Adelson, Sheldon

    Company: ラスベガス・サンズ

    姓: Adelson(アデルソン)

    名: Sheldon(シェルドン)

    職種: 会長兼最高経営責任者

    紹介: アデルソン氏はラスベガス・サンズの創設者であり、現在は会長兼最高責任者務めており、ゲーミング業界で最も強力な力を持つ人間といえよう。 同氏はMICEを基盤としたIR発展モデルの形成に対し大きな貢献を残している。また、同氏はは億万長者としても知られ、政治運動等に多額の資金を寄付している。

    Related Articles

    大手IR事業者、横浜に焦点を

    横浜市の林文子市長によるIR誘致の表明が大手IR事業者の間に大騒ぎを起こし、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は大阪とのパートナーシップを見送りにし、メルコリゾーツ&エンターテインメント(Melco Resorts & Entertainment)が横浜オフィスの開設を発表するなど新たな展開を引き起こした。

    ゲンティン:林を見て木を見る

    マレーシアでのカジノ独占権、ニューヨーク州の5つの自治区でのカジノ独占権、シンガポールにおける複占的カジノ経営権(duopoly)、そしてマニラにおける寡占的なカジノ経営権。ゲンティン・グループ(以後「ゲンティン」)がこれまでに手に入れた輝かしい実績だ。

    サンズのペンシルベニア州カジノ売却、日本IR入札関係か

    アナリストによると、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)が5月末にペンシルベニア州にあるサンズ・ベツレヘム(Sands Bethlehem)を売却したことは、同社が日本のIR入札を最大目標としてアジアに改めて焦点を合わせる姿勢と関係があるそうだ。

    デイジー・ホー:粤港澳大湾区計画がマカオにとってチャンスとなる

    火曜日に開催されたG2Eアジアの開会の辞を述べたSJMホールディングス(SJM Holdings)の会長兼執行取締役のデイジー・ホー氏(Daisy Ho)は、中国の粤港澳大湾区計画に大きな役目を果たすマカオの前途が明るいと語った。

    サンズのゴールドスティーン氏:「日本に大きくコミットしている」

    4月17日の決算説明カンファレンス・コールでは、ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の社長兼最高執行責任者であるロバート・ゴールドスティーン氏(Robert Goldstein)は、サンズの日本における活動について熱心な姿勢を見せた。

    シェルドン・アデルソン、癌と闘う

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)が血液癌の治療を受けていることが明らかになとり、氏のカジノ帝国に影が落とされた。

    サンズ・チャイナ、2018年に訪問者数・ゲーミング成長が見られる

    サンズ・チャイナ(Sands China)2018年の収益が19億米ドル(約2100億円)の17%増となったことを報告した。マカオのゲーミング市場で訪問者数と全体的な成長が好調だったことが要因とされ、サンズ・チャイナ会長兼最高経営責任者のシェルドン・アデルソン氏(Sheldon Adelson)はマカオの各セグメントで成長が見られたと語っている。

    ラスベガス・サンズ、2018年Q4が予想を下回る

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)は、2018年のQ4にて期待に沿えない実績を報告し、株価を急落させた。純収益が2.5%増の34億8000万米ドル(約3812億円)となり、ウォールストリートの予想を下回る結果となった。

    オンラインギャンブル禁止の裏、アデルソン氏の影響か

    実質的にオンラインギャンブルの禁止に繋がりかねないアメリカ合衆国司法省の異例な政策の覆しの裏には、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長(Sheldon Adelson)の何百万ドル(数億円)の働きかけがあったと考えられる。

    アトランティック・シティー、ノン・ゲーミング収益がより一層重要となる

    ニュージャージー州のアトランティックシティーは、ラスベガスの「ノン・ゲーミング収益モデル」を将来の成功の鍵とみているとプレス・オブ・アトランティックシティー紙(Press of Atlantic City)の記事で書かれていた。この発展は日本の統合型リゾートの未来にも大きな影響を与える。

    サンズ・チャイナ、2018年第3四半期に収益が13%上昇する

    マカオでザ・ベネチアン(The Venetian)、ザ・パリジャン(Parisian)、ならびにサンズ・コタイ・セントラル(Sands Cotai Central)という統合型リゾートを運営するサンズ・チャイナ(Sands China)は、第3四半期の業績を申告した。その内容は、ゲーミングハブに関して市場で抱かれている予想と、長期的な見通しへの信頼感に沿うものだった。

    IRオペレーター選抜と日米同盟

    日本IR免許獲得を狙うハードロックによるアド・マチダ氏(Ado Machida)の選抜はすでに明らかになっている一部の米国オペレーターがワシントンと東京の軍事および安全保障の関係を公然とした方法で活用しようとしているという傾向を強調することとなった。

    プロパブリカ記事、アデルソン氏・トランプ氏・安倍氏らの関係に注目集める

    すでに知られていることではあったが、今週発表された日本のカジノライセンスの一つにラスベガス・サンズを選ぶよう2017年2月にトランプ大統領が安倍晋三首相に助言したことについて触れているプロパブリカの記事が国内外両方のメディアに広まっており、今まで以上に厳しい詮索の対象となっている。 

    トランプIR陰謀説

    毎日の利用者が約160万人といわれる駅構内のキヨスクにて売られる日刊ゲンダイが夕刊を通して最近ドナルド・トランプ大統領と日本IRの設立が国家の政治論争に一定の影響力を及ぼしたとされる陰謀説を唱えた。

    塩川氏 アメリカのIR法案への影響に不満

    日本共産党7期目の衆議院議員塩川鉄也氏は日本政府が強力なアメリカ人実業家らに有利になるようIR実施法案の形を変えたと繰り返し主張し、不満をあらわにしている。
    シェア