック、2018年は減益と負債により損失を記録

サイパン島でカジノを運営するインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、収益の減少および売上負債の増加により、2018年は損失が見込まれている。

インペリアル・パシフィック、2日間の閉鎖からカジノ営業を再開

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の企業告知によると、2日間閉鎖していたサイパン島のカジノを18日に営業再開させた。

インペリアル・パシフィック、一時的にカジノを閉鎖

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、スーパータイフーン・イートゥ(Super Typhoon Yutu = 台風26号)による観光低迷および損害を理由に、サイパンのカジノ運営を「今後通知があるまで」一時的に閉鎖する予定でいる。

インペリアル・パシフィックCEO、1年満たず退任

日本で自社ブランドの宣伝を推し進めてきたインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)では、ハリー・チャン氏(Harry Cheang)が同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を就任後、一年にも満たず退任することになり、さらなる試練に直面することになった。

インペリアル・パシフィック、ゲーミング施設の竣工期限が3年間延長

インペリアル・パシフィック・インターナショナルは(Imperial Pacific International)の提出書類によると、サイパン島での同社ゲーミング施設の竣工期限が2021年2月28日まで延長された。

インペリアル・パシフィック竣工期限を2020年

北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)の開発計画諮問委員会(DPAC)は、サイパン島でホテル・カジノの建設計画を進めているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の竣工期限を2020年12月に延期するように勧告したと、地元メディアが伝えている。

インペリアル・パシフィック、給与の支払い遅延の問題に見舞われる

日本からの旅行者をサイパンの統合型リゾート(IR)へ取り込もうと試みているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、従業員への8月分給与の支払いを目的とした送金が滞っていることを明らかにした。

日本人投資家が北マリアナ諸島のカジノへ興味

サイパン島のデビッドM.アパタン(David M. Apatang)市長によると、日本の投資家が北マリアナ諸島のロタ島でのカジノ建設に向けて動いていると発言した。

サイパン島のIR、負債回収目的でクライアントを訴訟

地元のマスコミによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、サイパン島カジノの香港および中国のプレーヤーの負債1275万米ドル(約14億円)を回収するために13件以上の訴訟を行ったという。

中国による北マリアナ諸島への投資、米国へは脅威か

中国の北マリアナ諸島への関心が高まることで、自国の「戦略的アセット」として同島を捉えている米国の治安当局にとって懸念となっている。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。