ホーム 日本

日本

ゲンティン、静かなる競争者

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)は日本IR活動に関して沈黙を貫いているにもかかわらず、国内で円建て債券を発行すると発表した。

青年会議所、福岡市にIR誘致競争参加を促進

福岡青年会議所は、九州の最も人口の多い福岡市にIR誘致を促進し、近い将来に同市や地元ビジネスリーダーに誘致を求める提言書を正式に提出することが分かった。

ラッシュ・ストリート・ジャパン、北海道の建築チームを披露

ラッシュ・ストリート・ジャパン(Rush Street Japan)は、北海道・苫小牧市でIRの実現を目指す建築チームを披露した。

和歌山県議会、IR誘致を推進する決議を可決

定例会の最終日である金曜日27日に、和歌山県議会は仁坂吉伸知事のマリーナシティにおけるIR誘致計画を推進する決議が可決した。

日本カジノ学院、カナダ企業と提携へ

日本カジノ学院は、カナダのワーキングホリデー制度を通して学院の生徒にカジノで実地訓練を提供するためにトロントを拠点とするアドバンテージ・ユナイテッド・リクルートメント・エイジェンシー(Advantage United Recruitment Agency)と提携を結んだ。

北海道、IR開発について道民の意見を求める

北海道政府は住民向けにIR開発に関する検討・研究を説明し、市民の意見を聞くための地域説明会を行うと発表した。市民の反応は、鈴木直道知事が道内誘致の是非を判断する材料にすると言われている。

ワールド・ポーカー・ツアー、日本テーブルゲーム前途多望と見込む

ワールド・ポーカー・ツアー(World Poker Tour, WPT)が東京の豪華ホテルで主催した3日間にわたるトーナメントに何百人のプレイヤーが集まり、日本市場におけるテーブルゲームが前途多望である可能性が示唆された。

オークラホールディングス、利益・収益が減少

パチンコホール事業者のオークラホールディングスは、いくつかの店舗が閉店したことにより収益の減少を報告した。規制改定によりパチンコ機のゲーミング要素が減り、ユーザーにとって魅力的でなくなったことが原因とされている。

メルコ役員、慶応義塾大学で研修を受ける

メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)は慶応義塾大学と連携し、20人を超える役人に日本の歴史、文化、商慣行について研修セミナーを実施した。セミナーは9月14日に東京で行われた。

少なくとも14つの自治体、まだIR誘致を検討中

全国調査と現地メディア報道を合わせて、現在では日本IR競争の第一段階で14つの自治体が誘致をまだ検討していることが分かった。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。