ホーム 韓国

韓国

韓国のパラダイス社、10月の売上39.2%上昇

パラダイス社(Paradise)の10月におけるカジノの売上は、好調なテーブルゲームにけん引される形で前年の同月比で39.2%上昇した。

韓国野党、国内での不法雇用スキャンダルへの徹底調査を要求

韓国のメディアによると、野党は月曜、公営の江原ランド(Kangwon Land)のIRを含む、複数の公的機関で横行していた不法な雇用慣行について議会が合同で徹底した調査に乗り出すべきだとする提案を行ったという。

パラダイス・シティ、開発計画のフェーズ1を完了

パラダイス・セガサミー(Paradise SegaSammy)は、9月21日にパラダイス・シティ(Paradise City)にエンターテイメントを主眼に置く新しい施設をオープンさせると伝えた。これにより、開発計画のフェーズ1が完了するという。

ロッテツアー社、済州IRの資金調達

ロッテ・ツアー・ディベロップメント社は、韓国の済州島にIRの建設に向けて2400億ウォン(約237億円)を調達している。「済州ドリームタワー」というIR施設では、38フロアが高さ169メートルに達する予定であり、完成時には済州島で最も高く、最大のランドマークになる。

ロッテ・ツアー、済州島での買収でカジノビジネスに参入

観光旅行先として日本人に人気の韓国の済州島では、旅行会社ロッテ・ツアー・ディベロップメント(Lotte Tour Development)が150億ウォン(約15億円)でパラダイス済州ロッテ・カジノを購入。これにより、カジノ部門への投資を続けている。

日本人プレーヤー、韓国のパラダイス・シティの利益に貢献

セガサミーホールディングスとパラダイス社(Paradise Co.)は、日本人客が増大していることから永宗島のパラダイスシティ(Paradise City)のIRにおける緩やかな利益増大を目にしている。これにより、昨年の旅行禁止令による中国人旅行客の下落を埋め合わせる形となった。

2017年の韓国におけるカジノ収益、5.9%の減少を記録

2017年の韓国のカジノ売上高は、3月に中国当局によって発令された韓国への団体旅行禁止令の影響を受け、5.9%の減少となった。

韓国のパラダイス、スロットマシン収益の急増と全体収益増

韓国のパラダイス社(Paradise Co.)はスロットマシン収益の急増に伴い、5月のゲーミング収益が25.2%上昇したと報告した。

トランプと金正日の首脳会議を前に、韓国カジノの株価が上昇

アメリカのドナルド・トランプ大統領と金正日(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会議の開催を前に、国境を越えた協力への期待を背景に韓国のカジノオペレーターの株価が上昇した。

セガサミー:パラダイス・シティのフェーズ2は2019年3月までに建設完了

セガサミーは、統合型リゾートのパラダイス・シティのフェーズ2建設が来年の3月末まで完了するとの見解を示している。

アクセスランキング

和歌山市反カジノの市長候補が出現

反カジノ派の島久美子氏が候補を発表したため、和歌山のIR入札の問題は7月29日の市長選挙の主な論点となるとされる。

米国最高裁判所がスポーツベット禁止法を廃止

米国最高裁判所がスポーツベットに対する法律を廃止し、各州が独自のスポーツベット法を導入できることになり、数十億ドル(数千億円)規模の市場を開拓する道が開いた。

スター・エンターテイメント、VIP収益の急増

スター・エンターテイメント・グループ(Star Entertainment Group)は、国際的なVIPリベート事業が第2四半期に引き続き堅調に伸びたと発表し、売上高が年度累計で64%上昇した。

犯罪組織、W杯に向けて口座を確保

FIFAワールドカップ(W杯)開催のほんの数日前から、マレーシアの違法スポーツブックを運営する犯罪組織はベットを募り、かつマネーロンダリングを行うための個人銀行口座確保に奔走しているとオリエンタル・デイリー・ニュース(Oriental Daily News)は報じている。

北広島市長、平和のIR提案を撤回

北広島市長である上野正三氏は、平和の札幌北広島ゴルフ倶楽部へのIR建設提案に対する反対姿勢を明らかにし、自治体としての方針を明らかにした。