林文子

    Company: 横浜市

    姓: 林(はやし)

    名: 文子(ふみこ)

    政党:無所属

    職種: 横浜市長

    IRへの意見: 賛成派

    紹介: 政界参入前には、主に自動車業界の女性経営幹部としてのキャリアを経験し、大手小売業のダイエーの会長兼最高経営責任者としても活躍した。林氏は2009年に横浜市長に初選出され、2度の再選を果たしている。 当初は横浜でのIR開発を支持する立場にあった同氏は、再任選挙が迫った2017年初頭に意見を「白紙撤回」している。

    Related Articles

    横浜IR計画、リコールと住民投票に直面

    山下ふ頭におけるIRを誘致する計画に反対する市民団体と政党は、横浜の林文子市長をリコールとカジノ建設を住民投票で決める活動を発足している。

    横浜IR誘致予算、反対されるも可決

    カジノ反対を訴える数百人の抗議者に横浜市役所が囲まれる中、横浜市は22日の本議会で自民党系の支持によりIR誘致の補正予算案を可決した。

    横浜市議会委員会、IR予算を可決

    横浜市議会の政策・総務・財政委員会は寸暇を惜しんで、IR関連費用を盛り込んだ補正予算案を可決し、市民の意見を軽視していると反対派から批判を浴びている。

    横浜市議会にIR争い

    横浜市議会の第2会派立憲・国民フォーラムは、林文子市長の山下ふ頭におけるIR誘致に反対し、補正予算案からIR関連予算を削除する修正案を提出する予定。

    横浜市長、「白紙」から「危機感」へ

    横浜の林文子市長は2017年から採択した「白紙」のスタンスを貫いてきたが、今となっては「危機感」が横浜のIRを誘致する方針のキーワードとなっているようだ。この一転に対して賛否両論が出ている。

    横浜市長のIR誘致、抵抗が相次ぐ

    横浜港運協会の藤木幸夫会長は山下ふ頭のIR誘致に対する抵抗の先頭に立っているが、先週にかけてカジノ反対の声が相次ぎ、同氏が独りではないことが明らかになり、林市長のIR誘致決定が激しい抵抗に直面すると考えられる。

    藤木氏、カジノ誘致に徹底抗戦を表明

    IR誘致が予定されている山下ふ頭の一部を所有する「ハマのドン」こと横浜港運協会会長の藤木幸夫氏(89)は、林文子市長のIRを誘致する方針に対して「立ち退きには応じない」と誓い、徹底抗戦を表明した。

    大手IR事業者、横浜に焦点を

    横浜市の林文子市長によるIR誘致の表明が大手IR事業者の間に大騒ぎを起こし、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は大阪とのパートナーシップを見送りにし、メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)が横浜オフィスの開設を発表するなど新たな展開を引き起こした。

    横浜がIR誘致へ

    横浜市の長い間にわたる優柔不断が終わり、林文子市長が週内に47ヘクタールの山下ふ頭を候補地とするIR誘致を表明することが19日に分かった。

    横浜商工会議所、市長にIR決断を要請

    横浜商工会議所はIR誘致に関し、横浜市の林文子市長に早く決断をするように要請をしたことが分かった。

    横浜市長、慎重なスタンスを維持

    横浜の林文子市長はIR誘致に対して「白紙」のスタンスを貫いており、現在はっきりとしているのは近いうちにIRに関する決断をすることはないという事実である。

    横浜市長、間接的にIR支持か

    林文子横浜市長は2017年1月に採択した「白紙」の立場は従来のままだが、行動と発言の裏にある考え方からすると、同氏が2016年末まで主張してたIR支持が今でも健在と考えられる。

    カジノ反対派、横浜市長に圧力かける

    横浜市長の林文子氏は、山下ふ頭で大型IRを建設するという計画がビジネス界の大きな一部と一般市民の大半から相当な政治的抵抗を受けるという兆しに再び直面している。

    IRオペレーター、 1兆3000億円の横浜投資を提案

    横浜市は月曜日、2018年の夏に行われたRFIプロセスの結果に関する具体的な概要を公開し、山下ふ頭でのIR開発にオペレーターが提案した投資見込額が6200億円~1兆3000億円などが明らかになった。

    藤木氏、横浜で反カジノ協会の設立へ

    横浜港運協会の会長である藤木幸夫氏は、カジノ反対の「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立することにより、横浜市へのIR誘致の阻止に注力している。

    林市長、首都圏内での複数IR入札はないと主張

    横浜の林文子市長は金曜日の記者会見にて東京、横浜、千葉を含む関東圏内でIRライセンスを供与されるのは一箇所のみと予想していることを明らかにした。

    横浜の林市長、IR入札に関する意思決定はまだ下さず

    投資意向調査(RFI)のプロセスは進みつつあるものの、林文子横浜市長は水曜日に開かれた記者会見の席上、統合型リゾート(IR)の入札に関する意思決定はまだ下されておらず、その件については今も「白紙」の状態であるとした。

    横浜RFIに22社参加

    火曜日午後の締め切りを前に計22社の企業や団体が横浜市の情報収集イニシアチブに参加し、IR入札関連のRFIプロセスに効果的であるとされている。22社に関する詳細は不明である。

    横浜港運協会、カジノ抜きの山下ふ頭IR計画

    横浜港運協会は7月18日の朝、約700名の政治家や企業家らの前で日本最大のMICE施設となる統合リゾートの主要要素を含めた上でのカジノ抜きの山下ふ頭の開発ビジョンを発表した。

    横浜IR入札山下ふ頭からみなとみらいへ移動か

    横浜市議会内の9名から成る日本共産党団長の荒木由美子氏はAGB Nipponとの独占インタビューにて林文子市長はIR入札を進める意思はあるものの、目的地が山下ふ頭からみなとみらいへと変わる可能性が高いと述べた。

    横浜市長、「静観」の姿勢維持

    林文子横浜市長は、統合型リゾート施設(IR)実施法案が地方ではなく大都市の市場により有利な形になるとの見通しが広がっているにもかかわらず、2017年1月に採択した「白紙」の立場を現在も維持している。
    シェア