ホーム 日本

日本

ハードロック 苫小牧市にて支社開設予定


ハードロック・ジャパン(Hard Rock Japan)は8月あるいは9月に北海道苫小牧市に事務所を開設する準備を進めており、フロリダのオーランド市を拠点とするオペレーターがIR活動をこの地域に集中させていることを示している。

山下ふ頭IR概念へ強い反対 

横浜港運協会の藤木幸夫会長は毎日新聞とのインタビューで山下ふ頭でのIR設置に対し強く反対を表明し、それでも市政府がカジノを主催したいという主張を推し進めたいのであれば、代わりに現地の米軍基地を改造するべきだと提案した。

カジノ貸金制度法的課題に直面か

カジノ反対派の弁護士らは事業者がカジノ顧客への資金の貸し付けを可能にするIR実施法案の第85条は単にギャンブル依存症という観点からの懸念ではなく、いずれ法的な課題に直面する可能性があるということを主張。

野党、再びIR法案可決を防止

野党による再三にわたる反対勢力が現在、今週の衆議院でのIR実施法案の可決を、防止することになると見られている。

IR法案通過を短期間延期

立憲民主党が率いる野党の指導者らは引き続きIR実施法案への批判を強く表明しており、衆議院を通して法案通過を遅延させる手段に出た。

和歌山当局者 IR入札に自信

3つあるライセンスのうちの一つを和歌山が獲得する可能性が高いとする分析家の数は少ないものの、都道府県関係者は入札について自信を持っている様子。

塩川氏 アメリカのIR法案への影響に不満

日本共産党7期目の衆議院議員塩川鉄也氏は日本政府が強力なアメリカ人実業家らに有利になるようIR実施法案の形を変えたと繰り返し主張し、不満をあらわにしている。

野党 IR法案に対し土壇場の行動

5つの野党から各衆議院議員5人らが6月12日に国会議事堂にて記者会見を開き、衆議院を通してのIR実施法案の実施を阻止するべく最後の試みに出た。

IR法案評論家 貸金業に関する条項を批判

事業者がカジノ顧客に資金を貸すことを可能にするIR実施法案の第85条は、この制度がギャンブル問題および他の社会的懸念が悪化すると恐れる反対派の強い批判を受けている。

千葉県知事 IR入札は「白紙」

6月7日の定例記者会見で千葉県知事の森田健作氏は記者の質問に対して、県内のIR入札に関するの立場は「今のところまだ白紙状態でございます。」と答え、どちらかというと積極性に欠けた対応を見せた。

アクセスランキング

オーストラリアのクラウン、再び不正疑惑

地元のメディア報道によると、クラウン・リゾーツはスロットマシン不正疑惑により今週注目されている。

IR支持者ら 世論調査の偏見を指摘

最近の新聞世論調査によると、結果はIR支持者らにとっては好ましいものではないとされる反面、一部は調査の結果を鵜呑みすべきではないことを指摘している。

衆議院 ギャンブル依存症法案を可決

ギャンブル等依存症対策基本法案の議論が水曜日に衆議院内閣委員会にて開始された。法案は5月25日の金曜日の事業終了までに衆議院の総会にて可決される予定。

バーンスタイン社:上昇する資本流出規制のリスク

中国資本の規制が今後のIR市場を大きく左右することが明確になってきている。木曜日、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)は、資本流出の増大する脅威を制御するための取り組みに付随する、最近のユニオンペイ(UnionPay)端末の撤去により、発展が衰退すると指摘していたそうである。

シーザーズ、日本のエンターテインメント市場をスカウト

シーザーズのエンターテインメント担当の会長であるジェイソン・ガストワース氏(Jason Gastwirth)は、AGB Nipponとの独占インタビューで日本のタレント事務所やその関連団体と初期段階の話し合いを行い、日本でのシーザーズIR劇場での上演の可能性を手に入れるべく協力をあおいでいることを明らかにした。