鈴木直道

    Company: 苫小牧市

    姓: 鈴木(すすき)

    名: 直道(なおみち)

    政党:無所属

    職種: 北海道知事

    IRへの意見: 未表明

    紹介: 2008年に東京都庁から北海道に出向された鈴木氏は、後に夕張市長として2選を果す。2011年の当選当初、国内歳少年の市長であった。2019年4月には北海道知事選で勝利した。

    Related Articles

    北海道の自然保護団体がIR誘致に反対

    北海道自然保護協会は県のIR誘致が自然環境の悪化などをもたらすとして、誘致の反対を訴えている。

    全道世論調査、IR反対派が急増

    北海道新聞社が行った全道世論調査が正しければ、日本の最北に位置する県はIRの道内誘致について強く反対の姿勢に変わったことになる。

    北海道、IR方針決定のペースダウンへ

    政府がIR産業における規制枠組の強化を先送りすることにより、北海道の鈴木直道知事もIR誘致に関する基本方針を決定するのにより多くの時間をかけることにしたようである。

    ハードロックが苫小牧支店を開設

    ハードロック・ジャパンが23日、苫小牧支店を開設した。鈴木直道氏が北海道知事選で当選し、道議会では保守派が過半数を維持したことにより、苫小牧市のIR招致の望みが繋がった。

    北海道IR開発に良き兆し

    統一地方選挙の前後半が終わり、保守派が重要な立法機関や官職の主導権を持ち、IR開発における最良のシチュエーションという結果となった。

    退任する高橋知事、後任にIRを促進

    退任まで数日しか残っていない高橋はるみ知事は、道府が苫小牧市のIR誘致を後押しすることに対する支持を明確に示した。

    北海道観光振興機構会長、新たな観光施策を提案

    北海道観光振興機構会長の堰八義博氏は、日本経済新聞の紙面で、観光促進を目的とした県内IRの発展および特別観光税の設定に関する方策を支持することを明らかにした。

    北海道知事選、反カジノ候補者が落選

    北海道知事選で保守陣営の鈴木直道氏が野党推薦の石川知裕氏を破り、苫小牧市IR招致の可能性が残った。

    北海道知事選、世論調査で鈴木氏が「先行」

    メディアの世論調査によると、保守側与党の支援を受けている道知事候補の鈴木直道氏が、4月7日の北海道知事選挙日まで3週間を残した時点でリードしている。

    カジノ賛否が神奈川県・北海道の知事選挙に影響

    左寄り野党は地域社会での反カジノ威勢を張り、神奈川県と北海道の知事選挙で新しい展開を起こしている。

    道民の66%がIR誘致に反対

    4月7日の知事選挙と統一地方選が間近となり、北海道新聞社が行った全道世論調査によりIRの道内誘致について反対傾向が66%を占めることが明らかになった。

    北海道知事選挙、カジノ議論で源平に分かれる

    IR誘致の問題が北海道知事選挙で予想どおり重大な論点となっている。この問題の重要性を強調するかのように、苫小牧市民会館で開かれた演説会にて日本共産党の小池晃書記局長が野党統一候補の石川知裕氏に推薦証を手渡した。

    北海道知事選挙:石川対鈴木

    与野党で複雑な混乱期が長く続いていたが、4月の北海道知事選挙は野党側の石川知裕氏(45)と与党側の鈴木直道氏(37)の一騎打ちとなることがようやく明らかになった。

    北海道IR願望は鈴木直道氏次第

    北海道夕張市の37歳市長として知られるの鈴木直道氏が北海道知事選に出馬表明し、与党の知事候補として浮上した。鈴木氏の立候補には苫小牧IR整備の将来性がかかっていると言っても過言ではない。
    シェア