ホーム 日本

日本

大阪、夢州IRに巨大会議場の建設を促される

大阪IR推進会議の第9回目の会合が11月14日に開催され、大阪に現存する最大規模の会議場の約2倍の5000人以上が収容可能の国際会議場が夢州IR建設の際に含まれるべきであるということで意見が一致した。

細田氏、沖縄が望まぬもIR入札を呼び掛ける

与党の政治家である細田博之氏は、新たに知事となった玉城デニーが何度も反対の意を唱えてきたにもかかわらず、大胆にも沖縄にIR加盟を呼び掛けたと明らかにした。

野村、万国博覧会とIRが大阪経済を活性化させると主張

証券持株会社野村は11月9日の研究ノートにて「万国博覧会とカジノライセンス入札の両方の獲得は投資収益を押し上げ、大阪の経済にプラスの影響を与えることが期待される。」と大阪政府の意見に同意。

名古屋市長、IR入札の正式な意向表明へ

県知事の異議に臆することもなく名古屋市長の河村たかし氏は月曜日の記者会見にて近い将来、市のIR入札の正式な意向表明を行うことを指摘した。

岩手競馬、4度目のステロイド検出

月曜日の夜、岩手県競馬組合(岩手競馬)に所属する競走馬から4度目となるステロイド薬のボルデノン(筋肉増強剤)陽性反応は出たと発表されたが、当局はこの事件の原因となる謎の解明に近づきつつある模様。

ユニバーサル・エンターテインメントの1~9月期、純利益1680億円

ゲーミング複合企業ユニバーサル・エンターテインメントは、2018年の1~9月期の純利益が1680億円、売上高670億円であることを発表した。

名古屋警察、インターネット・カジノ摘発で17人逮捕

週末の間に名古屋市内の警察は違法なインターネット・ギャンブルを提供していた「サムライ」という名の店をはじめとする3店舗を摘発。8人の従業員と9人の利用客の計17人が逮捕された。

ハードロック、北海道のプロサッカークラブをスポンサー

北海道苫小牧市でのIR構築を目指しているハードロック・ジャパンは地元のプロサッカーチーム北海道コンサドーレ札幌の「オフィシャルトップパートナー」になる契約を結んだ。尚、契約の財務条件は明らかにされていない。

政府がIRホテルの最低限の規模を設定

政府が日本IRの「中核施設」の規制作成が進むにつれ、先週の有識者会議ではホテルの最低限の規模が要件の1つとなることが明らかになった。

ラッシュ・ストリート・ジャパン、苫小牧市に注目 

10月上旬にシカゴに本社を置くラッシュ・ストリート・ゲーミングの日本法人がひっそりと設立され、IRライセンスキャンペーンの主な方向性として北海道の苫小牧市に注目している模様。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。