ホーム 太平洋諸島

太平洋諸島

インペリアル・パシフィック、サイパン島のリゾーツ開発業者株式を50%買収

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)はサイパン島で2ヵ所の土地を開発しているアメリカン・シノパン(American Sinopan)の株式を50%買収する売買契約に合意したことを発表した。

サイパン島、純収益10%のゲーミング税法案提出

サイパン島のティナ・サブラン議員(Tina Sablan)がゲーミング純収益に10%課税する新たなゲーミング税の法案を提出した。

インペリアル・パシフィック、オンライン・ゲーミングへ興味

サイパン島で統合型リゾートを建設しているインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、北マリアナ諸島がオンライン・ゲーミングを合法化させる法案を通せば、オンライン・ゲーミング運営に興味を持っている。

日本のGCM、インペリアル・パシフィックに550億円の投資に合意

株式会社GCMは、サイパン島に建設されるインペリアル・パシフィック(Imperial Pacific)IRに5億米ドル(約550億円)を投資することに合意したと同社が発表した。

インペリアル・パシフィック、9月に部分的にオープン

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は火曜日、カジノリゾートを9月30日までに「部分的に」オープンすることを発表した。

インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

インペリアル・パシフィック、2018年は減益と負債により損失を記録

サイパン島でカジノを運営するインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、収益の減少および売上負債の増加により、2018年は損失が見込まれている。

インペリアル・パシフィック、2日間の閉鎖からカジノ営業を再開

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)の企業告知によると、2日間閉鎖していたサイパン島のカジノを18日に営業再開させた。

インペリアル・パシフィック、一時的にカジノを閉鎖

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、スーパータイフーン・イートゥ(Super Typhoon Yutu = 台風26号)による観光低迷および損害を理由に、サイパンのカジノ運営を「今後通知があるまで」一時的に閉鎖する予定でいる。

インペリアル・パシフィックCEO、1年満たず退任

日本で自社ブランドの宣伝を推し進めてきたインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)では、ハリー・チャン氏(Harry Cheang)が同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を就任後、一年にも満たず退任することになり、さらなる試練に直面することになった。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。