松井一郎

    Company: 大阪市

    姓: 松井(まつい)

    名: 一郎(いちろう)

    政党:日本維新の会

    職種: 日本維新の会総裁及び大阪市長

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: 松井氏は実務家としての経験を経たのち、大阪府議会議員に三回当選。 2010年に大阪維新の会に合流し、同会の創設者である橋本徹氏の政治的パートナーとなった。松井氏は2011年に橋本氏の後任として大阪府知事に就任し、その後大阪維新の会と日本維新の会の党首となっている。2019年3月に府知事を辞職し、同4月の大阪市長選で当選を果たした。

    Related Articles

    大阪の政治家、IR方針の先送りを批判

    大阪の主要政治家は、政府がIR誘致の具体的な規定の策定を先送りする決断を公に攻め、残念な政治だと批判した。

    吉村と松井、大阪で強い立場へ

    吉村洋文氏、松井一郎氏と大阪維新の会による選挙勝利は見事だったが、完勝とは言えない。しかし、IR開発の問題においては立場が強い。

    大阪クロス選、維新が政権の座を守る

    大阪府知事選・市長選で、吉村洋文前市長が新府知事、松井一郎前府知事が新市長として「ダブル当選」を果たした。

    大阪府民、夢洲IR開発の支持が増える

    日本経済新聞が実施した世論調査によると、夢洲のIR誘致を支持する大阪府民が増えつつあることが分かった。新聞社により主要都市を対象にした世論調査では前代未聞の結果である。

    自民党の勝利が夢洲IRにブレーキ

    大阪クロス選挙で自由民主党が勝利すれば、夢洲でのIR開発計画にブレーキがかかるという兆しが週末にかけて現れてきた。

    公明党、反大阪維新側につく

    4月7日の投票日が近づくなか、大阪維新の会の権力維持に大きな壁が立ちはだかる。大阪での影響力が高い公明党が維新との政治的同盟に背け、自民党が知事選に擁立した候補者を推薦する方針を固めた。

    大阪府知事、大阪市長の「入れ替わり選」で夢洲IR計画に新たな展開

    昨年12月下旬から見え始めていた政治的不安定性が遂に現実となった。大阪府知事の松井一郎氏と大阪市長の吉村洋文氏は、大阪都構想が直面している政治的混乱に対する不満をあらわにし、それぞれが辞職するとみられている。

    夢洲開発、交通アクセスが重要な課題

    大阪の夢洲はそれなりに孤立された島であり、アクセスに手間がかかってしまえば夢洲のIRが魅力的と言えなくなるでしょう。

    大阪、政治不安に見舞われる

    2018年が終わろうとしている最中に、松井一郎知事と吉村洋文市長が辞職して出直し選を2019年4月の選挙にぶつける覚悟を表明したことにより、安定が続いてた大阪府は政治不安に見舞われた。

    サンズのゴールドスティーン、大阪府知事松井と会談

    ラスベガス・サンズの社長兼最高執行責任者であるロバート・ゴールドスティーン氏(Robert Goldstein)率いる上級幹部チームは、大阪での2025年の万国博覧開催が決定したことにより松井一郎知事および吉村洋文市長と会談を行った。

    大阪知事、マレーシアとパキスタンで万国博覧会の誘致活動 


    夢洲で開催される2025年万国博覧会の主催役を目指してあらゆる手を打つつもりでいる大阪知事の松井一郎氏は、票を得るべくマレーシアとパキスタンへと出発した。

    大阪府松井知事、万国博覧会入札の推進にヨーロッパへと発つ

    大阪の夢州での2025年万国博覧会の開催を奨励すべく知事の松井一郎氏は議論が起きる中、台風の被害が色濃く残る大阪を後にし一週間のヨーロッパの旅へと向かった。


    台風により夢州の安全に関する議論が再開 

    6月に起きた地震に続き台風21号にも襲われ、大阪は今年の夏の間にすでに2度も大規模な自然災害に見舞われている。いずれも被害の規模が大きかったため、夢州にIRがあったのならば最低でも1日か2日は閉鎖され、多くの観光客が旅行を取り消す結果となっていたと思われる。

    大阪府知事、IRオペレーター1年以内に選抜望む


    松井一郎大阪府知事はIR実施法の時と同様に国の政策審議を素早く前進させ、より強い意気込みでのぞむよう改めて促している。松井氏は2024年までに夢州IRを開くことを目指しており、とりあえずは1年以内にオペレーターパートナーを選ぶことを望んでいる模様。

    MGMリゾーツ、大阪IR顧問関連の論争勃発 

    毎日新聞社は先週、天神祭のMGMリゾーツ奉拝船にてIR政策の開発に関する大阪政府のPwC社の顧問が飲食をしていたことを明らかにし、IR免許取得が予想される夢州サイトでのオペレーターの一社との交歓の度合いについて疑問を投げかけた。

    大阪府知事 IR入札規定を強化

    夢州地区での国際IR事業者間の白熱の争奪戦を前に大阪府知事の松井一郎氏は公務員らが競合他社と接触する際の厳格な倫理規則の要点を述べた。

    泉佐野 大阪の初期IR候補

    今月の上旬に大阪地方公務員から成る少数代表団がジャパン・ゲーミング・コングレスに出席したが、すでによく知られている夢州でのIR構築計画関連の参加ではなく、むしろライバル候補である大阪府泉佐野市を代表するためものとされる。

    関西のIRショーケース大阪市内にて開催

    ゴールデンウィーク連休直前の4月27日と28日に大阪市内にて、トレードショーオーガナイザーズ株式会社主催の関西IRショーケースが開催された。大阪でもトップの政治家らがこのイベントの開会を行い、大手の国際カジノオペレーター6社が大規模な展示を披露。

    大阪知事 立法の遅延に不満

    水曜日に行われた記者会見にて大阪知事の松井一郎氏は他の野党の立法業務の遅延に対しての不満をあらわにし、現在の国会でIR実施法案が可決される可能性は低いと述べた。 

    シーザーズ 日本IRキャンペーンを加速

    シーザーズエンターテインメントの社長であるマーク・フリッソーラ氏が今週日本を訪れる中、同社の役員らは国内当局者やメディアと会談し新たな展開を発表する。シーザーズはこれらの進展により日本でのライセンス取得を求めている国際IR事業者の中では有力候補者の一つであることを証明した。
    シェア