ホーム 香港

香港

岡田和生、香港で釈放される

日本のカジノ王の岡田和生氏は、香港の汚職に対抗する独立委員会(Independent Commission Against Corruption = ICAC)により釈放されたことを金曜日に発表した。これにより、岡田氏の法的問題の一つが解決となった。

ゲット・ナイス・ホールディングス

ゲット・ナイス・ホールディングスは土地開発や賃金などの事業を行っている。2006年から2013年までマカオのグランド・ワルド(Grand Waldo)の施設の運営者として知られている。香港周辺の事業もさることながら、2017年にはロンドンでの土地開発に着手し始めている。

アルファスロット、オンラインとオフラインゲーミングの世界をつなぐ

香港を拠点とし、トークンの先行販売中であるアルファスロット(Alphaslot)は、オンラインやオフラインの世界を繋ぐモデルを手に、マカオで最大級のゲーミングファミリーの関心を引いた。

岡田和生氏、逮捕の経緯を説明

ゲーミング業界の権力者である岡田和生氏は、ユニバーサル・エンターテイメントの主張を、「偽りかつ悪意のあるもの」と主張し、岡田氏を貶めるものであると内容を否定した。

ゲンティン香港、クルーズ船事業へ投資

統合型リゾートは必ずしも都市にあるとは限らない。カジノ大手のゲンティン香港(Genting Hong Kong)が海に浮かぶリゾートへの投資を発表したことにより、再びクルーズ船ビジネスが脚光を浴びている。

香港ジョッキークラブ、違法賭博の影響に関して警告

不正ギャンブルは、合法ギャンブル市場の2倍の速さで成長し、年間15兆5000億円もの資金が「洗浄」されているという。

インペリアル・パシフィック

もとはファースト・ナチュラルフーズとして香港にて食品事業を展開していたこの会社は2013年にゲーミング産業へと移行し、翌年にはインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)へと社名を変更。2014年にはサイパンにカジノを建設・運営するために25年ライセンスを取得。

メルコリゾーツ&エンターテインメント

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、アジアのカジノリゾート施設の開発者であり所有者である、オペレーターとして名高い。メルコリゾーツ&エンターテインメント日本支社は、2017年に丸の内(東京)に大規模なオフィスを構えた。 ローレンス・ホーは、日本の文化との親和性と、どんな手を尽くしても日本の大都市市場でIRライセンスを獲得する意思を強調している。

ランディング・インターナショナル

香港に本拠を置くランディング・インターナショナル・デベロップメント(Landing International Development Limited)は元は中国本土にて不動産開発会社として事業を開始したIR事業者への新規参入企業です。 しかし韓国の済州シンファワールドでの創設及び2018年に施設をオープンする契約を結んだことにより、ランディング・インターナショナルはアジアのカジノ業界での有力企業になりつつあります。

アクセスランキング

近畿日本鉄道、夢洲と奈良の直通を検討

夢洲駅に鉄道路線を結ぶことを検討している4番目の鉄道会社として現れた近畿日本鉄道は、IR開発が期待される夢洲と主要な観光名所の奈良を直通運転で結ぶ提案を週末に披露した。

マドックス、「日本でいい位置づけにある」

ウイン・リゾーツ(Wynn Resorts)の社長 社長兼最高経営責任者であるマット・マドックス氏(Matt Maddox)は、彼自身が率いる国内チームが日本でのIRライセンス取得に関して「積極的に活動している」そして「いい位置づけにある」と1月30日に行われた決算説明カンファレンス・コー ルで語った。

和歌山セミナーがビジネス・コミュニティを呼び集める

2月19日の午後に開催された和歌山IRビジネス構築セミナーは、地元企業コミュニティや国内外のメディアから幅広い関心を集め成功を収めた。

インペリアル・パシフィック、2018年の損失へ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International)は、2018年通期の損失を報告し、主な要因として収益の落ち込み、売上債権の減損損失の増加、支出の増加などを挙げた。

ゲンティン、複数のIR入札を計画

ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore)の会長兼最高経営責任者のリム・コック・タイ氏(Lim Kok Thay)は、株主総会では日本におけるIR戦略を明らかにした。その内容には東京・大阪付近の大都市市場を見据えた複数の入札が含まれている。