ホーム 香港

香港

岡田和生、香港で釈放される

日本のカジノ王の岡田和生氏は、香港の汚職に対抗する独立委員会(Independent Commission Against Corruption = ICAC)により釈放されたことを金曜日に発表した。これにより、岡田氏の法的問題の一つが解決となった。

ゲット・ナイス・ホールディングス

ゲット・ナイス・ホールディングスは土地開発や賃金などの事業を行っている。2006年から2013年までマカオのグランド・ワルド(Grand Waldo)の施設の運営者として知られている。香港周辺の事業もさることながら、2017年にはロンドンでの土地開発に着手し始めている。

アルファスロット、オンラインとオフラインゲーミングの世界をつなぐ

香港を拠点とし、トークンの先行販売中であるアルファスロット(Alphaslot)は、オンラインやオフラインの世界を繋ぐモデルを手に、マカオで最大級のゲーミングファミリーの関心を引いた。

岡田和生氏、逮捕の経緯を説明

ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏は、ユニバーサル・エンターテイメントの主張を、「偽りかつ悪意のあるもの」と主張し、岡田氏を貶めるものであると内容を否定した。

ゲンティン香港、クルーズ船事業へ投資

統合型リゾートは必ずしも都市にあるとは限らない。カジノ大手のゲンティン香港(Genting Hong Kong)が海に浮かぶリゾートへの投資を発表したことにより、再びクルーズ船ビジネスが脚光を浴びている。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

インペリアル・パシフィック

もとはファースト・ナチュラルフーズとして香港にて食品事業を展開していたこの会社は2013年にゲーミング産業へと移行し、翌年にはインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)へと社名を変更。2014年にはサイパンにカジノを建設・運営するために25年ライセンスを取得。

メルコリゾーツ&エンターテインメント

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、アジアのカジノリゾート施設の開発者であり所有者である、オペレーターとして名高い。メルコリゾーツ&エンターテインメント日本支社は、2017年に丸の内(東京)に大規模なオフィスを構えた。 ローレンス・ホーは、日本の文化との親和性と、どんな手を尽くしても日本の大都市市場でIRライセンスを獲得する意思を強調している。

ランディング・インターナショナル

香港に本拠を置くランディング・インターナショナル・デベロップメント(Landing International Development Limited)は元は中国本土にて不動産開発会社として事業を開始したIR事業者への新規参入企業です。 しかし韓国の済州シンファワールドでの創設及び2018年に施設をオープンする契約を結んだことにより、ランディング・インターナショナルはアジアのカジノ業界での有力企業になりつつあります。

アクセスランキング

大阪知事 立法の遅延に不満

水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

韓国のカンウォンランド、2018年Q1の利益が30%減少

韓国で唯一韓国籍者が入場できるカジノのカンウォンランドは、今年の第一四半期の利益が30%減少したことを発表した。

泉佐野 大阪の初期IR候補

今月の上旬に大阪地方公務員から成る少数代表団がジャパン・ゲーミング・コングレスに出席したが、すでによく知られている夢州でのIR構築計画関連の参加ではなく、むしろライバル候補である大阪府泉佐野市を代表するためものとされる。

和歌山での初RFIブリーフィング49社が参加


和歌山にて二度にわたって行われるIR入札のRFI工程に関する第1回目のブリーフィングには49もの企業が参加したことからビジネス界での関心が強いことが見てとれた。

メルコのホー氏、来年にはより多くのテーブルゲームが導入されることを確信

TDMニュースの報告によると、メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー氏(Lawrence Ho)は、より多くの新しいゲーミングテーブルが同氏の会社を対象に許可されることになると確信しているという。