ホーム 日本

日本

日本版のIR:自然災害への備え

今週大阪で発生したマグニチュード6.1の地震は日本のIRが他の管轄区域以上に地震や津波火山噴火等の自然災害対策を強く念頭に入れつつ設計される必要性を再確認させるものとなった。

国会会期 7月22日まで延長

IR実施法案における野党との厳しい争いを前に、自民党は通常国会を7月22日までの32日間延長を決定。

大阪府知事 IR入札規定を強化

夢州地区での国際IR事業者間の白熱の争奪戦を前に大阪府知事の松井一郎氏は公務員らが競合他社と接触する際の厳格な倫理規則の要点を述べた。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。

IR実施法案 衆議院を通過 

IR実施法案は自由民主党と公明党の2与党さらに大阪の維新の党の票の影響を受け、衆議院を通過し制定半ばまで進んでいる。

ユニバーサル・エンターテインメント、組織再編を計画

オカダマニラの親会社ユニバーサル・エンターテインメントは、「不適任と思われる個人」による悪影響からビジネスを守ることを目的としたグループ内の「組織再編」を計画している。この再編は、先週の金曜日にJASDAQに提出された書類において明らかとなった。

東京警察 歌舞伎町の違法カジノ摘発

東京警察は2カ月にわたり歌舞伎町のビルの地下で運営されていた違法インターネットカジノの関係者2名を逮捕した。

69% 素早いIR法案通過に反対

安倍政権はIR実施法案通過を強制させることが可能なだけの充分な議席を国会で管理しているが、最新の世論調査によれば野党のみならず大多数の日本国民もまた現時点では日本のカジノギャンブルの合法化計画に反対している模様。

日本IRのセキュリティ問題 

IRの設立は新たなセキュリティ上の課題をもたらすと思われるが、ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)の企業セキュリティ上級副社長であるジェームズ・スターン氏(James Stern)によれば、日本はそれらの問題に対してうまく対応が出来るだろうとのこと。

IR法案6月19日に下院を通過か

IR実施法案を6月15日金曜日に内閣委員会にて強行通過させたことにより、野党の激しい反対を受けながらも6月19日火曜日に下院本会議を通過することが予想されている。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。