ホーム 韓国

韓国

Inpire IR at Incheon

モヒガンとパラマウントが仁川にてIRでコラボレーション

モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment )とパラマウント・ピクチャーズ・コーポレーション(Paramount Pictures Corporation)は、韓国の仁川のインスパイヤーIR(Inspire IR)にて40万4000平方メートルのパラマウント・ピクチャーズ・ブランドのテーマパークを建設することを発表した。
Paradise Group gain

パラダイス・グループの11月売上5%減

パラダイス・グループ(Paradise Group)の11月カジノ売り上げがゲーミング機の収益増がありながらテーブルゲームの収益減少により5%下がった。

韓国のパラダイス社、10月の売上39.2%上昇

パラダイス社(Paradise)の10月におけるカジノの売上は、好調なテーブルゲームにけん引される形で前年の同月比で39.2%上昇した。

韓国野党、国内での不法雇用スキャンダルへの徹底調査を要求

韓国のメディアによると、野党は月曜、公営の江原ランド(Kangwon Land)のIRを含む、複数の公的機関で横行していた不法な雇用慣行について議会が合同で徹底した調査に乗り出すべきだとする提案を行ったという。

パラダイス・シティ、開発計画のフェーズ1を完了

パラダイス・セガサミー(Paradise SegaSammy)は、9月21日にパラダイス・シティ(Paradise City)にエンターテイメントを主眼に置く新しい施設をオープンさせると伝えた。これにより、開発計画のフェーズ1が完了するという。

ロッテツアー社、済州IRの資金調達

ロッテ・ツアー・ディベロップメント社は、韓国の済州島にIRの建設に向けて2400億ウォン(約237億円)を調達している。「済州ドリームタワー」というIR施設では、38フロアが高さ169メートルに達する予定であり、完成時には済州島で最も高く、最大のランドマークになる。

ロッテ・ツアー、済州島での買収でカジノビジネスに参入

観光旅行先として日本人に人気の韓国の済州島では、旅行会社ロッテ・ツアー・ディベロップメント(Lotte Tour Development)が150億ウォン(約15億円)でパラダイス済州ロッテ・カジノを購入。これにより、カジノ部門への投資を続けている。

日本人プレーヤー、韓国のパラダイス・シティの利益に貢献

セガサミーホールディングスとパラダイス社(Paradise Co.)は、日本人客が増大していることから永宗島のパラダイスシティ(Paradise City)のIRにおける緩やかな利益増大を目にしている。これにより、昨年の旅行禁止令による中国人旅行客の下落を埋め合わせる形となった。

2017年の韓国におけるカジノ収益、5.9%の減少を記録

2017年の韓国のカジノ売上高は、3月に中国当局によって発令された韓国への団体旅行禁止令の影響を受け、5.9%の減少となった。

韓国のパラダイス、スロットマシン収益の急増と全体収益増

韓国のパラダイス社(Paradise Co.)はスロットマシン収益の急増に伴い、5月のゲーミング収益が25.2%上昇したと報告した。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。