ホーム 日本

日本

国会会期 7月22日まで延長

IR実施法案における野党との厳しい争いを前に、自民党は通常国会を7月22日までの32日間延長を決定。

大阪府知事 IR入札規定を強化

夢州地区での国際IR事業者間の白熱の争奪戦を前に大阪府知事の松井一郎氏は公務員らが競合他社と接触する際の厳格な倫理規則の要点を述べた。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。

IR実施法案 衆議院を通過 

IR実施法案は自由民主党と公明党の2与党さらに大阪の維新の党の票の影響を受け、衆議院を通過し制定半ばまで進んでいる。

ユニバーサル・エンターテインメント、組織再編を計画

オカダマニラの親会社ユニバーサル・エンターテインメントは、「不適任と思われる個人」による悪影響からビジネスを守ることを目的としたグループ内の「組織再編」を計画している。この再編は、先週の金曜日にJASDAQに提出された書類において明らかとなった。

東京警察 歌舞伎町の違法カジノ摘発

東京警察は2カ月にわたり歌舞伎町のビルの地下で運営されていた違法インターネットカジノの関係者2名を逮捕した。

69% 素早いIR法案通過に反対

安倍政権はIR実施法案通過を強制させることが可能なだけの充分な議席を国会で管理しているが、最新の世論調査によれば野党のみならず大多数の日本国民もまた現時点では日本のカジノギャンブルの合法化計画に反対している模様。

日本IRのセキュリティ問題 

IRの設立は新たなセキュリティ上の課題をもたらすと思われるが、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の企業セキュリティ上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)によれば、日本はそれらの問題に対してうまく対応が出来るだろうとのこと。

IR法案6月19日に下院を通過か

IR実施法案を6月15日金曜日に内閣委員会にて強行通過させたことにより、野党の激しい反対を受けながらも6月19日火曜日に下院本会議を通過することが予想されている。

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。

アクセスランキング

ハードロック、北海道震災救援金寄付


ハードロック・インターナショナルは、41人の命を奪いさらに多くの負傷者を出した北海道地震に関連した救援活動を行うべく日本赤十字社に10万米ドル(約1120万円)を拠出した。

ゲンティン、手形償却で第3四半期損失へ

ゲンティン・マレーシアは、マシュピー・ワンパノアグ部族(Mashpee Wampanoag)が米国マサチューセッツ州のカジノ計画のために振り出した手形を償却したことで、第3四半期の損失を計上した。純損失は14億9000万リンギット(約407億円)、前年の営業利益は1億9380万リンギット(約53億円)となった。

ダイナム社、コスト削減により収益性アップ

全国でもっとも多くパチンコホールの店舗を展開している株式会社ダイナムは、コスト改善に努めた結果、2018年4月~9月期の税引前利益は前年比47.6%伸びていることを発表した。この収益性向上は総貸玉収入の2.6%減少にかかわらず達成したものである。

ウイン、建築設計の酷似を巡ってゲンティンを訴訟

ゲンティン・グループ(Genting Group)のリゾーツ・ワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)は、2020年にオープンとなる予定の40億米ドル(約4340億円)のラスベガス施設を巡って商標権侵害と不平競争を訴えられたと現地メディアが報道した。

フィリピンのゲーミング総粗利益、今年は4400億円以上

ロイター通信のレポートによると、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)は2019年の国内ゲーミング総粗利益が8.5%増の2170億ペソ(約4485億円)を記録すると予測している。