安倍晋三

    姓: 安倍(あべ)

    名: 晋三(しんぞう)

    政党: 自由民主党

    職種: 自由民主党総裁及び内閣総理大臣

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: 政治家一家に生を受けた生まれながらの政治家である安倍氏は、若いころから内閣総理大臣になるべく教育を受けた。2006年から2007年まで第一次安倍内閣として職務につき、2012年より第二次安倍内閣を発足した。安倍氏は右派の保守主義者であり、日本へのIR導入の提唱者である。

    Related Articles

    夢洲IR誘致―大阪の戦い

    日本に3箇所できると言われている統合型リゾート(IR)の1箇所を大阪が勝ち取るという事をゲーミング業界の誰しもが予想している。

    一般市民、IR誘致競争で置き去りに

    3つあるIRライセンスの獲得を目指す競争は最終段階に近づき、日本国内の自治体と国際的IR事業者がしきりにライセンスの承認を待っている。しかし、一般市民の大半は期待で興奮しているわけでもなく、賛成もしない発展を見守っているだけだ。

    政府、IR規定を2020年に先送り

    政府は、カジノギャンブルの合法化に対して世間の抵抗が強いため、7月1日に予定されているカジノ管理委員会の発足とIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする方針を固めた。

    内閣、第一段階のIR施行令を閣議決定

    安倍内閣は、特定複合観光施設区域整備推進本部が2月1日に公開した条文で概説されたIR実施法施行令案を閣議決定した。

    プロパブリカ記事、アデルソン氏・トランプ氏・安倍氏らの関係に注目集める

    すでに知られていることではあったが、今週発表された日本のカジノライセンスの一つにラスベガス・サンズを選ぶよう2017年2月にトランプ大統領が安倍晋三首相に助言したことについて触れているプロパブリカの記事が国内外両方のメディアに広まっており、今まで以上に厳しい詮索の対象となっている。 

    カジノオペレーターは法案成立を歓迎

    米国の大手オペレーターの2社が、金曜日のIR実施法成立直後にプレスリリースを発表した。

    野党反発する中、IR法案議論再開


    野党議員らの激しい抗議が続く中、IR実施法案の審議が火曜日に参議院内閣委員会で始まった。

    トランプIR陰謀説

    毎日の利用者が約160万人といわれる駅構内のキヨスクにて売られる日刊ゲンダイが夕刊を通して最近ドナルド・トランプ大統領と日本IRの設立が国家の政治論争に一定の影響力を及ぼしたとされる陰謀説を唱えた。

    塩川氏 アメリカのIR法案への影響に不満

    日本共産党7期目の衆議院議員塩川鉄也氏は日本政府が強力なアメリカ人実業家らに有利になるようIR実施法案の形を変えたと繰り返し主張し、不満をあらわにしている。

    衆議院6月14日にIR法案可決か

    日本のメディア報道によると与党は6月13日の内閣委員会にて翌日の6月14日に衆議院本会議を通してIR実施法案を可決する予定である。

    IR法案の議論開始とともに、安倍総理のスキャンダルが再熱

    火曜日の午後には、待望のIR実施法案に関する議論が衆議院の本会議で始まった。しかし、開始直前に、安倍晋三首相のスキャンダルに関する騒動が政府に混乱をもたらした。

    安倍政権 スキャンダルに動揺

    IR実施法案が国会で可決される可能性は高いと思われるが、スキャンダルが原因で安倍政権が崩壊する可能性もまた出てきている。
    シェア