ホーム 日本

日本

米国部族カジノ事業、日本政府への教訓となる

ミッション・インディアン系の「サン・マヌエル族(San Manuel)」の元会長デロン・マルケス氏(Deron Marquez)は、AGB Nipponとのインタビューで日本の規制機関は米国の部族カジノから教訓を学ぶべきだと強く主張した。

MGMリゾーツ、天神祭に今年も協賛

日本MGMリゾーツは2年連続で大阪の「天神祭」に協賛し、祭りのフィナーレを飾る花火を奉納する。

和歌山県のIR有識者会議委員が明らかになる

和歌山県はIR有識者会義の初となる会議を8月6日に設定し、8人により構成される会議名簿を明らかにした。

2018年のパチンコ参加人口950万人

公益財団法人日本生産性本部余暇総研が7月18日に発表した『レジャー白書2019』の概要によると、2018年の余暇市場規模は71兆9140億円で前年比0.1%とわずかではあるが増加。

東京とフィリピン裁判所、岡田和生氏の訴えを拒否

東京とフィリピン裁判所は、自身が創業したゲーミング事業を取り戻そうと戦っている岡田和生氏の訴えを拒否した。

北海道のIR政策、統一出来ず

苫小牧市のIR招致に対して、地元では賛成派と反対派の綱引き状態が続いている。

横浜商工会議所、市長にIR決断を要請

横浜商工会議所はIR誘致に関し、横浜市の林文子市長に早く決断をするように要請をしたことが分かった。

新千歳空港、発着枠20%増加へ

石井啓一国土交通大臣は16日、北海道の新千歳空港における発着枠を来春には20%増加させると発表した。

ギャラクシー・エンターテインメント、 サッカー・ジュニア杯を主催

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は、スポーツ支援を通して日本社会との絆を深める目的のもとでギャラクシー・エンターテインメント・ サッカー・ジュニア杯の主催を発表した。

クルーズ船、地域社会に貢献するとは限らず

多くのIR計画にはクルーズ船が日本を訪れる頻度を上げることが重大な要素となっているが、長崎市での出来事は寄港するクルーズ船数が増えただけで地域社会に恩恵をもたらすとは限らないという警告になるかもしれない。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。