仁坂吉伸

    Company: 和歌山市

    姓: 仁坂 (にさか)

    名: 吉伸(よしのぶ)

    政党:無所属

    職種: 和歌山県知事

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: 通商産業省(現:経済産業省)、駐ブルネイ大使の経験を経て、仁坂氏は2006年に和歌山県知事に初当選を果たした。以後、2010年・2014年に再選を果たしている。

    Related Articles

    和歌山県、IR有識者会議初会合を開く

    和歌山県のIR有識者会は、8月6日に東京大学名誉教授の伊藤元重教授を座長とする初会合を開き、マリーナシティIR誘致を新しい段階に押し上げた。

    和歌山市長、外国人専用カジノを再主張

    16日に行われた記者会見では、マリーナシティにIRを建設する計画に関して仁坂吉伸知事とは意見が異なることを明白にした尾花正啓市長は、カジノが外国人専用となるべきというスタンスを揺らぐことなく主張した。

    バリエール、和歌山に主眼を置く

    5月14日にグループ・バリエール(Groupe Barrière)は和歌山にコミットしたことを3つの行動で再主張した:唯一の日本事務所を和歌山で開いたこと、オフィシャル・ブランド・アンバサダーのジャン・レノ氏(Jean Reno)を和歌山に招待したこと、そして仁坂吉伸知事と面会をしたこと。

    ブルームベリーが和歌山サンタランを協賛

    ブルームベリー・リゾーツ・ジャパンは、 和歌山城で先週末に行われた「第1回和歌山サンタラン」を特別協賛し、統合型リゾートの対象地であろうコミュニティとの関係を深めた。

    和歌山県知事選、IR賛成派候補が勝利

    現職の仁坂吉伸氏がカジノ反対派候補の畑中正好氏を破り、和歌山県知事としての4選を確実にしたこにより、IR入札への政治的道筋は開いた。

    和歌山県知事選挙運動期間始まる

    木曜日に和歌山県知事選の選挙運動期間始まり、反カジノ派の挑戦者である畑中正好氏とIR支持派で在任中である仁坂吉伸氏が対立することとなり、4年前とまったく同じ状況となった。選挙日は11月25日である。

    仁坂知事、和歌山シンポジウムにて改訂版IRプランを促進

    和歌山知事の仁坂吉伸氏は、和歌山市のホテルにて先週県庁が発表した改訂計画の内容を交えつつ、マリーナシティでのIR構築を行うという構想を再び推進した。

    和歌山県、IR計画の改訂版を発表

    和歌山県庁は火曜日にIR実施法の性質と8月に締結したRFIプロセスに参加した7社の国際IRオペレーターらを含む33社の提案を考慮した上で改訂されたIR計画を発表。

    反カジノ候補者、和歌山県知事選挙に参戦

    反マリーナシティIRの先導者でもある政治活動家の畑中正好氏が11月25日の知事選挙への出馬を表明した。

    和歌山県、IR専用政策チーム設置

    和歌山県庁は、マリーナシティへのIR持ち込みプロジェクトをフルタイムで担当する8名から成るチームを設立。仁坂吉伸知事は来年4月1日よりさらに多くのスタッフがチームに加わる可能性があると報道陣に語った。

    和歌山知事 IR入札に全力投球

    困難な問題に直面しながらも和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリーナシティでのIR設立を強く推している。先週のジャパン・ゲーミング・コングレスに出席した仁坂氏は、そこで県にIRを呼び寄せる強い決意を再び示し、AGB日本との独占インタビューを行った。

    和歌山 IRプランを公表、外国人専用カジノ提案を撤回

    和歌山県は火曜日に特定のデータと予測を提供する「和歌山県IR基本構想」を発表し、日本人のカジノへの立ち入りを禁止するという提案を取り下げた。 


    和歌山県知事 日本のカジノ立ち入り政策への意見を撤回


    和歌山県知事の仁坂吉伸氏はマリナシティのカジノを地元の日本人らも利用出来る可能性があるいう意見を表明し、4月上旬のコメントを撤回する形となった。仁坂氏の考えの変化はこの一連の件に関する和歌山市長の尾花正啓氏との意見の食い違いから生じた模様。
    シェア