ホーム 日本

日本

ラスベガス・サンズ、大阪音楽フェスのスポンサーへ

ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は大阪・舞洲で8月16日から3日間で開催されるSummer Sonic 2019にメインスポンサー協賛すると発表した。

ギャラクシー、IR産業教育のため日本人学生をマカオへ招待

ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment)は3週間にわたる新規のIR産業教育プログラムを発表した。プログラムは東洋大学、京都産業大学、福岡大学、オークラ・ニッコー・ホテル・マネジメントの学生を対象にIR産業に関する教育のためにマカオへ招待するものである。

MGMムーレン氏:2025年国際博覧会までに大阪IRオープン可能

MGMリゾーツ会長兼CEOのジム・ムーレン氏(Jim Murren)は、2025年国際博覧会までに大阪・夢洲IRをオープンするのにまだ十分時間が残っているとジャパン・タイムズ紙に話した。おおよそ2800万人が訪れると考えられる国際博覧会に間に合えば、隣に位置するIRもその恩恵をうけるでしょう。

名古屋・東京で違法カジノ摘発

警察の全国主要都市における違法カジノ摘発の発表が相次ぐ中、今週だけで名古屋と東京の池袋を合わせて新たに2店が摘発され、4人が逮捕された。

ユニバーサル・エンターテインメント、1月~6月期に12.9%収益増加

ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment)の2019年1月~6月期における売上高は、各セグメントが好調だったオカダマニラに牽引され12.9%増の525億円となった。

和歌山県、IR有識者会議初会合を開く

和歌山県のIR有識者会は、8月6日に東京大学名誉教授の伊藤元重教授を座長とする初会合を開き、マリーナシティIR誘致を新しい段階に押し上げた。

第1回「北海道統合型リゾート産業展」が12月に開催

第1回「北海道統合型リゾート産業展」が12月11日と12日に開催される予定であり、依然として北海道への高い関心を表している。

バーンスタイン社:日本IR年間収益9580億~1兆1700億円を予想

バーンスタイン・リサーチ社の8月6日の報告によると、日本における第一段階3つのIRが関東と関西それぞれに開発されることになれば、合計年間収益が90億~110億米ドル(約9580億~1兆1700億円)の見通し。

IR基本方針、11月公表の可能性

IR誘致におけるプロセスや規則を具体的に定めるIR基本方針は、産経新聞によると11月に公表される予定であることが分かった。

長崎県、迅速かつ公平なIRコンソーシアム選定を目指す

IRコンソーシアムに加入する意向を示している企業おおよそ20社と話し合いを進めている長崎県は、他の自治体よりも早い2020年の秋までにコンソーシアム・パートナーを選定するとされている。

アクセスランキング

カジノ法案いまだに不評

保守派政党が多くの割合を占めている日本の議員らの間では現在の国会におけるIR実施法案が強く支持されてはいるが、共同通信社の最新の世論調査によるとカジノのギャンブルの合法化は一般大衆の間ではいまだに受け入れられてはいないことが分かった。

和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


EY 和歌山RFIコンサルティング契約獲得

和歌山県は木曜日にIR事業者とRFIプロセスを行うべくEY新日本有限責任監査法人を選定したと発表した。

ブルームベリー・リゾーツ、和歌山IR入札を視野に

ソレア・リゾート・マニラ(Solaire Resort Manila)のオペレーターでもある、フィリピンに本社を置くブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts)は、日本でのIRライセンス取得、特に和歌山マリーナシティでの運営を視野に入れ動き出した。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。