ホーム 韓国

韓国

モヒカン、カナダ・韓国地域会長を任命

米国の部族カジノ事業者モヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(Mohegan Gaming & Entertainment = MGE)はカナダと韓国における事業の地域会長にクリスチャン・ブロック氏(Christian Block)の任命を発表した。

初のコリア・ゲーミング・コングレスが7月に

7月17日から18日の2日間、初のコリアン・ゲーミング・コングレスが仁川にて開催される。

韓国:野党、国民用2ヵ所目のカジノ建設を訴えかける

野党は、全羅北道における観光復興のため国民がギャンブルできる2ヵ所目となるカジノの開発許可を政府に訴えた。

韓国のカジノ・オペレーター、2019年の業績まちまち

2019年の第1四半期における韓国のカジノオペレーターの業績がまちまちであり、カンウォンランド(Kangwon Land)が13.3%の純利益を報告したものの、グランド・コリア・レジャー(Grand Korea Leisure)などは純利益が半減したことを報告した。

セガサミー、パラダイス・シティIRで新施設のオープンへ

仁川にあるパラダイス・シティーIRは、屋内型アミューズメント施設「ワンダーボックス」が3月31日の日曜日にオープンすると発表した。パラダイス・シティーIRは、セガサミーホールディングスと韓国のリゾート施設オペレーターのパラダイス・グループ(Paradise Group)の合併事業である。
Inpire IR at Incheon

モヒガンとパラマウントが仁川にてIRでコラボレーション

モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント(Mohegan Gaming & Entertainment )とパラマウント・ピクチャーズ・コーポレーション(Paramount Pictures Corporation)は、韓国の仁川のインスパイヤーIR(Inspire IR)にて40万4000平方メートルのパラマウント・ピクチャーズ・ブランドのテーマパークを建設することを発表した。
Paradise Group gain

パラダイス・グループの11月売上5%減

パラダイス・グループ(Paradise Group)の11月カジノ売り上げがゲーミング機の収益増がありながらテーブルゲームの収益減少により5%下がった。

韓国のパラダイス社、10月の売上39.2%上昇

パラダイス社(Paradise)の10月におけるカジノの売上は、好調なテーブルゲームにけん引される形で前年の同月比で39.2%上昇した。

韓国野党、国内での不法雇用スキャンダルへの徹底調査を要求

韓国のメディアによると、野党は月曜、公営の江原ランド(Kangwon Land)のIRを含む、複数の公的機関で横行していた不法な雇用慣行について議会が合同で徹底した調査に乗り出すべきだとする提案を行ったという。

パラダイス・シティ、開発計画のフェーズ1を完了

パラダイス・セガサミー(Paradise SegaSammy)は、9月21日にパラダイス・シティ(Paradise City)にエンターテイメントを主眼に置く新しい施設をオープンさせると伝えた。これにより、開発計画のフェーズ1が完了するという。

アクセスランキング

カジノ議論パチンコ産業課題に影響 

日本のパチンコ業界のトップらはカジノ討論に対する世間一般の関心が高まっていることにより、ギャンブル依存症問題が業界を集中砲火の対象になっているという事実をより深く認識している。

北海道知事、IR有識者会議を設置へ

北海道の高橋晴美知事は、今月末に北海道議会で有識者会議を設置し、IR入札の可能性を検討すると述べた。これらの行動は時間を稼ぎ政治的な表明を先延ばすため動きとも受け取れる。

名古屋市長、先行き不透明な中でIR調査発表

他の主な地元指導者らからの積極的な指示を得ていないにもかかわらず、独立路線を行く河村たかし市長は名古屋市からのIR入札可能性について調査を進めている。

GLI Japan 、政府の支持獲得 

日本政府は8月6日に一般社団法人GLI Japanがこれまで保安通信協会(保通協)に独占され続けていたパチンコ・パチスロ機指定試験機関の二番手として仲間入りを果たしたと発表。

富士通、キャッシュレス生体認証ベッティング機を発表

富士通はまず9月22日に東京競馬場に、さらにその後で日本中央競馬会(JRA)の全競馬場とWINSの場外勝馬投票券売り場にも設置されるキャッシュレス・ベッティング機の開発を発表した。