ホーム 香港

香港

岡田和生、香港で釈放される

日本のカジノ王の岡田和生氏は、香港の汚職に対抗する独立委員会(Independent Commission Against Corruption = ICAC)により釈放されたことを金曜日に発表した。これにより、岡田氏の法的問題の一つが解決となった。

ゲット・ナイス・ホールディングス

ゲット・ナイス・ホールディングスは土地開発や賃金などの事業を行っている。2006年から2013年までマカオのグランド・ワルド(Grand Waldo)の施設の運営者として知られている。香港周辺の事業もさることながら、2017年にはロンドンでの土地開発に着手し始めている。

アルファスロット、オンラインとオフラインゲーミングの世界をつなぐ

香港を拠点とし、トークンの先行販売中であるアルファスロット(Alphaslot)は、オンラインやオフラインの世界を繋ぐモデルを手に、マカオで最大級のゲーミングファミリーの関心を引いた。

岡田和生氏、逮捕の経緯を説明

ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏は、ユニバーサル・エンターテイメントの主張を、「偽りかつ悪意のあるもの」と主張し、岡田氏を貶めるものであると内容を否定した。

ゲンティン香港、クルーズ船事業へ投資

統合型リゾートは必ずしも都市にあるとは限らない。カジノ大手のゲンティン香港(Genting Hong Kong)が海に浮かぶリゾートへの投資を発表したことにより、再びクルーズ船ビジネスが脚光を浴びている。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

インペリアル・パシフィック

香港のインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)はファースト・ナチュラル・フーズ社(First Natural Foods)として始まり、2013年からゲーミング産業に参入し、現在の社名に変更した。子会社のベスト・サンシャイン(Best Sunshine)は北マリアナ諸島でカジノ、ホテルやレストランを開発し経営している。2014年にはサイパン島におけるカジノ運営権を取得し、インペリアル・パシフィック・リゾート(Imperial Pacific Resort)という名の施設の建設を始めた。

メルコリゾーツ&エンターテインメント

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、アジア圏などのカジノリゾート施設を所有するカジノ事業の開発社とオペレーター。 同社は現在、マカオで「アルティラ・マカオ」、「シティ・オブ・ドリームズ」、「スタジオ・シティ」および「モーフィアス」を運営している。 また、フィリピンでも同社の子会社がマニラのエンターテインメント・シティ地区に統合型カジノリゾート「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ」を運営している。会長兼最高経営責任者のローレンス・ホー氏は、香港株式市場に上場している「メルコ・インターナショナル・ディベロップメント」を介して、NASDAQ上場のカジノオペレーターであるメルコリゾーツの実権を握っている。

ランディング・インターナショナル

香港に本拠を置くランディング・インターナショナル・デベロップメント(Landing International Development Limited)は元は中国本土にて不動産開発会社として事業を開始したIR事業者への新規参入企業です。 しかし韓国の済州シンファワールドでの創設及び2018年に施設をオープンする契約を結んだことにより、ランディング・インターナショナルはアジアのカジノ業界での有力企業になりつつあります。

アクセスランキング

中核事業の成長がシーザーズの業績を後押し

ラスベガスに本拠を置くシーザーズ・エンターテイメントは、第1四半期の純売上高が前年同期の2倍に値する19億7000万ドル(約2147億円)に達したと発表した。

カジノの入場料は今だ争点

有識者は、カジノ入場料の引き下げは考慮すべきものの、日本が提案しているギャンブル依存措置は概ね「バランスの取れた」ものであるとの見方を示している。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

ラグーナ・ランコ―がカジノライセンスを取得、2022年の開業見込み

ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô)は、ベトナム内ではここ10年で初になる新規でのカジノライセンスを取得し、2022年のオープンを予定している。

インペリアル・パシフィック、ハイローラーの貸倒を訴追

ハイローラー(大金を賭けるVIP客)の対応は国、地域やカジノごとに異なるが、サイパン島では今貸付問題の対応が注目を浴びている。